>   >  SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.2『Tweet-Tweet』を成功に導いた、アイデア・マネジメント・スタジオ
SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.2『Tweet-Tweet』を成功に導いた、アイデア・マネジメント・スタジオ

SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.2『Tweet-Tweet』を成功に導いた、アイデア・マネジメント・スタジオ

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下:SSFF & ASIA)は、今年で21周年を迎えるアジア最大級の国際短編映画祭だ。5月29日(水)〜6月16日(日)に開催されるSSFF & ASIA 2019では、130の国と地域から集まったおよそ10,000の応募作品の中から選ばれた約200作品が都内複数の会場で無料上映される(一部イベントは有料予定)。本記事ではSSFF & ASIAのCGアニメーション部門にフォーカスし、CGアニメーションによるショートフィルムの魅力を複数回に分けてお伝えする。

第2回では、SSFF & ASIA 2018のCGアニメーション部門で優秀賞を獲得した『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』を手がけたZhanna Bekmambetova監督と、リニアプロデューサー(linear producer)のSvetlana Guslova氏へのメールインタビューを通して、本作の制作背景をひもといていく。

・本連載のバックナンバー
No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
取材協力_ショートショート実行委員会

▲『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』トレイラー。本作は約11分のCGアニメーション作品で、ある女性の生涯を綱渡りに見立てて表現している。タイトルやトレイラーに登場するコトリは、不安定なロープの上で女性を導き、励ましてくれる愛らしい親友として描かれている

本作の起点は、「私たちの生涯は綱渡りのようなもの」というアイデア

本作が初監督作品となるBekmambetova氏は、ウズベキスタンで生まれ、6歳の時に両親と共にモスクワへ移住し、VGIK(全ロシア映画大学/Всероссийский государственный институт кинематографии)でアニメーション映画のコンセプトデザインを専攻した。1919年設立の同大学は非常に長い歴史をもち、歴代の教授経験者の中には、モンタージュ理論を確立し『戦艦ポチョムキン』(1925)を手がけたセルゲイ・エイゼンシュテイン監督(1898〜1948)も含まれている。

そんな同大学において、Bekmambetova監督は「ほとんどの時間を、アーティストとして絵を描くことに費やしました。学期が変わるたびに新たなストーリーを選び、キャラクターや舞台を設定し、ストーリーボードを完成させました」とふり返る。2009年に同大学を卒業したBekmambetova監督は、2010年〜2013年にかけてロサンゼルスに移住し、2013年以降はモスクワを拠点に活動している。なおBekmambetova監督の父は、ロシア映画の『デイ・ウォッチ』(2006)やハリウッド映画の『リンカーン/秘密の書』(2012)などを手がけた映画監督のTimur Bekmambetov氏で、本作のスタッフロールにはプロデューサーのひとりとして名を連ねている。

「絵を描いているときに、『私たちの生涯は綱渡りのようなもの』という本作のアイデアを思いつき、数点のスケッチを描いて1年ほど寝かせておきました。それを父に見せたら『面白いね』と言ってもらえたのです。その言葉をきっかけに、脚本やイメージボードの制作を始めました」(Bekmambetova監督)。最初期のスケッチは、愛らしいコトリや、年老いた裸足の女性がロープの端に立つ絵などで構成されており、本作のイメージや主要ショットの原石が既に生み出されていたことがわかる。

▲最初期に描かれたスケッチ。「私たちの生涯は綱渡りのようなもの」というアイデアが起点となり、本作のビジュアルやストーリーが生み出された。本作におけるロープは人の生涯を象徴しており、切れたロープの端は人生の終端を表している


前述の通り、本作はある女性の生涯を表現しているが、意外なことに女性の顔はまったく描かれない。女性の喜び、悲しみ、恐怖などの感情は、ロープの張り具合、その上での足どりやバランス、コトリの感情などを通して表現される。「私は怠け者なので、顔を映さなければ表現が簡単になるだろうと最初は思っていました。でも、そうではないと途中で気がつきました。本作で最も伝えたかったのは、人生というロープの上でバランスをとりながら歩き続けるというストーリーでした。だからこそ、顔ではなく、ロープの上での足どりにフォーカスすることが最適な表現だと考えたのです。本作の中で顔が見えるのは、小さなコトリだけです。そしてコトリの感情は、基本的に女性の感情です。コトリを通して、女性のエモーションを表現しました」(Bekmambetova監督)。

▲Bekmambetova監督による本作のストーリーボード


SSFF & ASIAのCGアニメーション部門で毎年審査員を務めているデジタルハリウッド大学の杉山知之学長は、「CGならではの表現力を活かした素晴らしい作品です。同じことを実写でやっても興ざめするだろうなと思いました」と本作を評した。確かに、前述のストーリーを表現する上で、CGアニメーションは最適な手段と言えるだろう。「15年前には、3DCGがアートになりえるとは考えもしませんでした。しかし『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)や『レミーのおいしいレストラン』(2007)などを見れば、3DCGが美しいアートの表現手段になりえたことは疑いようがありません。でも、私は2Dアニメーションも好きです。宮崎駿監督は、私に多大なるインスピレーションを与えてくれました」(Bekmambetova監督)。

次ページ:
信頼できるプロダクションマネージャー
を見つけることが不可欠

特集