>   >  小田急の車輌をひたすら描いていた少年が、コンセプトアートの道を見出すまで〜INEI代表・富安 健一郎が語る人生の光と陰(前篇)
小田急の車輌をひたすら描いていた少年が、コンセプトアートの道を見出すまで〜INEI代表・富安 健一郎が語る人生の光と陰(前篇)

小田急の車輌をひたすら描いていた少年が、コンセプトアートの道を見出すまで〜INEI代表・富安 健一郎が語る人生の光と陰(前篇)

『ドラゴンクエストX』(2012)、『メタルギア ライジング リベンジェンス』(2013)、映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』(2013)etc......、数々のメジャータイトルに携わってきた株式会社INEI代表・富安健一郎氏。日本を代表するコンセプトアーティストのひとりとして活躍する傍ら、ミートアップの場となる「CONCEPT ART NITE」の開催などにも力を入れている。また最近は、エンターテインメント作品以外にも宇宙開発や都市開発などのコンセプトメイキングまで幅広く手がけているという。

7月31日(水)に開催されるCGWORLD +ONE Knowledge「世界で戦うトップクリエイターの失敗から学ぶ本気のコンセプトアート論!」を前に、富安氏のこれまでの道のりとコンセプトアートの魅力と奥深さについて話を聞いた。がっしりと大きな身体でニコニコと愛嬌たっぷりに話してくれる富安氏。コンセプトアートに対する熱意と自身の道を追求するパワフルさとは裏腹に、ちょっと女性に弱い(?)一面も垣間見え、その見事なギャップにすっかり魅了されてしまった。それでは、前後編に分けてたっぷりとお届けしよう。

TEXT_UNIKO(@UNIKO_LITTLE
EDIT_UNIKO、小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、UNIKO

世界で戦うトップクリエイターの失敗から学ぶ
本気のコンセプトアート論!
(CGWORLD +ONE Knowledge)
詳細はこちら

紆余曲折と自問自答を経てたどり着いた
「コンセプトアートで生きる」道

CGWORLD(以下、CGW):数々の有名タイトルや映像作品でコンセプトアートを手がけられる傍ら、「CONCEPT ART NITE」といったミートアップイベントも積極的に開催されていらっしゃいますね。富安さんの活動を見ていると、絵を描くことと絵を描く人が本当に好きなんだなと感じます。そもそも、富安さんが絵に興味をもたれたきっかけはどのようなものだったんですか?

富安健一郎氏(以下、富安):幼少期は小田急沿線に住んでいて、幼稚園くらいの頃から、小田急の電車を色々な角度から描いていました。何でも絵に描いていたけど、記憶に残っているのはアイボリーの車体に青いラインが入った小田急の車輌ばかり。車輌の上側はツルっとして光が当たっているけど、電車の下側には機械とか車輪とかごちゃごちゃしているじゃないですか。何だかその感じがすごく気に入っていて、それって光と陰の関係において重要な部分だったからなのかなぁと、大人になって何となく思ったりしました(笑)。


  • 富安健一郎/Kenichiro Tomiyasu
    株式会社INEI
    コンセプトアーティスト

    ゲーム会社のデザイナー、フリーランスのアーティストなどを経て、2011年にコンセプトアートのスペシャリスト集団である株式会社INEIを発足。現在は同社代表を務めつつ、映画、ゲーム、CMなどのエンターテインメントコンテンツ、都市計画、大型施設などのコンセプトアートを手がけている
    ineistudio.com

CGW:幼少時代にすでに光と陰の魅力に惹かれていたんですね。やはり見ているところがどこか他人とはちがったのでしょうか?

富安:それが全然そうでもなくて、絵を描くと褒めてもらえるものだから「いい気」になって描いていたんですよ。今でもよく覚えているんですが、幼稚園に若い女の先生がいて、この先生がいつも絵をべた褒めしてくれたものだから、もうめちゃくちゃ調子に乗ってしまって(笑)。それで、すっかり絵を描くことが楽しくなったんですよね。工作も好きで、先生の推薦で市の展覧会に出してもらったときの「気持ち良い感覚」とか、絵を描いたり作ったりすることが完全に好きなエリアに入ってしまったんですよね。


幼稚園の頃に描いたアルバムの表紙。運動場を真上からみた構図が斬新


自信作の「動く三毛猫」(写真中央)と幼少期の富安氏。現在のアーティスト仲間に「幼稚園児にしてアーティストの顔をしている」と言われるほど堂々としたいでたちだ

CGW:なるほど(笑)。それ以来、今日までまっすぐに絵の道を進んできたんですか?

富安:いやいや、けっこう紆余曲折があって(笑)。確かに、小学生の頃まではクラスに1人はいる「絵が上手い子」として小田急の絵を描きまくっていました。中学生になったある日、教科書の表紙に『機動戦士ガンダム』の大作を描いていたんですが、いわゆる初恋の人が隣の席に座って、僕が描いている大作を「クスッ」と笑った気がしたんですよ。それがもうショックで(笑)。

以来、高校3年生になって美大に進学することを決めるまで1日も絵を描くことはありませんでした。ナイーブな少年だったんですよね(笑)。彼女は多分、バカにして笑ったわけではないと思うんだけど、僕にとってはすごく恥ずかしい出来事で、それまで毎晩のように絵を描いていたのにピタッと描かなくなったんです。

CGW:相当ショックだったんでしょうね(笑)。しかし、最終的には美大を目指されたんですね。

富安:将来はプロレスラーか料理人になろうと考えていました。高2まではラグビー部だったし、プロレスが好きでリング設営のバイトをしたこともあり、また、料理も好きだったので。でも、プロレスラーは練習がハードで中には死んでしまう人もいると聞いて「そこまでの根性はないな」と。料理人に関しては今でもなりたいと思っているんですが、そんな感じで悩みながら歩いていたんですよ。

そうしたら、ふと幼稚園の先生に褒められたことを思い出したり、中学時代にまだ絵を描いていた頃、プラモデルが好きで読んでいた「ホビージャパン」で『スター・ウォーズ』のことを知って、よく通っていた古本屋さんでシド・ミードの本に出会って感動したことなんかを思い出したんですよね。「そういえば絵を描くことがすごく好きだったな」という気持ちが蘇ってきて、ひとつひとつは小さいけれどそういうちょっとした気持ちの積み重ねで「絵の道もあるな」と思ったんです。

で、友人に話したら知り合いに美大予備校で教えている美大生がいるということで紹介してもらったら、これまた美人なお姉さんで。もうすっかり「美大最高!」となりました(笑)。

CGW:モチベーションって案外そういうものかもしれませんね。私にも覚えがあります(笑)。

富安:ですよね(笑)。結構そんなもんだったりするんですよね。


CGW:ということは、美大を目指した時点では「コンセプトアートがやりたい」という明確な目標があったわけではなかったんですね。

富安:受験するときは何となく「デザインが好き」というくらいの気持ちでしたね。他の美大も受けたんですけどなんかピンと来なくて、2浪して武蔵野美術大学(以下、武蔵美)のインダストリアルデザインコースに入学しました。大学選びの決め手となったのは、シド・ミードがインダストリアルデザイナーとしてキャリアをスタートさせていたということと、静物デッサンと平面構成という試験内容が自分に合っていたことが大きかったです。

それよりも印象に残っているのは浪人時代のことで、これまででも一番勉強した時期だったと思います。本当に毎晩のように友人と美術やデッサンの話をしていました。あと、その場で即興で絵を描いて、テーブルトークRPGを自分たちで作って遊んでいましたね。そういう時間は大事で、勉強しているときも遊んでいるかのようでした。

CGW:武蔵美での大学生活はどんな感じでしたか?

富安:前半の2年間は金属を扱ったり陶芸したり、椅子を作ったりと色々制作ができたんですが、後半の2年間は僕が想像していたインダストリアルデザインの授業ではなく「設計」に近い領域で、そこまで燃えるものがないままに月日が過ぎていきました。それで、いよいよ卒業制作に差しかかったとき、「宇宙船を作りたい」と思い立ち、5mくらいの宇宙船を鉄や木や石膏などのいろんな素材で作ったんですよ。


大学3年生のときに制作した課題「遊具」


同じく大学3年生のときに制作した課題「電話」

富安:制作の背景には「惑星をもう1個作る」というコンセプトアートっぽいストーリーがちゃんとあって、各惑星のシーンをスケッチでたくさん描いていました。でも、「工業デザインっぽくない」という理由で、教授から強烈にダメ出しをくらってしまって(笑)。反省文を書いて、やっと卒業させてもらいました。


卒業制作で作りあげた全長5mの宇宙船

次ページ:
富安氏の本気に火をつけた親友の言葉
「ごめん、Tommyはもっと描けると思ってた」

Profileプロフィール

富安健一郎/Kenichiro Tomiyasu(INEI)

富安健一郎/Kenichiro Tomiyasu(INEI)

ゲーム会社のデザイナー、フリーランスのアーティストなどを経て、2011年にコンセプトアートのスペシャリスト集団である株式会社INEIを発足。現在は同社代表を務めつつ、映画、ゲーム、CMなどのエンターテインメントコンテンツ、都市計画、大型施設などのコンセプトアートを手がけている

スペシャルインタビュー