>   >  『IDOLiSH7』(『アイドリッシュセブン』より)、『new generations』(『アイドルマスター シンデレラガールズ』より)、大好きなスターに「会えた!」。「CG STAR LIVE」が目指す実在感
『IDOLiSH7』(『アイドリッシュセブン』より)、『new generations』(『アイドルマスター シンデレラガールズ』より)、大好きなスターに「会えた!」。「CG STAR LIVE」が目指す実在感

『IDOLiSH7』(『アイドリッシュセブン』より)、『new generations』(『アイドルマスター シンデレラガールズ』より)、大好きなスターに「会えた!」。「CG STAR LIVE」が目指す実在感

憧れのアイドルが自分の目の前に登場する夢のステージ「CG STAR LIVE」。7月の公開ゲネプロレポートに続き、今回は制作者インタビューをお送りする。このステージでは、参加者が「アイドルに会えた!」という実感をもてることを目指している。それを実現するために、制作者はどのような工夫をしているのだろうか。「CG STAR LIVE」プロデューサーの福田未和氏(バンダイナムコアミューズメント)と、舞台監督の山添 武氏(CGCGスタジオ)に伺ってみた。

TEXT_渡辺 由美子 / Yumiko Watanabe(@watanabe_yumiko
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲7月から始まった「CG STAR LIVE」第二弾公演は「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party!」。登場するのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』内ユニット「new generations(ニュージェネレーションズ)」の渋谷 凛(ステージに向かって左)、島村卯月(同じく中央)、本田未央(同じく右)。公演の内容は公開ゲネプロレポートをご覧いただきたい

憧れのアイドルがわれわれの世界に「降臨」する夢のステージ

CGWORLD(以下、C):「CG STAR LIVE」は、どのようなコンセプトでつくられたのでしょうか。お2人の役割と合わせてお聞かせください。

福田未和氏(以下、福田):「CG STAR LIVE」のキャッチコピーである"「会いたい」が叶う場所"が示す通り、憧れのアイドルに「会える」ことが特徴です! 私はこのコンテンツのプロデューサーを務めています。

山添 武氏(以下、山添):「CG STAR LIVE」では、これまで次元の壁に阻まれてわれわれの世界と隔絶されてきた憧れのアイドルが、現し身(うつしみ)を得て僕たちの世界に「降臨」してくださっています。CGCGスタジオはバンダイナムコアミューズメントさんのご依頼を受けてそのお手伝いをしており、僕自身は舞台監督としてステージの構成・演出などを担当しています。

▲【左】福田未和氏(バンダイナムコアミューズメント)/【右】山添 武氏(CGCGスタジオ)


C:なるほど! 今回は、私たちとは異なる次元にいるアイドルが私たちの前でパフォーマンスをする際の工夫や、参加者との交流をどのように実現しているかについて伺っていきたいと思います。

ゴリゴリのダンスを踊るアイドルと、それを輝かせる衣装

C:先日参加した「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party!」の公開ゲネプロでは、「new generations」の3人が目の前で歌って踊ってくれて、その臨場感に驚きました。

福田:ダンスも含めて、最初から最後まで、「CG STAR LIVE」のために用意しています。新曲の「Stage Bye Stage」はもちろん、おなじみの名曲のダンスも「CG STAR LIVE」のステージで披露するためのアレンジを加えています。

▲新曲の「Stage Bye Stage」を披露する「new generations」


▲新曲「Stage Bye Stage」のリハーサル映像


C:新曲のダンスは、特に動きが激しいですね。

福田:ゴリッゴリのダンスを踊ってもらっています。彼女たちが成長した姿を「プロデューサー」(※)の皆様に見ていただきたいと思い、今までよりも少し背伸びしたダンスにチャレンジしてもらいました。

※ 『アイドルマスター』シリーズにおけるゲームプレイヤーの職業、およびファンの通称。

山添:これまでレッスンを積み重ねてきた彼女たちが、次の段階へとステップアップしたことで、「Stage Bye Stage」の歌とダンスが実現しました。ステージに立つ3人と対面したときのインパクトもポイントだと思います。彼女たちが等身大の姿で目の前に立ってくれるので、「会えた!」という実感をもてると思います。

▲「CG STAR LIVE」ではアイドルたちが1/1スケールの姿でステージに立つため、等身大の身長を実感できる。本公演特製のステージ衣装は腰のリボンが透明素材で、ライトが当たると光を反射する。布が二重三重に重なった場合の色の変化も見どころだ


C:新作衣装は腰のリボンが透明素材で、発光して揺れるところに驚きました。

福田:リボンにライトが当たると発光して、動くたびにふわふわ揺れてかわいいですよね。リボンに加え、靴にもキラキラしたラメを入れました。ステージに立つ彼女たちをより輝かせるため、ライトが当たると光るようにしたいという希望を衣装デザイナーさんに伝え、今のデザインを仕上げていただきました。その衣装デザインを山添さんとCGCGスタジオのスタッフさんたちに見せて「ここがキラキラ光って!」「透明感も!」とお願いしたのですが、最初は「透明素材は負荷が高いから、止めてほしいです......」と言われていましたね(笑)。でもそこは妥協したくなかったので「(透明リボンは)これで決定」と無茶をお願いしました。

山添:自然な布の透け感を表現するのは、技術的に大変なんです......! でも、どうすれば彼女たちがステージ上で映えるか、さらにかわいく見えるかに直結する要素だからこそ、福田さんがこだわっていることは理解できたので、僕たちもこだわってつくりました。暗いステージの上でリボンと靴が効果的に光るように、靴だけにピンスポットを当てるなどして、ライトの当て方も工夫しています。

C:途中で3人のフォーメーションが変わり、ステージのいろんな位置に来てくれる点も嬉しいですね。

山添:基本の立ち位置による偏りは少しあるかもしれませんが、上手(かみて)から下手(しもて)まで、3人が万遍なく足を運ぶ構成にしました。参加者がどこにいても推しのアイドルが見えるように、3人にはできるだけ均等にアピールしてもらっています。ステージは横が12m、奥行きが3∼4mあり、奥行きが若干狭いので、3人が前後に重なることで見えにくくならないようにフォーメーションを工夫したりもしています。

▲基本の立ち位置は左から凛、卯月、未央だが、途中で何度もフォーメーションが変化する


C:特に未央はステージ上を元気に駆け回っていましたね。

山添:そういったアイドルごとの動き方のちがいにも注目してもらえたらと思います。

▲未央がステージ上を元気に駆け回るパート。その動きを未央専用の黄色のスポットライトが追従し続ける演出にも注目してほしい


福田:2018年2月∼5月に行なった第一弾公演「IDOLiSH7 PRISM NIGHT(アイドリッシュセブン プリズムナイト)」では、ちょっと背の低い和泉三月が後ろの参加者にも見てもらえるように、頻繁にジャンプしていました。歌もMCも「ああ、このアイドルはこうだよね」と参加者に感じてもらえるように、アイドルごとの「らしさ」を大切にしています。

普通のライブを超える、自由なカメラワークと照明

C:「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party!」では、3人を様々な角度から撮影した映像がバックスクリーンに映りましたね。何台くらいのカメラで撮影しているのでしょうか?

山添:普通のライブであれば、あの規模のハコならカメラは3台が限界です。でも「CG STAR LIVE」はとても柔軟性が高いので、6∼8台くらいのカメラを使っています。3人それぞれをピンで追いかけるカメラがあり、引きで映す固定カメラもあります。ステージのはるか遠くから、超望遠レンズで撮っているカメラもあります。柔軟なカメラワークも「CG STAR LIVE」の特徴のひとつですが、アイドルに「会えた!」と参加者に実感していただくことがゴールなので、あまり自由にしすぎず、どの位置からどのように撮っているかが想像できるような自然なカメラワークを意識しています。

▲バックスクリーンには、クロースアップショットやロングショットなど、様々なカメラワークで撮影した3人の姿が映される


C:普通のライブを超えるカメラワークでありつつも、法則性があるのですね。照明はいかがでしょうか。

山添:ライトの数も、ハコのサイズに比べるとかなり多いです。ステージの天井には12灯設置してあり、アンコールではチカチカ点灯します。アイドルごとに専用の色のライトがあって、各々の見せ場では専属の「照明係」がその動きを追っています。ピンスポットも20灯くらいあり、先ほどお話したように、衣装の靴に当てるといった使い方もしています。

▲アンコールでは天井に設置した12灯のライトがチカチカと点灯し、ステージを盛り上げる


C:パーティクルが降ってくる演出も印象的でしたね。

福田:キラキラした魔法を彷彿とさせるような素敵な何かが降ってくるイメージで、CGCGスタジオさんにお願いしました。

山添:アイドルたちと干渉するものを降らせるとステージが見えにくくなってしまうので、ライトを使った演出にしました。客席後方に設置したミラーボールを経由してステージにライトを当てたりもしています。

▲パーティクルが降ってくる演出も随所で効果的に使われた

次ページ:
「息切れ」「出ハケ」......リアリティは細部に宿る

特集