>   >  劇団☆新感線の舞台を"映画として"楽しませる。「ゲキ×シネ」プロデューサー・金沢尚信
劇団☆新感線の舞台を"映画として"楽しませる。「ゲキ×シネ」プロデューサー・金沢尚信

劇団☆新感線の舞台を"映画として"楽しませる。「ゲキ×シネ」プロデューサー・金沢尚信

いまや日本で最もチケットが取れない劇団のひとつである、劇団☆新感線の舞台をシアターで観る「ゲキ×シネ」。それは単なる演劇中継ではなく、カメラワークや音響効果も相まって、シアターでかかる映画作品と変わらぬエンターテイメントを届けてくれる。新作ばかりではなく、現在も「ゲキ×シネ TIME」として全国各地で公開中の一連のシリーズは、アーカイブがなかなか難しい演劇という文化を過去から未来にかけて伝えていく役割を果たしている。これら「ゲキ×シネ」を起ち上げたプロデューサーの金沢尚信氏(ヴィレッヂ)にプロジェクトの成り立ちから制作の変遷を伺うと、エンターテインメントプロデュースにおける示唆に富んだ様々な話が飛び出した。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hidume、沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

観劇人口を増やす入り口づくりとしての「ゲキ×シネ」

ーーまず「ゲキ×シネ」のプロジェクトはどのようにして始められたのでしょうか?

金沢尚信「ゲキ×シネ」プロデューサー(以下、金沢):僕がヴィレッヂに入社した頃は映像ソフトがVHSからDVDに移行するタイミングで、当社でも舞台を記録した映像を販売していました。ただ観たこともない舞台の映像ソフトをいきなり買おうとする人はまずいないわけです。それも含め、僕は当時の演劇の市場に狭苦しさを感じていました。例えば小中学校は学校の演劇教室で、大学に入ると劇研の友達からチケットをもらって、あまり完成度が高くない作品を見せられて「面白くないからもう芝居はいいや」というパターン、よく聞きますよね(笑)。イギリスでもアメリカでもアートやテクニックを体系的に勉強できる養成機関があって、そこでは歌も演技も発声もきちんとプロフェッショナルの下で学ぶことができるんです。しかし日本だと何となく演劇を始めることが多く、本当に面白いものをライブで観る前に演劇から離れていってしまう人が大半なわけです。これでは演劇界に広がりがないと思い、映画館で舞台の疑似体験をしていただき、それをきっかけに劇場のライブに来ていただくために「ゲキ×シネ」を始めました。

  • 金沢尚信/Takanobu Kanazawa
    1969年生まれ。2001年、「映像単体で楽しむことができる演劇の映像」というコンセプトのもと、E!oshibai(イーオシバイ)のブランドを設立。劇団☆新感線を中心とした演劇の映像制作を、現在までに30作品以上手がけている。また、映画館でのこれらの作品の上映を目指した"ゲキ×シネ"企画を2003年にスタート。デジタルシネマの規格に対応した映像制作にいち早く取り組み、ゲキ×シネ全作品のプロデューサーを務める。

ーーたしかに映画であれば名画を後追いすることはできますが、芝居は公演が終わるとアーカイブがなくなってしまいますので、名作に触れるチャンスが少ないです。とはいえ、おっしゃるようにいきなり映像ソフトを買うのもハードルが高いです。

金沢:そうなんですよ。ロンドンでもニューヨークでも良いんですけど、面白いのを観たら心変わりするはずなんです。でもその経験をする前に「演劇は面白くない」という先入観が植えつけられてしまっているのを変えたくて。あまり興味がない人が限られた公演日をめがけてチケットを買うというのは、よほどのモチベーションがなければ難しいです。でも映画館であれば敷居を下げることができるのではないかと思いました。当時は舞台の映像といっても、ひたすら引きの画で撮られて俯瞰的で面白みがなかったので、映像を撮るところから預かって、テストを経て『髑髏城の七人~アカドクロ』(2004)から映画館での公開がスタートさせました。

GEKIxCINE Official ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アカドクロ』予告

ーー映画館側からの反応はいかがでしたか?

金沢:外に持っていく以前に、まず社内がおおむね反対でした(笑)。「そんなのお客さんはいらないでしょ」と。例えばロンドンやニューヨークで公演を行なっているステージは映像化されていません。それはなぜかというと、人気のある演目はずっとロングラン公演していて、それを映像化すると集客が減るという考えがあるからなんです。そこでまず「ゲキ×シネ」をつくるにあたって、舞台の映像化および興行のイメージについて関わる人間の間で共有する必要がありました。ただ、持っていった先の映画館側は最初からウェルカムで。というのも、当時はデジタルプロジェクターを入れ始めた頃だったのですが、配給はまだフィルムという時代でしたので、デジタルでかけるものを探していたんです。ですので、デジタルプロジェクターがあるところではかけていただきやすかったですね。逆に言うと、デジタルの設備がないところではかけてもらえないわけで、その意味では大変だったとも言えますね。

ーー今や劇団☆新感線は、最もチケットが取れない劇団のひとつに数えられるほどの人気ですが、「ゲキ×シネ」を始められた頃の知名度はいかがでしたか?

金沢:当時、『アカドクロ』は新宿厚生年金会館を満席にしましたが、今ほど爆発的ではなかったと思います。この頃からぐぐっと集客が上がってきました。

ーー「ゲキ×シネ」のファーストランを終えての手応えはどうでしたか?

金沢:観たお客さんの満足度はすごく高かったのですが、どこにも属さない新しいジャンルでしたので、定着までは10年ぐらいかかるだろうなと思いました。未だに思い出すのは、丸の内東映でフラッと映画を見にきた男性が「何だこれ? 面白いのか?」と言いつつもご覧になってくれて、出てきたときに「すごく面白かったよ」と言ってくれたんです。「ゲキ×シネ」を目がけてきたのではなく、映画を観るつもりで来たお客さんがこういった反応を示してくれたことには手応えを感じました。ふだんから舞台を観ている人から叱咤のご意見もありましたが、それ以外のお客さんからは総じて面白いと言ってくれたのでそれは励みになりましたね。あと、初期の頃は映画館で試写をする際に映写スタッフの人が面白いと言って下さったり、映画館のアルバイトの人も広めてくださったりと映画館側の人がずいぶん味方についてくれたのがすごく助かりました。技術スタッフからのフィードバックも制作に反映することができました。

ーー演目の中で「ゲキ×シネ」にする作品はどのようにして選ばれたのでしょうか?

金沢:映画館で観たときに映える作品をセレクトしました。例えば静かな二人芝居を映画館で2時間見せるというのは難しいですから。あとは音楽が映える作品は反応が良いですね。近年でいうと『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』(2010)は非常にヒットしましたし、『SHIROH』(2004)は上映すると現在でも多くの方に観ていただけています。

ーー「ゲキ×シネ」の上映規模が広がったタイミングはいつになりますか?

金沢『薔薇とサムライ』(2011)あたりですね。この頃は『アバター』(2009)の上映フォーマットが3Dデジタルシネマでしたので、その影響でデジタル対応の劇場が一気に拡大したタイミングでした。その後は他の映画もデジタルでの配給が爆発的に増えてきたので、これまではデジタルだからかけてもらいやすかった「ゲキ×シネ」が全ての映画とスクリーンを競合する立場になります。最近は映画館側も春・夏・冬と大作興行が忙しいので、その合間を縫うようにブッキングをしているという状況です。ただ、「ゲキ×シネ」の特長として、一般的な映画とちがって公開初週以降も席の販売数があまり落ちないんです。むしろ翌週以降じわりじわりと上がっていくことすらあります。それは堺雅人さんのブレイクで『蛮幽鬼』(2010)が再びヒットしたりと、時差を置いての盛り上がりというケースもありますし、映画同様に古い作品でも名作はまた観たいというお客さんの欲求というのもあるのではないかと考えられます。

ーーご覧になるお客さんの属性において「ゲキ×シネ」ならではの傾向は何か見られますか?

金沢:そもそも舞台を観に来られるお客さんは8~9割が女性で、その多くは30代から40代の方なのですが、「ゲキ×シネ」になると、10代の学生さんから70代のご夫婦まで大きく幅が広がるのが特徴と言えます。さらに舞台を観ずに「ゲキ×シネ」で初めて劇団☆新感線を観たという方も増えてきて、お客さんの層の変化を感じます。

ーー地域的な広がりはいかがでしたか?

金沢:公演は東京・大阪が中心なのですが、広島や鹿児島といったT-JOYのシアターは初期からデジタルを導入してくれたこともあり、そこには「ゲキ×シネ」の固定客がいらっしゃいます。あとは劇団☆新感線が公演を行なっていない地域でも根強いファンの方がいてくださって、それは当初の目的が浸透しているようで嬉しいですね。

▶次ページ:
映像を活かすも殺すも音次第だとハリウッドで気づかされた

Profileプロフィール

金沢尚信/Takanobu Kanazawa

金沢尚信/Takanobu Kanazawa

株式会社ヴィレッヂ 取締役、『ゲキ×シネ』プロデューサー。1969年生まれ。2001年、「映像単体で楽しむことができる演劇の映像」というコンセプトのもと、E!oshibai(イーオシバイ)のブランドを設立。劇団☆新感線を中心とした演劇の映像制作を、現在までに30作品以上手がけている。また、映画館でのこれらの作品の上映を目指した"ゲキ×シネ"企画を2003年にスタート。デジタルシネマの規格に対応した映像制作にいち早く取り組み、ゲキ×シネ全作品のプロデューサーを務める。
www.geki-cine.jp

スペシャルインタビュー