>   >  SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.3 学生のショートフィルム制作を成功に導く、3つのポイント
SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.3 学生のショートフィルム制作を成功に導く、3つのポイント

SSFF & ASIAからひもとくショートフィルムの魅力>>No.3 学生のショートフィルム制作を成功に導く、3つのポイント

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下:SSFF & ASIA)は、今年で21周年を迎えるアジア最大級の国際短編映画祭だ。5月29日(水)〜6月16日(日)に開催されるSSFF & ASIA 2019では、130の国と地域から集まったおよそ10,000の応募作品の中から選ばれた約200作品が都内複数の会場で無料上映される(一部イベントは有料予定)。本記事ではSSFF & ASIAのCGアニメーション部門にフォーカスし、CGアニメーションによるショートフィルムの魅力を複数回に分けてお伝えする。

第3回では、SSFF & ASIA 2018のCGアニメーション部門にて、特別招待作品として上映された『レター(LETTER)』をデジタルハリウッド在学中に制作し、その後オムニバス・ジャパンに就職した平松達也氏へのインタビューを通して、学生のショートフィルム制作を成功に導くためのポイントを探っていく。

・本連載のバックナンバー
No.1 ショートフィルムとデモリール、デジタルハリウッドはどちらの制作を推奨するか?
No.2『Tweet-Tweet』を成功に導いた、アイデア・マネジメント・スタジオ

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『ズートピア』に衝撃を受け、27歳でCG業界への転職を決める

CGWORLD(以下、C):デジタルハリウッドに入学する以前、平松さんは自動車部品メーカーの技術職だったそうですね。CAD関連の仕事をなさっていたのでしょうか?

平松達也氏(以下、平松):CGとは全然関係ない仕事です。「機械のお医者さん」とでも言いますか......、機械の故障を直す仕事をしていました。

  • 平松達也
    自動車部品メーカー 技術職を経て、2017年4月(当時27歳)にデジタルハリウッド 本科CG/VFX専攻 VFXコースに入学。1人で制作した『レター/LETTER』(5分55秒)がデジタルフロンティアグランプリ2018 3DCGアニメーション賞を受賞。2018年3月卒業。同作がSSFF&ASIA 2018のCGアニメーション部門にて、特別招待作品として上映される。同年6月にオムニバス・ジャパンへ入社し、キャラクターアニメーターとなる。


C:ソフトウェアではなく、ハードウェア関連の仕事だったわけですね。となると、CGとの接点はゼロに等しいでしょうね。何がきっかけで、CGを勉強しようと思ったのでしょうか?

平松:2016年の4月頃、映画館でディズニー映画の『ズートピア』を見て、「今のCGはすごいな!!」と衝撃を受けました。すぐCGをやりたいと思い、6月頃にデジタルハリウッドの入学説明会を聞きに行きました。

C:思い切りが良すぎませんか? 当時、27歳ですよね......。

平松:自分は守りに入りやすいタイプだったので、その決断の早さには自分でもびっくりしました。とはいえ、自分の年齢で大丈夫なのか、すごく心配にはなりました。CGをやりたいと思った後、Twitterなどでいろんな学生作品を見てみたら、20歳手前の人がものすごい作品を公開していたので、10歳近く年上の自分が通用するのかという不安は大きかったですね。それでも、昔から絵を描いたり、デザインしたりすることが好きで、大学時代にはサークルに所属して映像編集やパンフレット制作をしていたので、ものをつくる仕事がしたかったのです。当時の仕事は既にあるものを維持する仕事だったので、『ズートピア』を見て「これだ!」と思いました。

C:そう思った1年後には、会社を辞めてデジタルハリウッドの学生になっていたわけですね。入学までの1年弱の期間に、先行してCGの勉強を始めたりはしましたか?

平松:Blenderをちょっと触ったり、映画をたくさん見たりはしましたね。

C:その段階で、アニメーターになることも決めていたのでしょうか?

平松:そこまでは決めていなかったです。職種は最後まで悩んでいて、『レター(LETTER)』が完成した後も、ゼネラリストになろうか、アニメーターになろうか、迷っていました。最終的に、ひとつのことに絞って技術力を高めていきたいと思い、アニメーターになることを決めました。

Point1:大事な部分は、止められても譲歩しない

C:『レター(LETTER)』の制作に着手したのはいつ頃ですか?

平松:2017年の9月の末頃ですね。春から夏頃にかけてMayaの使い方を勉強して、9月の頭に中間課題を提出し、1カ月ほど実家に帰ってお休みをとっている間に「何をつくろうかな」と考え始めました。

C:ちなみに、中間課題は何をつくったのでしょうか?

平松:フリーモデルを使い、ゲイバーのママさんという設定で、ディズニーテイストのアニメーションをつくりました。

C:ひと癖ある設定ですね(笑)。

平松:少年とか少女とか、ありきたりな感じにするのではなく、ちょっとずれたところを攻めたかったのです。だから『レター(LETTER)』でも、おばあちゃんとスマートフォンという、ギャップのある組み合わせにしました。それに、ママさんにしろ、おばあちゃんにしろ、動きをイメージしやすかったので、その点も良いなと思ってチョイスしました。

▲『レター(LETTER)』は、おばあちゃんがスマートフォンで自身の想いを伝える「現代版おばあちゃんのラブストーリー」となっている


C:『レター(LETTER)』は尺が6分もあって、学生が1人でつくるにしては長い方だなと感じました。私が講師だったら、尺を短くしてはどうかと提案したと思います。そういう指摘はありませんでしたか?

平松:構想段階では5分くらいだったのですが、それでも担任の古岩祥幸先生から「ちょっとボリュームが多いんじゃないか」という指摘を受けました。

C:やっぱり(笑)。

平松:ディズニーやピクサーの作品を映画館で見ると、本編の前に、ショートフィルムが上映されますよね。自分はそれがすごく好きで、あんな感じの、ちょっと心がほっこりするような、見終わった後に何かが残るような作品をつくりたいと思ったのです。古岩先生の指摘を受けて、少し削ろうかなとも思ったのですが、ひとつ削っただけでも成り立たないと思い、結局あのような形になりました。

C:「ディズニーやピクサー作品のようなショートフィルムをつくりたい」という目標が当時の平松さんのモチベーションを支えていたから、止められても譲歩できなかったわけですね。古岩先生の指摘はもっともだと思いますが、作品はちゃんと仕上がり、高く評価もされたので、その選択は正しかったと言えるでしょうね。

平松:でも、完成後にデジタルハリウッドのスタッフの方に見せたら「これ、絵コンテつくってないでしょう。無駄が多い。このカットは不要じゃない?」と指摘されました。おっしゃる通り、絵コンテをつくっていなかったので「バレたか......。絵コンテって重要だな」と思いました。

C:絵コンテなしで『レター(LETTER)』をつくった平松さんもすごいですが、それを見抜くスタッフさんの眼力もすごいですね。

平松:「長年見てきたから、すぐわかるよ」と言われました。今だから言えることですが、仕事を進める上で絵コンテはすごく重要なので、次に自分の作品をつくるときには、ちゃんと絵コンテを用意したいです。そんな調子だったから、正確な尺が見えてきたのは、モデリングが完了し、レイアウト作業が一通り終わった後でした。古岩先生からは「これ、間に合うのか」と心配されました。

C:いろいろチャレンジャーですね。

平松:そうですね。ぎりぎりでやっていました。

次ページ:
Point2:力を抜くべき部分を、冷静に見極める

特集