>   >  Cinema 4D R20の新機能を活用したハイクオリティなCG制作テクニック~「CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス」(2)~
Cinema 4D R20の新機能を活用したハイクオリティなCG制作テクニック~「CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス」(2)~

Cinema 4D R20の新機能を活用したハイクオリティなCG制作テクニック~「CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス」(2)~

11月4日に開催された「CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス」で、AixsponizaのMatthias Zabiegly氏とティー・エム・エスの宮田敏英氏は協同で、「理想のデザインを実現する方法【Aixspoinza】」と題して講演した。CGアーティストとして15年以上のキャリアをもつZabiegly氏は、2018年8月にリリースされたCinema 4D Release 20の新機能を活用し、ハイクオリティな映像を低コストで作成するためのテクニックについて解説し、参加者の注目を集めていた。

関連記事
美少女ゲームメーカーならではの、こだわりのキャラクターモデリング〜「CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス」(1)〜

TEXT & PHOTO_小野憲史/Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>ボリュームモデリング

Cinema 4D(以下、C4D)は独MAXSON Computerが開発・販売する統合型3DCGソフトウェアだ。1990年代にAmiga向けのツールとして制作された経緯があり、現在も放送業界を中心にユーザーが多く、特にモーショングラフィックスの制作などで高い評価を得ている。そのCinema 4Dが本年8月に「Release 20(R20)」としてバージョンアップ。ノードベースのマテリアル作成など、さまざまな新機能が備わった。

Aixsponizaは2006年に独ミュンヘンで設立されたCGスタジオで、モーショングラフィックスや3Dアニメーション、VFX、グラフィックデザインなどの分野で、独創的な映像制作に取り組んできた。主要ツールはC4Dで、R20の開発でもβテスターを務めたという。業界で15年以上のキャリアをもち、同社でリード3Dアーティスト兼VFXスーパーバイザーとして勤務するMatthias Zabiegly氏は、C4D R20の数ある新機能のうちボリュームモデリングから解説をスタートした。


  • Matthias Zabiegly氏/リード3D、VFXスーパーバイザー(Aixsponza)
    www.aixsponza.com
    撮影:弘田 充

通常の3DCGはポリゴンに代表されるサーフェスモデルで表現される。そのためモデルは表面のみが定義され、中身は存在しない。これに対してボリュームモデルは空間内に定義されたパラメータ分布によって形状や現象を表現する手法で、ひらたくいえば体積が存在する(ソリッドモデル)。そのため通常の3DCGよりもサーフェスを押し出したり、引っ込めたりといった操作が、より容易にできる。Zabiegly氏はこの特性から、「ラピッドモデリングに最適」と評価した。

ポリゴンデータでは頂点と、その接続方法によってモデルの表面が定義されるのみだが、ボリュームモデルでは体積が存在する。C4D R20ではOpenVDBベースのボリュームビルダーとメッシュ化を使用することで、基本形状の結合や型抜きなどのブーリアン操作を可能にしている。任意のC4Dオブジェクトを使用し、有機形状やハードサーフェスのボリュームをプロシージャルに作成することも可能だ。ボリュームは連番.vdb形式でエクスポートすることもでき、OpenVDBをサポートする全てのアプリケーションやレンダリングエンジンで使用できる

実例とした紹介されたのが、ブリキ玩具の蒸気機関車のCG制作過程だ。はじめに円筒型のボリュームモデルを用意し、そこに凹凸をつけるように前面部分をモデリングしていく。これを母体として煙突や運転席部分を付け加えるなどして、全体の形を整えていく。ボリュームモデルをボクセルデータで確認することも可能だ。これらはAixsponizaが制作に参加しており、ドイツ語圏で2019年1月に公開予定の映画『Tobi and the secret of our planet』のCGパート制作でも多用されているという。

映画『Tobi and the secret of our planet』のトレーラーから。実写のドキュメンタリー映像の中で、フルCGムービーがインサートされている。CGパートは玩具のような世界を表現するのに使用されており、その特性からボリュームモデリングが非常に良く機能したという

蒸気機関車が制作されていく様子。作業途中でボクセルデータが表示されており、これがソリッドモデルであることがわかる。同社ではレンダラにOctane RenderRedshiftを採用しており、本CGのようにモデルや背景がシンプルな映像では、Octane Renderが使用されるケースが多いという

次ページ:
<2>MoGraphフィールド

特集