>   >  トップランナーに聞く今後のバーチャルの可能性「バーチャルマーケット 4」主催者インタビュー
トップランナーに聞く今後のバーチャルの可能性「バーチャルマーケット 4」主催者インタビュー

トップランナーに聞く今後のバーチャルの可能性「バーチャルマーケット 4」主催者インタビュー

今年のGW期間に開催された「バーチャルマーケット 4」の主催者陣へのインタビュー。過去最大規模で開催された「バーチャルマーケット 4」をふり返ると共に、ますます発展するバーチャル世界の可能性について語ってもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 263(2020年7月号)からの転載となります。

TEXT_ 石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©VIRTUAL MARKET4

  • 開催日:2019年4月29日(水)~5月10日(日)〈全12日間〉
    開催場所:VRChat内特設ワールド
    www.v-market.work/v4

VRChat Inc.が開発運営しているVRコミュニケーションサービス「VRChat」は、ヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)を使い、アバターを使ったVR空間での交流を楽しめるサービスだ。そのVRChat内の特設ワールドで4月29日(水)~5月1 0日(日)の1 2日間「バーチャルマーケット 4」が開催された。回を追うごとに進化しているバーチャルマーケット (以下、Vケット)のスタッフに、リモートワーク時代のバーチャルの可能性について取材した。

過去最大規模で開催された「Vケット4」

CGWORLD(以下、CGW):みなさんを取材させていただくのは248号(※1)以来、1年と数ヶ月ぶりになります。改めて、自己紹介をお願いします。

※1......本誌248号(2019年4月号)でも今回と同じメンバーにインタビューを実施している。詳しくは248号のp32~35、もしくはCGWORLD.jp(cgworld.jp/feature/201903-cgw248-vmarket.html

舟越 靖氏(以下、舟越):舟越です。前回から変わらず、ひき続きVR法人HIKKY代表取締役CEOとして、対外的な活動の統括・担当をしています。

新津佑介氏(以下、新津):HIKKYの新津です。営業支援や取材対応、PV制作を担当しています。

  • 舟越 靖氏(フナコシステム代表取締役/HIKKY代表取締役)

  • 新津佑介氏(フナコシステム/HIKKY映像編集・ディレクション)

動く城のフィオ氏(以下、フィオ):Vケットの主催をしている動く城のフィオです。前回から変わった点としては、HIKKYの取締役CVO(チーフ バーチャル マーケティング オフィサー)にも就任しました。

  • 動く城のフィオ氏
    バーチャルマーケット主催(HIKKY所属)

水菜氏(以下、水菜):HIKKYに所属しています、水菜です。Vケットの副主催とエンジニアのとりまとめをやっています。

  • 水菜氏
    バーチャルマーケット副主催(HIKKY所属)

CGW:Vケットは2018年の初開催以来、年々規模を拡大していて、今回の「Vケット4」は開催期間、出展企業、出展サークル数ともに過去最大でしたね。ふり返っていかがでしょうか?

フィオ:Vケットはひと言で言うと、出展社、来場者数ともに世界最大のバーチャル空間上のマーケットフェスティバルです。今回の「Vケット4」は日本よりも、海外からの参加者が多かったのが特徴です。また、前回からの大きなアップデートとして、ECサイト機能を採用したので、出展されているアバターなどをその場で購入できるようになりました。

CGW:より現実世界でのイベントに近づいていますね。

フィオ:Vケットが与える価値は"機会"だと思っています。〆切がないと、なかなか作品をつくれないクリエイターにとっては制作する機会になります。今回の「Vケット4」のタイミングで、バーチャル空間に3,000体以上の3Dモデルが誕生しました。そのほか、来場者とクリエイターが出会える機会でもありますし、企業にとってもバーチャルを理解する機会になっています。バーチャル空間上に多くの人が集まるので、フィージビリティ(ビジネスの実現可能性)を検証することも容易です。ユーザー、クリエイター、企業の皆さんにとって、様々な側面での"機会"になると思っています。

舟越:最近では新型コロナウイルスの影響でリアルイベントが実施できなくなっている背景もあって、新規の企業さんからの問い合わせが、対応できないくらいたくさんきています。

フィオ:来場者も増加していますね。コミックマーケットなども中止になってしまいましたし。オンラインで代替イベントは行われていますが、多くは平面的な開催な気がします。Vケットは現実の展示会に近く、さらに広さや距離、重力などの物理法則に制限されずに開催できます。例えば、幕張や有明まで行けなくても、HMDをかぶれば、家からすぐに参加できますし。

水菜:そういう意味では日本だけではなく、世界中どこからでも参加可能です。パスポートもいりません。パラリアルトーキョー(※2)なら、HMDをかぶるだけで東京観光ができちゃいますね。

※2......「Vケット4」で用意されたワールドのひとつで、東京を模したバーチャル空間。参加企業がブースを出展した

「Vケット4」における出展企業の取り組み

CGW:「Vケット4」ではエンタメ業界以外からの企業ブースの出展も目立ちましたが、反響などはいかがでしたでしょうか?

フィオ:今回は三越伊勢丹ホールディングスさん、ウィゴーさん、アウディジャパンさん、日本HPさんら、エンタメ分野以外の企業さんも多く参加しくれました。例えば、アウディ ジャパンさんでは、バーチャル空間に「Audi e-tron Sportback」を展示して、スタッフさんが詳しい解説をしてくれました。まるで販売店で実車を見ながら説明を受けているような感じで、ライドギミックで乗ってみることも可能です。また、ウィゴーさんでは、実際の店舗で働いている店員さんが、実在する服を3Dアバター用にアレンジして3D化したものの説明をしていらっしゃいました。夜はVTuberさんが接客をしていらしたのですが、こちらも好評でしたね。対面販売だとインスタンスがたくさんできちゃうので難しいかと思いましたが、チャレンジしたら意外と大丈夫でした。

水菜:展示を見るだけではなく、実際のスタッフの方から話を聞くと体験の質がこんなに上がるのだと驚きました。次回からはこうしたバーチャル接客が増えると思います。それと、あるスタッフさんは「リモートで接客できるのが良かった」とおっしゃっていました。バーチャル空間の接客なら地方から参加したり、国外からも参加することができます。

フィオ:バーチャル空間で完結できる、新しい職業の可能性を感じましたね。

水菜:リアルの接客スキルはバーチャルでも使えます。人と人が関わるということはバーチャルでも変わらないですね。

新津:いつのまにかファンが付いている接客スタッフさんもいらっしゃいましたね(笑)。

水菜:店員さんも楽しんでくれたみたいで、中には体験記を漫画で描いてくれた方もいます。

新津:僕はそうしたスタッフさんたちに機材の操作を教える立場だったのですが、最初はほとんど全員の方がVRは初めてで戸惑っていました。少し心配していたのですが、1日終わった時点でかなり慣れてきて。そこから接客やコミュニケーションに集中して、楽しんでくれていましたね。機材云々ではなく目的が大事で、VRは手段のひとつだと痛感しました。

企業による出展ブース
出展企業の一例をピックアップして紹介。エンタメ関連以外の企業の参加が多いのも「バーチャルマーケット 4」の特徴だ。様々な分野の企業がバーチャルイベントに注目している様子の一端が窺える(※以下より、画像にて紹介。順不同)

アウディ ジャパン株式会社
©2020 AUDI AG. All rights reserved

株式会社三越伊勢丹ホールディングス
©2020 ISETAN MITSUKOSHI HOLDINGS

次ページ:
Vケットの運営と技術的な課題

特集