>   >  『ポケットモンスター サン・ムーン』の3Dアセット制作とそれを可能にする高度な3社協業体制
『ポケットモンスター サン・ムーン』の3Dアセット制作とそれを可能にする高度な3社協業体制

『ポケットモンスター サン・ムーン』の3Dアセット制作とそれを可能にする高度な3社協業体制

ニンテンドー3DSにおけるシリーズ第3弾『ポケットモンスター サン・ムーン(以下、サン・ムーン)』。本作の開発にはゲームフリーククリーチャーズポケモンの3社が高度な連携体制を敷いている。携帯ゲーム機向けに大量のアセットを扱う分散開発と、その工夫に迫る。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 227(2017年7月号)からの転載となります

TEXT_小野憲史
EDIT_小村仁美 / Komura Hitomi(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Hirota Mitsuru

information
©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
※画面は開発中のものです。また、一部画像を加工しています。

20年以上続く人気シリーズを影で支える高度な開発体制

1996年に初代『赤・緑』が発売され、2016年に発売された最新作『サン・ムーン』まで、20年以上にわたって人気を博している『ポケットモンスター』シリーズ。これを支えるのが、ゲーム開発全般を担当するゲームフリーク、プロデュースとブランドマネジメントを行うポケモン、そしてポケモンの3DCGアセット制作を担当するクリーチャーズだ。

  • 写真右から アートディレクター:海野隆雄氏、ディレクター:大森 滋氏(以上、ゲームフリーク)、ポケモンキャラクターアートディレクター:氏家淳子氏、ポケモンモーションアドバイザー:畠祐貴氏、キャラクターモデリングアーティスト:中廣健吾氏、ポケモン3Dモデリングリード:植松俊介氏(以上、クリーチャーズ)

『サン・ムーン』の特徴は3点ある。第1に世界観をより身近に感じてもらうために、バトル中で人物キャラクターとポケモンを同じ画面で表示させたことだ。これにより描画負荷の向上が予想されたため、従来のニンテンドー3DSで汎用的に使われている描画エンジンではなく、ゲームフリーク側で『サン・ムーン』に特化した内製ゲームエンジンを開発。10%の処理負荷削減が達成された。

第2に合計で1,000匹以上にも及んだ、膨大なポケモンのアセットデータへの対応策。過去作で使用されたデータも流用されたが、それでも140匹以上が新規で制作されている。さらに、登場するポケモンには「歩く」に加えて「走る」モーションが追加されたものもある。これをミスなく制作するために、さらなる効率化と自動化の工夫がなされている。

最後にニンテンドー3DSというハードウェア上での実装だ。その一方でポケモンのわざやギミックはタイトルを追うごとに複雑化している。そのため本作の開発においても、制限の中での工夫が強く求められた。これらを分散開発の中で滞りなく進めるために、ワークフローの整備をはじめ、様々な工夫が行われている。

これら作業のあらましについて、主にクリーチャーズ側の視点から深掘りしていく。

Information

  • 発売:ポケモン/開発:ゲームフリーク/販売:任天堂株式会社/発売日:発売中/価格:各5,378円/Platform:ニンテンドー3DS/ジャンル:RPG
    www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon

3社協業による開発体制とそれを可能にする管理ツール

『ポケットモンスター』の開発を下支えするのがアセットの管理ツール群だ。会社間をまたいだワークフローと結びついて、高度な分散開発を可能にしている。

3社の分担で進むワークフロー


新規ポケモンの3DCGデータ制作フロー。はじめにゲームフリーク側でポケモンの公式イラストと設定資料、CG制作用の三面図が作成され、それを基に3社でミーティングを実施。その後3DCGのモデルとモーションがクリーチャーズで制作され、ゲームフリーク側とポケモン側とで監修が行われる。3DCGモデルにはレンダリング用途や他の作品のリファレンスとなるリファレンスモデルと、本作向けに用いられるゲームモデルがあり、今作ではポリゴン数、メッシュ構造、マテリアル構造、ジョイント数などで、両者の連携がより意識された。その後、クリーチャーズ内での最終チェックを経てゲームフリーク側に納品され、最終検収が行われる

他のポケモン作品でも活用されるCGデータ


『ポケットモンスター』シリーズ以外に、他のポケモン作品も数多く展開されている。画像はニンテンドー3DS『名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~』のもので、開発はクリーチャーズが担当。他にもアーケードゲーム『ポケモンガオーレ』、アプリゲーム『ポケモンGO』など、多様なプラットフォームで作品が登場しており、これらで使用される3DCGモデルもクリーチャーズが一手に手がけている

ミスを減らして効率化を進める管理ツール

クリーチャーズとゲームフリークとの間で監修用にやりとりされるデータ量は膨大なものとなる。そのため前作にひき続いて、納品用のデータチェックを効率化するためのデータベースが活用された



  • その上で本作では、内製ゲームエンジンの採用により、Windows上でモデルを確認できるビューアが実現。開発効率に大きく貢献した



  • この他、 エフェクトなどの制作向けに、統合型わざエディタが制作されている


アセットデータの共有にはAlienbrainが使用され、アセット管理とワークフロー管理はクリーチャーズ側のRedmineで実施。他に2週に1回の定例会での進捗確認も行われた

次ページ:
魅力の中核を担うモデリングとテクスチャの工夫

特集