>   >  「絶対に(手で)描かない ! 」3DCGでやりきった『ワンパンマン SEASON 2』のムカデカット/No.2 CGカット制作篇
「絶対に(手で)描かない ! 」3DCGでやりきった『ワンパンマン SEASON 2』のムカデカット/No.2 CGカット制作篇

「絶対に(手で)描かない ! 」3DCGでやりきった『ワンパンマン SEASON 2』のムカデカット/No.2 CGカット制作篇

『ワンパンマン』は、同名の漫画を原作とするTVアニメシリーズで、2015年のSEASON 1(第1話〜第12話)に続き、2019年4月よりSEASON 2(第13話〜第24話)が放送された。SEASON 2のCGは(もえ)が制作しており、アニメCGに特化した同社の高い表現力と技術力が遺憾なく発揮されている。脱皮や全長変化まで視野に入れた、ムカデ長老の緻密な設計を紹介したセットアップ篇に続き、以降ではCGカット制作におけるハイライトを紹介する。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 256(2019年12月号)掲載の「「絶対に(手で)描かない ! 」3DCGでやりきったムカデカット TVアニメ『ワンパンマン SEASON 2』」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_島田健次 / Kenji Shimada

ムカデはもちろん、作画用ガイドの動きでもタメツメまで表現

ムカデ後輩、ムカデ先輩、ムカデ長老からなる3体のムカデ型怪人は全て第16話が初出で、セットアップ篇で紹介したセットアップツールやセレクタがさっそく使用された。「その時点では未完成の機能もあったので、最終話に向けてツールのブラッシュアップを重ねつつ、カット制作も進めました。ムカデ後輩の登場カットはほぼ止め画でしたが、ほかの2体はよく動いたのに加え、ムカデ先輩は金属バットとの接近戦がメインだったので、セレクタが重宝しました」(平岡氏)。

▲第16話のムカデ先輩カットを制作中のMayaの作業画面。3コマ打ち、2コマ打ち、フルコマを織り交ぜた若手による手付けアニメーションを、平岡氏と神谷氏がディレクションしている。なお、下方には金属バットのモデルも配置してあり、その動きもタメツメを付けてしっかり表現され、これをガイドに作画が行われた。CGが絡まない場合でも、作画が難しい一部のカットではCGによるガイドが制作されている


▲第16話のムカデ長老カットの作業画面。本カットでも、ムカデ長老の上を疾走する金属バットの動きまで表現されている


▲先のカットの完成画像


▲同じく、第16話のムカデ長老カットの作業画面


▲第24話のムカデ長老カットの作業画面。本カットでは、ムカデ長老と戦うジェノスの動きまで表現されている

ディテールラインの表示・非表示はAE上で指定

本作の作画では、シルエットラインに加え、細かな線がSEASON 1の時点から描かれていた。このルックをCGでも再現するため、ムカデのモデリング時には全てのディテールラインをポリゴンで造形し、それら全部をレンダリングした後、After Effects(以下、AE)上で必要に応じて間引くフローが採用された。「レンダリングしたディテールラインの表示・非表示は、Pencil+ 4 Line for After Effectsを使ってAE上で指定しました。ラインの有無をムカデの表示サイズや角度に応じてアニメーターたちが細かく調整したので、同じモデルを使っているようには見えない、変化に富んだカットを効率的に制作できました」(平岡氏)。

▲【左】ムカデ長老の顔のライン。ディテールライン(細かな線)も含め、全てポリゴンで表現している/【右】カラー(陰影)はテクスチャで表現している。ディテールの粗いものから細かいものまで4〜5種類ほど用意してあり、表示サイズに応じてAE側で使い分けている


▲【左】ラインとカラーを同時に表示したもの/【右】撮影後の完成画像


▲ムカデ長老の体節部のモデル。顔と同様、ディテールラインの1本1本まであらかじめモデリングしてあり、極端なアップにも耐えられるだけの情報量を有している


▲先のモデルを用いた完成画像。「特定のカットのためだけに、モデラーやアニメーターが新しいモデルをつくったり、レタッチをしたりする必要がないように、最初からモデルをつくり込んであります。第16話の時点で『アップもお任せできますね』と監督から評価していただき、第24話ではアップのカットが増えました」(平岡氏)


▲ムカデ長老が迫ってくる第24話のカット。リードアニメーターの猪狩貴文氏が担当しており、表示サイズに応じてラインの数やテクスチャのディテールを切り替えている


▲先のカットの完成画像


©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

次ページ:
Pencil+ 4 Line for After Effectsによって
数百パターンのラインを表現

特集