>   >  TVアニメ『宝石の国』制作秘話~サラサラの髪を目指したシンシャ篇~
TVアニメ『宝石の国』制作秘話~サラサラの髪を目指したシンシャ篇~

TVアニメ『宝石の国』制作秘話~サラサラの髪を目指したシンシャ篇~

市川春子原作のコミックが、フルCGにより待望のTVアニメ化された『宝石の国』。これまで多くのアニメCGを手がけてきたオレンジが元請けとして初めて世に出す作品であり、宝石の質感をもった髪、様々な手法を採り入れたキャラクターアニメーション、VFX的な要素を用いたエフェクト、手描きの美術を再現したCG背景など、多くの挑戦を行なっている。CGWORLD.jpではTV放送に合わせ、制作現場における試行錯誤やスタッフの想いを数回にわたり紹介していく。

今回は、本作のもうひとりの主人公とも言えるシンシャの髪の質感について、動画と共に解説する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 231(2017年11月号)からの転載に加筆をしています

TEXT_佐藤平夥
EDIT_斉藤美絵/ Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

TVアニメ『宝石の国』2017年10月7日より、TOKYO MX、MBS、BS11、AT-Xにて放送スタート
© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

シンシャは水銀の硫化鉱物がモチーフとなっており、体から無尽蔵に毒液が出る特異体質のキャラクターだ。京極尚彦監督から「シンシャはサラサラの髪にしたい」という方向性がはじめからあったため、山本健介VFXアートディレクターにより、ほかのキャラクターとは異なるアプローチで試行錯誤されている。そこで当初は3ds Max のプラグインHair Farmが試されたが、最終的にほかのキャラクターと同じくポリゴンによる表現に落ち着いた。

  • 京極尚彦監督
    (京極班)

  • 山本健介氏
    VFXアートディレクター

シンシャの髪の変遷

本作のもうひとりの主人公とも言えるシンシャの髪の変遷。当初は3ds MaxのプラグインHair Farmが試されたが、シミュレーションでは動きをコントロールしにくく、最終的にはフォス(フォスフォフィライト)と同様にポリゴンで表現することになった。ちなみにシンシャの髪はバンプマップが使われている。

▲シンシャの設定画。作画で描かれたこの設定画からCGに起こしていく

▲Hari Farmで作成されたシンシャの髪

▲ポリゴンで作成されたシンシャの髪


▲シンシャの髪の質感のテスト。初期の頃はHari Farmが試された。画像は2016年7月(Hair Farm Ver.)



  • ▲2016年8月前半(Hair Farm Ver.)



  • ▲2016年8月後半(Hair Farm Ver.)

▲同じく、ポリゴンによるシンシャの髪の質感テスト。当初HairFarmと平行利用が想定されていたため、9月バージョンまではまだサラサラを実現できていなかったが、切り替えが濃厚になった10月バージョンではHairFarmで実現しようとしていたサラサラな成分をとりいれている。画像は2016年8月後半(ポリゴンVer.)


  • ▲2016年9月(ポリゴンVer.)


  • ▲2016年10月(ポリゴンVer.)

▲完成したシンシャの髪の3Dモデル

第1話の場面カット。ポリゴンで作成されたことにより、アニメーターが動きをコントロールしている



  • TVアニメ『宝石の国』
    TOKYO MX、MBS、BS11、AT-Xにて10月7日(土)より放送開始!
    原作:市川春子『宝石の国』(講談社『アフタヌーン』連載)
    監督:京極尚彦
    CGチーフディレクター:井野元英二
    制作:オレンジ
    © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

  • 月刊CGWORLD + digital video vol.231(2017年11月号)
    第1特集UnityとUE4、ノンゲームにおける活用動向
    第2特集TVアニメ『宝石の国』

    定価:1,512円(税込)
    判型:A4ワイド
    総ページ数:128
    発売日:2017年10月10日
    ASIN:B075N573CF

特集