>   >  オートデスク最新バージョンを斬る(1)Autodesk Maya 2012
オートデスク最新バージョンを斬る(1)<br/>Autodesk Maya 2012

オートデスク最新バージョンを斬る(1)
Autodesk Maya 2012

[PR]

Autodesk Maya 2012の実力を検証。スイート製品間の連携を強化した上で、搭載された新機能の数々は、高い生産性と作業の効率化をもたらすだろう。主要な新機能を中心に見ていこう。

※本記事は、月刊CGWORLD 154号(2011年6月号)に掲載した記事を転載したものです

ワークフローの統一と作業の効率化

前バージョン 2011 が非常にトピック盛り沢山のアップグレードであった Autodesk Maya(以下、Maya )だが、バージョン 2012 もそれに劣らず多くの改良が施された、というのが第一印象である。強化の代表例としては、Viewport 2.0シーケンサ の機能強化、ノードベースのレンダーパス編集可能なモーション軌跡Substance プロシージャル テクスチャNVIDIA PhysX エンジンによる新しいシミュレーションオプションなどが挙げられる。
アニメーション関連の機能向上がここまで充実したのは稀なことだろう。中でも非常に便利で、面白いのがモーション軌跡だ。詳細は後述するが、Viewport 2.0上でモーションの軌跡の編集を行えるというもの。シーン内で軌跡のカーブを感覚ではなく、視覚的に把握し、制御できるというのはアニメーション作成時に大きな利点だ。また、グラフエディタの改良も行われているが、精度の高い接線を自動で作成して Auto Tangent や、特定の領域のキーをスケールや移動で編集できる Region Keys Tool は作業の効率化に繋がる。なお、同時に同社製品間での相互運用の強化も行われている。ツールセットの機能性や用語の統一などに加え、HumanIK のインターフェイスも改良され、ソルバの統一によって一貫したワークフローが採れるになった。
他の機能群に目を向けると、特に注目なのがノードベースのレンダーパスの実装だ。シェーディングネットワークを組んでいくのと同じ感覚でレンダリング結果の調整ができるようになっており、mental ray でダイレクトに合成結果をレンダリングも行える。また、NVIDIA PhysX を使用するシミュレーションオプションも有効な機能だ。GPU を利用したリアルタイム性は高い生産性に繋がることだろう。それでは強化ポイントをそれぞれ試していこう。

Point 1:Viewport 2.0

前バージョンで搭載されたViewport 2.0 がさらに進化し、フルスクリーンエフェクトにも対応するようになった。アンビエントオクルージョン、モーションブラー、被写界深度などをリアルタイムの表示できるため、わざわざレダリングして確認する手間が省ける(ただしオクルージョンは、今のところ荒い)。また、Viewport 2.0 の表示要素と、プレイブラストに現れる表示要素を別々に指定できるようになっているのが、非常にありがたい。ちなみに、デフォルトビューワーでもデプスマップシャドウは反映されるようになっている。

Viewport 2.0

<A>Default Quality Rendering(今までの通常のViewport 2.0)でもレイトレースの落ち影の描画が可能に。[ Viewport 2.0 → Lighting → Shadows ]にチェックを入れる。<B><C>Viewport 2.0は、[Viewport → Renderer → Viewport2.0 ]から設定可能。アンビエントオクルージョン、バンプマップ、被写界深度、シャドウ、モーションブラー、アンチアイリアシング、ガンマコレクションなど、個別に指定できる

Viewport 2.0:ノーマル

ノーマルのプレビュー

Viewport 2.0:AO

同アンビエントオクルージョン

Viewport 2.0:AO(ライトなし)

同アンビエントオクルージョン(ライトなし)

Viewport 2.0:バンプマップ

同バンプマップ

Viewport 2.0:モーションブラー

Eモーションブラー

Viewport 2.0:被写界深度

被写界深度

特集