>   >  SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?
SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?

SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下:SSFF & ASIA)は、今年で21周年を迎えるアジア最大級の国際短編映画祭だ。5月29日(水)〜6月16日(日)に開催されるSSFF & ASIA 2019の作品公募は2018年8月に始まり、部門によっては2019年3月まで実施され、130の国と地域から約10,000作品の応募があった。映画祭期間中は、審査で選ばれた約200作品が都内複数の会場で無料上映される(一部イベントは有料予定)。

本記事ではSSFF & ASIAのCGアニメーション部門にフォーカスし、CGアニメーションによるショートフィルムの魅力を複数回に分けてお伝えする。第1回では、本部門が設立された2012年から業務提携を続けているデジタルハリウッドの杉山知之学長と講師の古岩祥幸氏に、印象に残っているショートフィルム作品や、ショートフィルムとデモリールのちがい、両者の良い点と悪い点について語ってもらった。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

ショートフィルムは、技術力が高くても面白くなければ評価されない

▲左から、杉山知之学長、講師の古岩祥幸氏


CGWORLD(以下、C):今年の第91回米国アカデミー賞短編アニメーション部門は、『インクレディブル・ファミリー』(2018)の直前に上映された『Bao』 (2018)が受賞しましたね。作品自体の素晴らしさに加え、本作を手がけたドミー・シー監督は、ピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、ピクサー)初の女性監督という点でも話題を集めました。

ショートフィルムは作品自体の価値に加え、表現と技術の実験場としての価値、若手が経験を積み頭角を現す場としての価値も内包しており、長編作品にはない意義があります。ただし就職活動の場では、良いショートフィルムをつくることが、必ずしも採用につながるわけではありません。そのため就職を重視する専門学校の中には、ショートフィルムではなく、デモリール制作を推奨するところもあります。そんな中で、デジタルハリウッドはどういった考えに基づきSSFF & ASIAとの業務提携を続けているのか、伺っていきたいと思います。そもそも、両者の提携はどういう経緯で始まったのでしょうか?

杉山知之学長(以下、杉山):2012年の提携以前からデジタルハリウッドの在校生や卒業生はSSFF & ASIAに応募しており、作品が上映されることもありました。ピクサーをはじめ、フルCGアニメーションのショートフィルムをつくるスタジオが増え、個人の作家も増え、CGを教える教育機関も増えていく世相を踏まえ、SSFF & ASIAにCGアニメーション部門を新設しようとなったとき「一緒にやりませんか?」とお声がけいただいたのです。本学としても、国際的な映画祭の運営に協力できることは光栄ですし、在校生たちの良い目標にもなるので、ぜひにとお応えして今にいたります。

  • 杉山知之
    1954年東京都生まれ。1987年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。1990年より国際メディア研究財団・主任研究員、1993年より日本大学短期大学部専任講師を経て、1994年10月にデジタルコンテンツの人材育成スクールであるデジタルハリウッドを設立。2004年に日本初の株式会社立デジタルハリウッド大学院を開学。翌年、デジタルハリウッド大学を開学。現在は同大学・大学院・スクールの学長を務めている。


C:デジタルフロンティアグランプリ(以下、DF)(※1)の受賞作品の上映は、提携当初から行われてきたのでしょうか?

※1 デジタルハリウッド大学・大学院・スクールなど、デジタルハリウッドが運営する全ての教育機関の卒業制作作品を対象に、毎年の年度末に開催されるコンテスト。同コンテストにおけるCGアニメーションの最優秀作品が、その年のSSFF & ASIAで招待上映されることになっている。詳細は下記Webサイトを参照。
https://www.dhw.co.jp/df/

杉山:そうです。せっかく関わらせていただくなら、本校のその年のトップ作品もぜひ上映してほしいとお願いしました。とはいえ経験の浅い学生がつくった作品なので、一緒に上映される世界各国の作品にはかなわないと感じますね。例えばSSFF & ASIA 2018のCGアニメーション部門で優秀賞に選ばれた『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』は、ロシア最大規模のVFXスタジオのCGFが、1年以上をかけて約100人のアーティストチームで制作したと聞いています。CGならではの表現力を活かした素晴らしい作品で、同じことを実写でやっても興ざめするだろうなと思いました。

古岩祥幸氏(以下、古岩):同じ年にCGアニメーション部門で特別招待作品として上映された平松達也さんの『レター(LETTER)』の場合、ほぼ3DCG未経験の状態で1年制の本科CG/VFX専攻に通学し、在学期間の後半の約半年を使って1人で制作しています。そういう背景も踏まえて見ていただくと、それぞれの味わいや面白さがあると思います。

  • 古岩祥幸
    デジタルハリウッド東京本校 総合ProCGコースを卒業後、ポリゴン・ピクチュアズでレイアウト、キャラクターアニメーションを担当。現在はフリーランスのアニメーターとしてティフォンに常駐してつつ、デジタルハリウッド東京本校(スクール)の本科CG/VFX専攻にて主幹講師、デジタルハリウッド大学にて講師を務める。DF2018では、スクール担当クラスの平松達也氏の作品『レター(LETTER)』がCGアニメーション賞を受賞。DF2016では、大学担当ゼミの太田杏奈氏の作品『初心(Initial Enthusiasm)』がグランプリを受賞。いずれもSSFF & ASIAのCGアニメーション部門で特別招待作品として上映されている。


▲DF2018にてCGアニメーション賞を受賞し、SSFF & ASIA 2018のCGアニメーション部門で上映された平松達也氏の『レター(LETTER)』。自動車部品メーカーの技術職を経て、本科CG/VFX専攻(1年制)に通学し、1人で制作した約6分のショートフィルム。スマホで想いを伝える「現代版おばあちゃんのラブストーリー」となっている


C:そんな両極端の2作品が、同じプログラムの中で連続して上映されるというのはSSFF & ASIAならではの面白さですね。

杉山:『レター(LETTER)』は、CGを覚えたばかりの個人が、初めてつくった人に見てもらえるレベルの作品という点では面白いし、価値があると思います。ちなみに『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』を監督したZhanna Bekmambetovaさんは、本作が初監督作品だそうです。どの作品も、背景にはつくり手のいろんな挑戦があり、思いが込められています。

古岩:『レター(LETTER)』は約6分、『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』は約11分の作品です。そういう短い尺の中で、すごく密度の濃い物語が展開されるのがショートフィルムの魅力だと思います。昨年末、SIGGRAPH Asia 2018で久々にComputer Animation FestivalのElectronic Theaterを観て、やっぱりショートフィルムは良いなと思いました。SSFF & ASIAやSIGGRAPH Asiaでは、ひとつのプログラムの中で複数のショートフィルムが上映されるので、わかりやすく面白い作品から、心にズシンとくる重たい作品、トリッキーな作品まで、いろんな物語を楽しめるのが良いですね。

CSIGGRAPH Asia 2017でBest Student Filmに選ばれた『ガーデンパーティー(Garden Party)』(※2)は、第90回米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされ、SSFF & ASIA 2018でも招待上映されましたね。本作も学生作品ではありますが、表現力も技術力も学生とは思えないレベルでした。

※2 MoPA(フランスのCGアニメーションスクール)の6人の学生が、約9ヶ月をかけて制作したCGアニメーション作品。詳細は下記Webサイトを参照。
https://www.gardenparty-movie.com

杉山:フランスやドイツのスクールは基本的に大人数のチームで作品をつくりますし、在学期間が長いので総じてハイレベルですね。『ガーデンパーティー(Garden Party)』は、最近見たショートフィルムの中だと『コトリのさえずり(Tweet-Tweet)』と並んで印象に残っている作品です。SSFF & ASIAには、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、いろんな地域の作品が集まってくるので、多様な文化や価値観に触れられる点が刺激的だと思います。日本で暮らし、日本やハリウッドの映画を楽しむだけでは味わえない多様性があります。例えば人の生き死にの扱いが日本人の感覚とは全然ちがったりするので、すごく新鮮な気持ちになります。

C:確かに『ガーデンパーティー(Garden Party)』のブラックユーモアなオチには意表を突かれました。多様性に触れることで、日本人の固定観念や常識を再認識する機会にもなりますね。ほかに、印象に残っているショートフィルムはありますか?

古岩:CGアニメーションではなくパラパラ漫画、しかも少し前の作品ですが、鉄拳さんの『振り子』(2012)は大号泣しましたね。短い尺の中で、こんな表現ができるのかと驚きました。本校の卒業生の作品だと、伊東佳佑さんの『Old Umbrella』(2013)も印象に残っています。技術的には拙い部分もありましたが、ロボット同士の淡い恋物語の描き方がすごく良かったです。

▲DF2013にて学長賞、ベストアートディレクション賞を受賞した伊東佳佑氏の『Old Umbrella』。グラフィックデザイナーを経て、デジタルハリウッドの3DCGデザイナー専攻(1年制)に入学後、1人で制作した約4分のショートフィルムで、ロボット同士の淡い恋愛を描いている。本作は伊東氏の下記Webサイトにて視聴できる。
http://keisukeitoh.com/


杉山:表現手段や技術力に関わらず「面白いものは評価される」という点は、昔も今も変わらないですね。そこが、ショートフィルムとデモリールの大きなちがいでもあります。SSFF & ASIAやDFの審査でも、面白いかどうかが常に重視されてきました。DFのCGアニメーション部門の審査は、デジタルハリウッドの卒業生で、なおかつCGプロダクションで働いている人たちに依頼していますが、トップの技術力を有する学生の作品が選ばれるわけではありません。どんなにCGの技術力が高くても面白くなければ評価されない一方で、多少技術力が低くても、面白ければ最後まで観たいと思います。審査員の心が動くかどうか、感動があるかないかは、今後も変わることなく重視されるんじゃないでしょうか。

C:確かに。ピクサー初のショートフィルムの『ルクソーJr.』(1986)は、今観てもやっぱり面白いですからね。

杉山:『ルクソーJr.』をこれから初めて見る人も、われわれが初めて見たときと同じ感動を味わえると思います。ときを経ても感動が色褪せないのは、すごいことですね。

次ページ:
面白い作品をつくってほしいが
採用では作品性より技術力が問われる

特集