>   >  様々なツールを駆使して描かれたntny氏による『CGWORLD』表紙画制作物語
様々なツールを駆使して描かれたntny氏による『CGWORLD』表紙画制作物語

様々なツールを駆使して描かれたntny氏による『CGWORLD』表紙画制作物語

『CGWORLD vol.243』の表紙グラフィックスは、第1特集「スタイライズ表現探求」をテーマにntny氏が描き下ろした。Unityを中心に、フリースタイルで描かれた表紙画制作について、ntny氏本人が解説する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 243(2018年11月号)からの転載となります。

TEXT_ntny
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

  • ntny
    Twitter:@nd_ntny
    1981生まれのO型らしいO型。FlightUNITにて数々のキャラクターモデリングを担当し、現在はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンに所属するアーティスト。キャラクターのデザインからモデリング、アニメーションまで幅広く手がける。自著に『ローポリ スーパーテクニック』がある

フリースタイルUnity

2度目の表紙制作に挑戦

ども、最近VRChatにどっぷりなntnyです。動画工房さんの『BREETSCHLAG』以来(『vol.209』)、2度目の表紙制作! いやー、若い頃から読んでいる雑誌の表紙をやらせていただけるのは、何度経験してもエモみがありますね("エモみ"言いたいだけ)。

オファーがあったときは素直にユニティちゃんにしようかなと思ったのですが「それだとUnity特集っぽくなっちゃうので、オリジナルで!」と担当さんに言われ、急遽新造することに。ここぞとばかりに最近導入したツール群を全部使ってみるか! と、時間に余裕があるわけでもないのに見切り発車で始めました。イェイ! しかし、この「スタイライズ」というテーマ、簡単なようで実は非常に広義なため「この方向で行くぞ!」とフォーカスするまで少し手間取ったのです。それでは、どうやってつくっていったのか、ご紹介していきましょう。

使用ツール
下地:DesignDoll
ペイント:SAI
モデリング:MetasequoiaZBrush
UV:RizomUV
テクスチャ:Substance Painter
レンダリング:Unity
仕上げ:Photoshop

Quest01
イメージスケッチ

最初期のイメージ

ラフイメージ集。最初にお話をいただいたときは、メカバレ(アンドロイドの肌やカバーが崩れ、メカ要素が露出している状態)をテーマに、メカ部分をブループリントにするかたちでやろうと思ったのですが、なかなか良い案が出てこなくて、あーでもない、こーでもない......とクシャルダオラ(『モンスターハンター:ワールド』に登場するモンスター)の頭を殴っていたら、突然ハロウィンが近いことを思い出し「仮装やペイントを使った仕上げで行くか!」と決まったのでした



下地づくりと最終イメージ



今までは3ds MaxのBipedを使っていたのですが、あまりにも無骨なので何かもっと良いものはないかな~と探したところ、見つけたのがこの「DesignDoll」です。メッシュなどは「イラストの下地用!」と割り切ったダイナミックなつくりになっているものの、Bipedより最終イメージに近付けられるので、今回新たに購入して使ってみました


DesignDollで付けたポーズのスクリーンショットを撮り、SAIで上から描き殴ったラフイメージです。この時点でレーティングに引っかかる要素は極力避けようと、露出や血といった表現は抑えめにしました。反面、肌の色やギザ歯などは趣味......おっと、仮装って設定だった

Quest02
フリースタイル・モデリング!

3つのツールでモデリング



DesignDollは無償版だと下描きにできる程度ですが、ふと「イメージスケッチとしてこれを下地にするのなら、このまま3Dモデルに使えるんじゃないの?」と、OBJ出力するためにサクッとお支払い。実際に出力されたメッシュはプロポーション調整用に小間切れになっていて、とても使えたものではないのですが【画像上】、それならそれでZBrushを使う理由にもなるってもんで、インポートした3DモデルをDynaMeshで統合して調整開始です【画像下】


肌はそんなに見えないので、最終的にZRemesherで整えてエクスポートしました


頭部はユニティちゃんをベースにいじり始めたはずが、ほぼ新造に......


これらをMetasequoiaに読み込んでガッチャンコ! ヨシ!!

細かいことは気にしない!

Metasequoiaでジャケットや髪などをつくっていきます。最初に描いたラフを正面から投影しているので、3Dモデルをつくっているというより、2Dをポリゴンでトレースしているような感覚です。DesignDollでつけた左右非対称のポーズのままつくっているので、ジャケットなど左右対称のものはめり込み放題。でも、気にしない&気にしない

好きに、勝手に、シワづくり

ZBrushでシワをつくります。この段階で、ジャケットの袖の位置などもベースに合わせていきましょう。リトポなんかする気がないので丁寧に...... なんてことはしません。好き勝手にやっていきます

次ページ:
Quest3 フリースタイル・テクスチャリング!

特集