>   >  「熱狂を得るために"そこそこ良い"ではなく、"ズバ抜けた"ものを追求する」~スクウェア・エニックス探訪(3)プランナー編~
「熱狂を得るために

「熱狂を得るために"そこそこ良い"ではなく、"ズバ抜けた"ものを追求する」~スクウェア・エニックス探訪(3)プランナー編~

[PR]

株式会社スクウェア・エニックス。誰もが知っているビッグタイトルを続々と世に送り出している同社の大阪支社が、『スクウェア・エニックス×イマジカデジタルスケープ 共同募集プロジェクト』として、デザイナー・プログラマー・プランナーを募集している。今回、スクウェア・エニックス大阪支社で活躍する各職種のスタッフに、職場の雰囲気や魅力を語ってもらうことができたので、彼らの素顔と共に全3回の連載でお届けしよう。


最終回となるインタビューでは、マネージャー/ディレクターの安江 泰氏が、スクウェア・エニックス大阪支社のプランナー職の内容や実務について語ってくれた。一口にプランナーといってもスクウェア・エニックスにおいては様々なポジションがあり、業務も非常に幅が広いと安江氏はいう。

<1>"企画"とは最後まで責任を持って作り上げること

――肩書きはマネージャー/ディレクターとなっていますが、プランナーとしても活躍されているんですね。

安江 泰氏(以下、安江):そうなんです。入社以来16年間企画のお仕事をベースにゲーム開発に携わってきました。現在は主にリアルタイムのゲームプレイの企画をしています。

――今回募集するスクウェア・エニックスのプランナー職について教えてください。

安江:弊社は企画の幅がとても広いんですよ。今回募集するプランナー職でいうと、「レベルデザイナー」といってひとつのワールドのコンセプトや遊び方の流れを企画し、ステージのルートや形状を3DツールやUnreal Engine 4(以下、UE4)で作るお仕事だったり、「バトルプランナー」といって敵キャラクターやプレイヤのアクションを企画し、AIやパラメーターを設定するお仕事だったり。その他、カットシーンやゲームプレイの演出を絵コンテで決め、UE4を使ってカメラやキャラクターの動きを設定するお仕事や、様々なミニゲームの企画をする仕事があります。

――プランナーだけど3DツールやUE4を使ったお仕事をすることもあるんですね!

安江:そうですね、そこが弊社の特色でもあるのですが、企画書を書いたりアイデアを提案するだけではないんです。バトル部分のプランナーを例にすると、敵キャラクターやボスキャラクターのコンセプトを考えてアートの依頼をして、UE4を使って敵のAIを自分で実際に設定してデータを作っていくというクリエイター的な側面があります。

――プランナーだけど、同時に実際に手を動かすクリエイターでもあるというわけですね。

安江:コンセプト部分だけで終わるのではなく、最後まで責任を持って作り上げるということが弊社のいう"企画"なんです。コンセプトを考えて実際に実装しつつ、自分が企画している要素のスケジューリングや進捗を管理する「みんなを引っ張っていく調整役」的なマネージメントの仕事もあわせてこなしていく仕事ですね。

スクウェア・エニックス 安江 泰氏

――広い範囲でお仕事が出来るのは魅力的ですね。企画書を提案するときに重要視しているところはどんなところですか?

安江:当然ですが、独創的なアイデアやユーザーに喜んでもらえる"ユーザー目線"の企画はとても大事ですね。中でも「心に突き刺さる驚きがあるか」という部分がポイントになるかと思います。さらに、技術的な裏付けやスケジュール、人員を意識した上で企画書を書かないと実際にかたちにすることができないので、そういう所もちゃんと考えられているかという部分も大切ですね。

――理想と現実をちゃんと見ることができなければならないというわけですね。

安江:理想は絶対に持っていなければならないですね!ちゃんと夢を持った上で、ユーザー目線でユーザーの感動を呼び起こす、驚かせる、期待を上回るものを提案しなければなりませんからね。

▶︎次ページ:
想像を超えた作品を生むためには?

INFORMATION

  • 株式会社スクウェア・エニックス

    株式会社スクウェア・エニックスは「最高の物語を提供する事で世界中の人々の幸福に貢献する」ことを企業理念とし、上質のコンテンツ、サービス、商品をお届けし、お客様ご自身に素晴らしい物語、すなわち思い出を作っていただくことで、皆様のかけがえのない幸福のお手伝いができればと願っているクリエイターが集結しています。
    www.jp.square-enix.com/

JOB INFORMATION

  • スクウェア・エニックスは、イマジカデジタルスケープとの共同募集プロジェクトを実施中です。最新ハード向けに開発中の大人気RPGのプロジェクトで新しいメンバーを募集します!

    【募集職種】
    ・デザイナー
    ・プログラマー
    ・プランナー

    ●求人内容/応募はこちら●
    www.dsp.co.jp/know-how/jobchange-lab/square-enix.html

Profileプロフィール

安江 泰/Tai Yasue

安江 泰/Tai Yasue

カナダ、バンクーバー出身。
『ファイナルファンタシーVII』に感銘を受け、慶応義塾大学卒業後、株式会社スクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)に入社。

『ベイグラントストーリー』、『テトラマスター』、『武蔵伝II』、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』、『キングダム ハーツ 3D』のマップやバトル、ゲームシステム、ミニゲームの企画を行なってきた。

現在は『キングダム ハーツIII』の企画や開発マネージメントを担当。

『スクウェア・エニックス×イマジカデジタルスケープ 共同募集プロジェクト』
www.dsp.co.jp/know-how/jobchange-lab/square-enix.html

株式会社スクウェア・エニックス
www.jp.square-enix.com

スペシャルインタビュー

  • 三木陽子/Yoko Miki

    三木陽子/Yoko Miki

    映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~

    映画『君の名は。』(2016)から3年。 今夏、新海 誠監督待望の最新作『天気の子』が公開された。 「新海ワールド」の特徴でもある、美しい色彩で描き出される作品世界は、本作でさらに磨きがかけられている。 そんな観る者すべての心を掴む「新海ワールド」の秘密を暴くべく、メインスタッフへのインタビューを敢行。 全3回に亘って、本作を支えた凄腕クリエイターたちの本音をお届けしていく。 第1回となる今回はは、「色彩設計」にフォーカス。 "色"を組み立てるという作品の根幹に関わる工程だけに、困難も少なくなかったようだが......。 クリエイターにしか語れない、苦悩の舞台裏に迫る。