>   >  TVアニメ『宝石の国』制作秘話~現実の宝石と原作のイメージの間で質感を模索した輝く、ダイヤモンド篇~
TVアニメ『宝石の国』制作秘話~現実の宝石と原作のイメージの間で質感を模索した輝く、ダイヤモンド篇~

TVアニメ『宝石の国』制作秘話~現実の宝石と原作のイメージの間で質感を模索した輝く、ダイヤモンド篇~

市川春子原作のコミックが、フルCGにより待望のTVアニメ化された『宝石の国』。これまで多くのアニメCGを手がけてきたオレンジが元請けとして初めて世に出す作品であり、宝石の質感をもった髪、様々な手法を採り入れたキャラクターアニメーション、VFX的な要素を用いたエフェクト、手描きの美術を再現したCG背景など、多くの挑戦を行なっている。CGWORLD.jpではTV放送に合わせ、制作現場における試行錯誤やスタッフの想いを数回にわたり紹介していく。

3回目となる今回は、登場するキャラクターの中でも特に多くのパターンが作成され試行錯誤の末にたどり着いた、ダイヤモンドの髪の質感について解説する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 231(2017年11月号)からの転載に加筆をしています

TEXT_佐藤平夥 / Hyoka Sato、CGWORLD
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

TVアニメ『宝石の国』TOKYO MX、MBS、BS11、AT-Xにて好評放送中
© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

現実のダイヤモンドの質感は、無色透明で透き通っている。そこで最初はなるべく透明感のある表現が模索されたが、原作や色指定のイメージからは離れてしまった。そこでハイライトに虹色が出るようにしたり、輝きを増したり抑えたり、髪の中の反射物を調整したりすることで、原作や色指定のイメージに近い質感に落ち着いている。「リアルとセル調の間を目指すことは意外と大変でしたね」(山本健介VFXアートディレクター)。「髪の毛の質感は特殊ですが、どんどん良くなっていきました」(京極尚彦監督)。

  • 京極尚彦氏
    監督(京極班)

  • 山本健介氏
    VFXアートディレクター

ダイヤモンドの髪の変遷

ダイヤモンドは髪の色合いにかなり変遷があった。現実のダイヤモンドらしく無色透明で硬度の高い質感にしたり、ハイライトに虹色が出るようなアプローチをしたり、髪の中の屈折・反射物を細かくした表現をしたり、様々なルックテストが行われている。最終的に、原作や色指定に寄せてあまり髪の内側の屈折反射物を入れすぎないように調整された。「原作を読んでいた方からはイメージに近いものに落ち着いたのではないでしょうか」(山本氏)

▲ダイヤモンドの設定画。原作を基に、作画で描く場合はどのような髪の描き方をするか、一度作画の設定が起こされた



  • 2016年9月Ver.(A)



  • 2016年9月Ver.(B)

2016年9月Ver.(C)

▲初期のダイヤモンドのルックテスト。現実のダイヤモンドは無色透明のため、透明感がある質感となっている

2016年9月Ver.(D)

▲その後、髪の毛の中に入れている屈折・反射物を細かく割るなどしてダイヤモンドの硬質な質感を表現したバージョンも制作された


  • 2016年10月前半Ver.(A)


  • 2016年10月前半Ver.(B)

▲原作や色指定(動画の後ろに敷いてある画)のイメージからかけ離れていたため、透明感や硬質感よりも色指定の色を出すことを目標に調整していく


  • 2016年10月後半Ver.(A)


  • 2016年10月後半Ver.(B)


  • 2016年10月後半Ver.(C)


  • 2016年10月後半Ver.(B)

▲方向性が定まり、最終的なルックが細かく調整された

▲ダイヤモンドの髪の最終的な質感

キャラクターの素材

▲フォスフォフィライトのテストを行なっていた初期は、複数の素材を出してコンポジットで質感を詰める予定だったが、後工程の負荷を抑えるためにコンポジットなしでも髪の最終ルックに近づけられるように調整された。驚くことに、髪は基本的にひとつの素材にまとめられている。左はレンダリングしたままの素材で、右は最終的なルック。両者に大きな差がないことがわかる。屈折・反射は許される限り制限し、レンダリング時間も短く済むそうだ



  • Pencil+によるライン



  • コースティクス



  • ノーマルマップ



  • オブジェクトID



  • リフレクション



  • 各素材を重ねたもの

▲下記テストショットの頃のキャラクター(ボディ)のレンダリング素材。この頃はコースティクスはV-RayのGIでのコースティクスを使用していたり、ノーマルを利用したエッジなどをコンポジットしていた。その後アニメーターの要望含めて素材の見直しが練られていった

2016年6月Ver.

▲美術ボードに合わせて作成されたCGの草と、作成途中ではあるがダイヤモンドを想定したキャラクター(フォスの髪を虹色にしたもの)を入れた2016年6月のテストカット。月人の表現はまだ決まっておらず、リグが組まれる前だったため山本氏がボーンでアニメーションを付けている。このカットは最終的な処理等が加えられ、本編でも使用されることになった



■「TVアニメ『宝石の国』制作秘話」の他の記事はこちら
TVアニメ『宝石の国』制作秘話~フォスを例に紐解く宝石の髪の質感づくり篇~
TVアニメ『宝石の国』制作秘話~サラサラの髪を目指したシンシャ篇~
TVアニメ『宝石の国』制作秘話~リアルな質感のウェントリコスス&針状結晶のルチル&特徴的なハイライトのモルガナイト篇~

  • TVアニメ『宝石の国』
    TOKYO MX、MBS、BS11、AT-Xにて好評放送中
    原作:市川春子『宝石の国』(講談社『アフタヌーン』連載)
    監督:京極尚彦
    CGチーフディレクター:井野元英二
    制作:オレンジ
    © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

  • 月刊CGWORLD + digital video vol.231(2017年11月号)
    第1特集UnityとUE4、ノンゲームにおける活用動向
    第2特集TVアニメ『宝石の国』

    定価:1,512円(税込)
    判型:A4ワイド
    総ページ数:128
    発売日:2017年10月10日
    ASIN:B075N573CF

関連商品(CGWORLD SHOP)

特集