>   >  SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.4 CGアニメーション部門の審査員に、審査直後の心境を問う
SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.4 CGアニメーション部門の審査員に、審査直後の心境を問う

SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.4 CGアニメーション部門の審査員に、審査直後の心境を問う

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下:SSFF & ASIA)は、今年で21周年を迎えるアジア最大級の国際短編映画祭だ。5月29日(水)〜6月16日(日)に開催されるSSFF & ASIA 2019では、130の国と地域から集まったおよそ10,000の応募作品の中から選ばれた約200作品が都内複数の会場で無料上映される(一部イベントは有料予定)。本記事ではSSFF & ASIAのCGアニメーション部門にフォーカスし、CGアニメーションによるショートフィルムの魅力を複数回に分けてお伝えする。

最終回となる第4回では、SSFF & ASIA 2019 CGアニメーション部門の審査員を務めた諏訪道彦氏(テレビプロデューサー)、とよた真帆氏(女優)、杉山知之氏(デジタルハリウッド大学 学長・工学博士)の3氏に、審査直後の心境や、各々の審査基準、ショートフィルムの魅力などを語ってもらった。

・本連載のバックナンバー
No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?
No.2『Tweet-Tweet』を成功に導いた、アイデア・マネジメント・スタジオ
No.3 学生のショートフィルム制作を成功に導く、3つのポイント

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

CGであることを特に意識せず、ひとつの映画として見ていました

CGWORLD(以下、C):SSFF & ASIA 2019 CGアニメーション部門の審査、お疲れ様でした。優秀賞(※)の発表は6月16日(日)なので審査結果は伏せていただくとして、まずは審査直後の心境を語っていただけますか?

※今年の同部門は73ヵ国から747作品の応募があり、その中から選出された12作品がCGアニメーションプログラムで上映され、1作品に優秀賞が贈られる。なお、同プログラムでは、第91回(2019)米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品の『週末に(Weekends)』と、デジタルフロンティアグランプリ2019ベストCGアニメーション賞受賞作品の『レディエイト(Radiate)』の2作品も特別上映される。詳しくは下記サイトを参照。
SSFF & ASIA 2019 CGアニメーションプログラム1
SSFF & ASIA 2019 CGアニメーションプログラム2

諏訪道彦氏(以下、諏訪):選出された12作品はどれも素晴らしかったですね。いろんなストーリーや表現方法の作品がある中で、1作品を選ぶのは難しかったです。優秀賞の作品は、圧倒的なナンバーワンという感じではなく、3人の審査員が各々の判断で挙げた候補の中から、総合的なバランスの良いものを選びました。私が挙げた候補だけでも3作品あって、甲乙をつけがたかったですね。

  • 諏訪道彦
    ytv Nextry 専務取締役 アニメーションプロデューサー。1959年愛知県生まれ。大阪大学工学部環境工学科卒業後、1983年読売テレビ入社。1986年に手掛けた『ロボタン』のプロデュースを皮切りに、『シティーハンター』、『YAWARA!』、『魔法騎士レイアース』、『犬夜叉』、『金田一少年の事件簿』のほか、『ブラック・ジャック』や『名探偵コナン』など数多くのヒットアニメ番組を企画制作。日本を代表するアニメプロデューサーとして知られる。2012年4月よりラジオ番組『諏訪道彦のスワラジ』を文化放送超A&Gにて放送中。2016年よりデジタルハリウッド大学で客員教授を務めている。2019年6月より現職。


とよた真帆氏(以下、とよた):ほんとに、3作品くらい選べれば良かったですね。どの作品も「あの主人公、今は何をしてるんだろう。どんなふうに過ごしてるんだろう」と思わせてくれる余韻が残っていて、私の心の中で、ちがう場面が生まれ始めているんです。作品として、すごく力があるってことだと思います。

  • とよた真帆
    女優。1967年東京都生まれ。学習院女子高等科在学中にモデルテピューし、1986年にアニエス・ベーのモデルとしてパリコレクション等に出演。その後女優に転向し1989年『愛しあってるかい!』(フジテレビ)でデビュー。以降多数のドラマや映画、舞台等に出演。また芸術の造詣が深く写真や絵画の個展を開いたり京友禅の絵師として着物のデザインを手掛けるなど趣味の域を超えた活動を展開。NHKドラマ10『デイジー・ラック』、KTV/CX『後妻業』、KTV/CX『パーフェクトワールド』に出演中。ラジオbayfm『SATURDAY BRACING MORNING』(毎週土曜朝8時)バーソナリティーを務める。


C:演じることが仕事のとよたさんが、そんなふうに思われたのは素敵なことだなと思います。どの作品もデジタルデータの固まりですが、ちゃんと生命が吹き込まれていたのでしょうね。

とよた:私はCGであることを特に意識せず、ひとつの映画として見ていました。どの作品も、CGだ、実写だといったことを超えて、すごいパワーをもっていましたね。もうCGだからと区別する時代ではないと思いました。多分、多くの方は私と同様にCGに詳しいわけではないので、同じように感じるんじゃないでしょうか。今回はそういう方々の代表だと思って審査に参加しました。

C:私も12作品を見ましたが「この流体シミュレーションはすごい」とか、「これはレンダリング負荷が高そうだな」とか、ついつい気にしてしまいました(苦笑)。なまじCGのことを知っていると、かえってCGであることを意識してしまいますね。

杉山知之氏(以下、杉山):私は何十年にもわたってCGを見過ぎていますから、ちょっとちがったもの、CGらしくないものを選びたくなりました。例えば『ル・マン 1955(Le Mans 1955)』は1950年代にヨーロッパではやったポスターのような世界が再現されており、1955年のル・マン24時間レース中の大惨事を扱ったストーリーに見事にフィットしていたので良いなと思いました。CGはあらゆる映像スタイルを選べるからこそ、一番そのストーリーに合った映像スタイルを選べているか、突き通せているかという点が重要になると思います。

  • 杉山知之
    デジタルハリウッド大学 学長・工学博士。1954年東京都生まれ。1987年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。1990年より国際メディア研究財団主任研究員、1993年より日本大学短期大学部専任講師を経て、1994年10月にデジタルコンテンツの人材育成スクールであるデジタルハリウッドを設立。2004年に日本初の株式会社立デジタルハリウッド大学院を開学。翌年、デジタルハリウッド大学を開学。現在は同大学・大学院・スクールの学長を務めている。


諏訪:映像スタイルという点では『ミスター・ウィダーシンズ(Widdershins)』も印象的でしたね。近未来的な世界をクラシカルな線画のようなスタイルで描いており、いつの時代も人間の思いは変わらないというテーマをうまく表現しているなと思いました。

▲【左】『ル・マン 1955(Le Mans 1955)』(制作国:フランス)。Quentin Baillieux監督作品/【右】『ミスター・ウィダーシンズ(Widdershins)』(制作国:イギリス)。Simon P. Biggs監督作品


とよた:男性の夢やロマンが、手の込んだスタイルで表現されていましたね。本作に限らず「これはCGなの?」と思う作品も多くて、色々な表現を取り込めるんだなと感心しました。CGの使い方は、どんどん巧妙になってきているんですね。

杉山:『きつね(The Fox)』も一見すると手描きのようでいて、CGを使っているんですよね。『運命の矢(Anacronte)』の絵画的なシュールな表現、ヨーロッパのキリスト教文化とはちがう、かと言って東洋的でもない、ちょっと気持ち悪くもあるスタイルにも惹かれました。

▲【左】『きつね(The Fox)』(制作国:イラン)。Sadegh Javadi Nikjeh監督作品/【右】『運命の矢(Anacronte)』(制作国:アルゼンチン、メキシコ)。Raúl Koler監督、Emiliano Sette監督の共同監督作品


諏訪:『きつね(The Fox)』の動きは素晴らしかったですね。それから、とよたさんが言われたように「CGの使い方は、どんどん巧妙になってきている」という点は、普段の仕事の中でも感じます。『名探偵コナン』の場合ですと、初期の映画では「これはCGだな」とすぐにわかることが多かったのですが、最近はトムス・エンタテインメントのCGチームの技術力が上がってきたこともあって、作画と合わせたときの違和感がほとんどありません。クルマなどは1回つくれば複数のカットで使い回せるので、CGを使う頻度は年々高くなっています。とはいえ、作画は日本のアニメを支える大事な要素のひとつだと思っているので、その良さは守っていきたいと意識しています。

次ページ:
送り手の思いを伝える上で
シナリオは一番わかりやすい切り口

特集