>   >  もし水嶋ヒロが俳優を目指さなかったら......著名人をバーチャルヒューマン化『Lewis Hiro Newman』が目指すもの
もし水嶋ヒロが俳優を目指さなかったら......著名人をバーチャルヒューマン化『Lewis Hiro Newman』が目指すもの

もし水嶋ヒロが俳優を目指さなかったら......著名人をバーチャルヒューマン化『Lewis Hiro Newman』が目指すもの

フォトリアルなCGキャラクターがSNS上で情報を発信するバーチャルヒューマン。その中でも2019年10月11日から活動を開始した、「Lewis Hiro Newman」(ルイス・ヒロ・ニューマン)は、俳優・クリエイター・起業家として活躍する水嶋ヒロが取り得た「もうひとつの人生」を描くという、世界で初めての実在する人物のバーチャルヒューマン化プロジェクトだ(※1)。そんなLewisが誕生した経緯や制作体制、今後の展開などについて、企画•開発•マネジメントを手がける1SEC中核スタッフに聞いた。
※1:1SEC調べ

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



<1>著名人がモデルのバーチャルヒューマン第1号

ひとり(一体)のバーチャルヒューマンが世界を変えようとしている。

全身または頭部をフォトリアルな3DCGで描くことで架空のキャラクターとして活動するバーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)。2016年から活動を開始した『Lil Miquela』(リル・ミケーラ)をはじめとするバーチャルヒューマンは、次世代のインフルエンサーとして日本でも注目をあつめている。何気ない日常の生活風景に溶け込んだバーチャルヒューマンたちの活動は現在、InstagramやTwitter等のSNSへの投稿が中心だが、バーチャルモデル『imma』(イマ)のように広告やエンタメ等の商業分野での活動も着実に増えていくことだろう。

Miquelaやimmaが「バーチャルヒューマン1.0」だとしたら、2019年10月11日に登場した『Lewis Hiro Newman』(以下、Lewis)は「バーチャルヒューマン2.0」と言えるのかもしれない。実在の著名人である水嶋ヒロをモデルとしているからだ。そんなLewisを企画し、開発からマネジメントまでをワンストップで手がける1SECは、著名人をモデルとするバーチャルヒューマンは世界初だと胸を張る。



1SECの創業者であり、CEOを務める宮地洋州氏は、プロジェクトの起ち上げについて「友人の紹介で水嶋さんと出会い、雑談レベルからトントン拍子に話が進みました」と、ふり返る。



  • 宮地洋州/Hirokuni Miyaji
    1982年11月11日生まれ、長崎県出身。いくつかの起業を経て、2014年9月に「3ミニッツ」を創業。動画制作やファッション動画マガジン、D2Cブランド「eimy istoire」「ETRE TOKYO」事業などを展開。17年2月に同社を売却。2019年1月に米国ロサンゼルスと東京を拠点に1SEC(ワンセック)を創業。


Lewisのコンセプトは「If you had selected "Another Story" in your life?」(もし、今とは異なる人生を歩んでいたら?)。水嶋氏は20歳の頃、渡英するか俳優になるか迷っていた時期があったという。Lewisは当時、水嶋氏が選ばなかった「架空の人生」を生きる存在であり、アナザーストーリーというわけだ。

ここで、今回の1SECメンバーへのインタビュー向けに水嶋氏が寄せてくれたコメントを紹介しよう。

僕が人生の岐路に立った若かりし頃、選べなかったロンドンでの道を、Lewisが代わりに歩み始めた。
ロンドンの街並みに存在する彼を見る度に、何故だかノスタルジックな気持ちになる自分がいる。
彼の存在が濃くなるほどに、不思議な愛着と、我が子を応援する気持ちに似た感情が膨らんできていることに驚く。
彼がグローバルに活躍する姿を見る日が、楽しみで仕方ありません。

LewisのInstagram上では、すでに留学先のロンドンにおける生活の様子が投稿され、独自の人生を歩みはじめている。今後もファッション・アートなどのジャンルでグローバルな活動が予定されている。さらにLewisは年をとらず(意図的にエイジング加工を施さないかぎり20歳のままだ)、地理的・文化的な制約を受けることもない。その気になれば電脳空間上で永遠に生き続けることが可能な、時空を越えた存在だ。1SECとしては、今後、AI(人工知能)との融合によって、新たなクリエイティブコンテンツを生み出すことも視野に入れているそうだ。

Lewis Hiro Newman - Official Instagramより



本プロジェクトは1SECにとって、2人目のバーチャルヒューマンとなる。2019年4月から本格的にInstagram Storiesをスタートした『Liam Nikuro』(リアム・ニクロ)が第1弾であり、世界で2番目、日本初の男性バーチャルヒューマン(※2)であったことから、世界15ヶ国以上でニュースに取り上げられた。
※2:1SEC調べ

「Lewisは実在の著名人がモデルということもあり、テック系メディアの枠を越えて、幅広い媒体に取り上げていただけています。おかげさまで問い合わせも増えています」と、1SECのマーケティング戦略立案を担当する中村成寿氏。



  • 中村成寿/Narutoshi Nakamura
    1988年5月1日生まれ、北海道出身。広告代理店にてスマホアプリの新規事業開発担当を経て、マーケターとしてSHOWROOMほか、いくつかのサービスPR/プロモーション業務全般に従事。3ミニッツではグロースハック事業部長として、メディアのグロースを担当。VRイベントプラットフォームを運営するクラスターにCMO/新規事業開発部長として携わった後、1SECに参画。今年2月4日に、取締役 / Chief Business Officerへ就任した。


中村氏:世界中のセレブリティが、これってありなんだと気づいた感じです。自分のリアルなアバターを制作し、SNS上で情報を発信していくという活動は、今後さらに需要が増えていくと思います。

1SECでは、Lewisに続く新たな著名人バーチャルヒューマンプロジェクトを水面下で進めているという。近い将来、SNS上で複数の人生を生きる著名人を見かけることが、当たり前の時代になるかもしれない。



次ページ:
<2>フィニッシュワークを得意とする紅一点がビジュアルを支える

Profileプロフィール

宮地洋州、冨尾礼美、中村成寿/Hirokuni Miyaji、Ayami Tomio、Narutoshi Nakamura(1SEC)

宮地洋州、冨尾礼美、中村成寿/Hirokuni Miyaji、Ayami Tomio、Narutoshi Nakamura(1SEC)

左から、宮地洋州氏(Founder / CEO)、冨尾礼美氏(デジタルアーティスト)、中村成寿氏(取締役 / Chief Business Officer)。以上、1SEC

スペシャルインタビュー