>   >  実写のダイナミズムをVFXで高める。前人未踏の表現に挑んだ、NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
実写のダイナミズムをVFXで高める。前人未踏の表現に挑んだ、NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

実写のダイナミズムをVFXで高める。前人未踏の表現に挑んだ、NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

2016年1月10日(日)より放送が始まったNHK大河ドラマ『真田丸』。初回の視聴率は19.9%と、過去2年を上回る好調なスタートをかざった本作では、王道の戦国時代を舞台としながらも、"新たな試み"が随所に凝らされている。その典型が、ここに紹介するタイトルバックだろう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 212(2016年4月号)からの転載記事になります

TEXT_須知信行(寿像) / Suchi Nobuyuki(JUZOU STUDIO
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



原点回帰をしつつ新たな難関へ果敢に挑む

今年のNHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバックのコンセプトは、ずばり「実写への回帰」。近年は3DCG主体のものが続いたが、真田信繁の生きた乱世の時代を描く上では、日本各地の秘境や史跡における実写ロケが効果的と考えたと、タイトルバック制作のクリエイティブ・ディレクターを務めた佃 尚能氏(NHK)はふり返る。しかし、戦国時代ならではのスペクタクルを実写だけで表現するのは困難であるため、実写の力をVFXでさらに高めるというアプローチが採られた。そこで日頃からNHKとタッグを組んでもらえる先進的な外部パートナーの開拓に励んでいるという佃氏が白羽の矢を立てたのが、新宮良平氏(EPOCH)と彼が率いるVFXチームLili。「実写+CGという手法で、今カッコイイ映像をつくっているのは誰だろう? と探していく中で新宮さんたちの画づくりに感銘を受けたのです。今回は企画&全体のディレクションを佃が行い、新宮さんのチームには映像演出ならびにVFXワークに専念していただきました」(佃氏)。

5分でわかる『真田丸』 ~第1回「船出」~

ビジュアルのソースとしては、異能の左官職人・挾土秀平氏による題字をはじめとした重厚な土壁や日本の実景でありながらも海外のファッション映像的なルックが志向された。そこでNYのアートシーンで活動していたキャリアをもつ、正田真弘氏(D-CORD)がキャメラマンとして参加。こうして佃氏をはじめ中核スタッフはいずれも20~30代という若い力によって、これまでになかったタイトルバックの実現という挑戦が始まった。「1年を通じて放送される大河ドラマでは、いつも戦場が舞台として描かれるわけではありませんし、今回は脚本が三谷幸喜さんということでコメディタッチのシーンも登場します。その意味でも、毎回の始まりにスペクタクルあふれるタイトルバックが流れることによって、ごく自然に作品世界へ入り込んでもらおうというねらいもありました」(佃氏)。

NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

左から、真吾氏(Lili)、新宮良平氏(ディレクター、EPOCH/ Lili)、田崎陽太氏(Khaki)、佃 尚能氏(クリエイティブ・ディレクター、NHK)、荒牧大貴氏(Lili)

epoch-inc.jp/works/sanadamaru


<Topic 1>プリプロダクション

難航を極めた屋外ロケ

本プロジェクトを時系列でふり返る。まずは2015年の初夏、佃氏が新宮氏へオファーしたという。そして佃氏が作成した企画コンテを叩き台として、撮影プランや具体的な映像化の手法が詰められていった。「佃さんから提供されたコンテが非常に詳細で、どんなビジュアルを描きたいのかが明確だったので自分としてはやりやすかったですね」(新宮氏)。実写の収録について、メインカメラにはALEXAを、ドローンにはRED EPICを採用して4K解像度RAWの60~120fpsで収録された。8月下旬に都内スタジオにて挾土氏が作成した題字などの土壁素材の収録をかわきりに、9月中のクランクアップを予定していたそうだが、屋外ロケが難航を極めたという。「そもそもロケ地自体に秘境が多く、気軽に行けないという問題があったのですが、さらに美ヶ原高原(長野県松本市)のような高地では実際に登ってみないと雲海が撮れるかわからず、最終的に5回も登頂する羽目になりました(苦笑)」(佃氏)。
最終的に全ての実写素材がそろったのが11月に入ってからのこと。前述のとおり、本作のコンセプトは「実写+CGで創り出すスペクタクル」のため、実写プレートが届かないことにはVFX作業を進めることができない。「本作は、3分ちょうどの尺が38カットで構成されています。中盤に登場する架空の城内を再現したシーン(スタジオ収録)を除き、約7割のカットには何らかのかたちで3DCGが絡んだためテイルヘビー極まりましたね(苦笑)」(新宮氏)。一連のVFXワークは、Liliの荒牧大貴氏と真吾氏、そしてKhakiの田崎陽太氏の3人でやりきったというから驚かされる。「企画当初から難易度の高いVFXが求められることがわかっていたので、かなり早いタイミングで田崎さんをつかまえておきました(笑)」(新宮氏)。実写素材のロトスコープは、AfterEffects(以下、AE)のPrimatte Keyerによるキーイングと手作業が中心、カメラのマッチムーブにはSynthEyesを、スタビライズはAEの標準機能で基本的には対応したとのこと。現在はディレクターとして活躍する新宮氏だが、もともとはデジタルアーティストということで最終的なコンポジットワークは自ら行なったという(新宮氏の強みのひとつだろう)。また、最終的にカラーグレーディングが行われるため、VFX作業時は仮のLUTを配布し、なるべく最終の見え方に近い状態で作業を進めたそうだ(フルHD解像度の16bit DPXフォーマットで納品)。

1−1.企画コンテ

  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

佃氏が作成した企画コンテの例、イメージボードをベースに構成されている。<A>昨年8月25日(火)に行われた技術打ちの資料として用意されたもの/<B>クライマックスの軍勢シークエンスの企画コンテ

1−2.イメージボード

  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

プリプロ段階で描かれたイメージボードの例

1−3.撮影プランの検証

  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

クライマックスに登場する実写の騎馬カットの撮影プランをまとめた資料と、ロケ収録時の様子

NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック
  • NHK大河ドラマ『真田丸』タイトルバック

中盤に登場する挾土秀平氏が作成した4種類の土壁をスタジオ収録するにあたっては、カメラワークの速度や距離感を事前に検証するためのプリビズが作成された

次ページ:
Topic2:題字に対する破壊エフェクト

Profileプロフィール

NHK<br />EPOCH & Lili<br />Khaki

NHK
EPOCH & Lili
Khaki

左から、真吾氏(Lili)、新宮良平氏(ディレクター、EPOCH/ Lili)、田崎陽太氏(Khaki)、佃 尚能氏(クリエイティブ・ディレクター、NHK)、荒牧大貴氏(Lili)
epoch-inc.jp/works/sanadamaru

NHKアート/NHK ART

NHKアート/NHK ART

左から、小田島佑樹CGアーティスト、寺部 晶アートディレクター、山本綾子CGアーティスト、杉浦陵士CGアーティスト、小池葉子エグゼクティブプロデューサー、番井みさ子CGアーティスト、以上NHKアート。
www.nhk-art.co.jp

スペシャルインタビュー