>   >  業界3年目で独立。フリーランス3DCGデザイナー、鬼木拓実氏が実践する「独立を成功させる心構え」とは<独立篇>
業界3年目で独立。フリーランス3DCGデザイナー、鬼木拓実氏が実践する「独立を成功させる心構え」とは<独立篇>

業界3年目で独立。フリーランス3DCGデザイナー、鬼木拓実氏が実践する「独立を成功させる心構え」とは<独立篇>

ゲーム業界を軸に、フリーランスの3DCGデザイナーとして幅広く活躍する鬼木拓実氏。ゲーム業界3年目となる2017年にフリーランスとして独立。独立4年目を迎え、CG制作だけでなく専門学校の講師など活動の幅をさらに広げている。また、自身の経験を基にTwitterYouTubeブログなどで、クリエイターとしての心構えやフリーランス生活を送る上での秘訣を発信するなど、積極的な活動を続ける鬼木氏は「独立の秘訣は、ビジネス戦略的な目線で実践すること」と話す。若手CGクリエイターがフリーランスになる上で必要なこととは? 独立を成功させるために意識すべきことや、やるべきことを鬼木氏に聞いた。


構成_安田俊亮 / Syunsuke Yasuda
INTERVIEW&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


鬼木氏のチュートリアル動画

  • 実践的Substance Painter入門
    鬼木氏のチュートリアル動画。動画の前半はSubstancePainterを始めたい初心者ユーザー向けの機能解説を中心とし、後半は実践的なテクスチャ制作ワークフローを公開するチュートリアルです。

『実践的Substance Painter入門』
詳細・ご購入はこちら



キャリアは自主制作でコントロールする

CGWORLD(以下、CGW):フリーランスの3DCGアーティストとして独立されて今年で4年目とのことですが、とても精力的に活動されていらっしゃいますよね。鬼木さんが独立を決意された経緯をお聞かせください。

鬼木拓実氏(以下、鬼木):独立した理由はいくつかあるのですが、主には「収入をもっと上げたい」という思いが強かったからです。独立する前はゲームのCGをつくる会社に就職していたのですが、収入は手取りで月20万円に届かない程度だったので、生活は正直厳しい状態でした。そんなときに「フリーランスだともっと稼げるらしい」という情報が入ってきて(笑)。それで独立することにしました。

CGW:ゲーム業界に入って3年目で独立されたそうですね。3年目で独立するというのは、ゲーム業界では一般的なんでしょうか?

鬼木:3年目で独立は早い方ですね。当然多くの不安がありましたが、私と同等程度のスキルでフリーランスとして独立し、それなりに成功を収めている方々がSNSでいろいろと発信していて、「自分も大丈夫なんじゃないか」と(笑)。そういった、SNSでの情報発信に背中を押してもらった部分は大いにあります。それに、もし上手くいかなかったとしても再就職しやすい業界ですので、まずはやってみようと決心しました。

  • 鬼木拓実/Takumi Oniki

    フリーランス / 3DCGデザイナー

    Twitter:@oniking0719
    鬼木の3DCGフリーランスサバイバルブログ:www.onikitakumi.com

CGW:そういったフットワークの軽さは、独立するには必要かもしれませんね。SNSに流れるリアルな情報は、上手く付き合えば味方になってくれますよね。

鬼木:最近はSNSでの情報発信が充実していますし、若い人でもフリーランスになるケースが増えてきていると聞きます。私と同じように、SNSの情報に後押しされる方が多いのではないでしょうか。

CGW:Twitterの更新は鬼木さんの活動の中でも主軸を担っているように思えるのですが、意識的に活用されているのですか?

鬼木:はい。Twitterでの情報発信は、独立当初からWebマーケティングの一環として意識していました。まずはオリジナル作品の投稿をメインに行なって、CGクリエイターとしての実力や作風を知ってもらうよう心がけました。また、作品を掲載するだけではなく、これまでどういうことを手がけてきてどういうことができるか、といった経歴をプロフィール欄にしっかりと書くことも重要です。作品がリツイート・拡散されると、だいたいプロフィールは読まれますからね。プロフィール欄がしっかりと書かれていたら、依頼する方も声がかけやすいと思います。

CGW:SNSが営業&PRの場でもあるんですね。SNSで自己PRする際のポイントはありますか?

鬼木:作品画像がCGの仕事の入り口となり、プロフィール欄でさらに認知してもらう、といったイメージでつくると良いと思います。こうしておくと、Twitterがそのまま最新のポートフォリオとして使えるんですよ。クリエイター界隈の飲み会で自分のTwitterの話をして、実際にそのままお仕事をいただけたこともありました。

CGW:SNSを戦略的に活用して活動されているんですね。話が少し戻るのですが、独立後は順調にお仕事が入ってきていましたか?

鬼木:最初の3ヶ月はあまり上手くいっていませんでした。理由はふたつあって、ひとつは依頼された案件のレベルが自分のスキル以上のものだったこと。もうひとつは、仕事の依頼がそれで途切れてしまっていたことです。その案件は、最終的には何とか無事に納品することができたのですが、毎日ほとんど休みなしで取りかかっていました。

CGW:フリーランスだと、自分独りで乗り越えないといけませんからね。不安が大きかったのではないですか?

鬼木:はい。独立3ヶ月ですでに先のことを考え、念のために転職活動を並行して開始していたくらいです。結果的には、ありがたいことにそれ以降も新規の依頼をいただくことができたので転職をせずに済みました。新規依頼をいただいたのは、転職活動で面談の日程が決まっていよいよ気持ちを切り替えようかなという段階だったんですよ。フリーランスを諦めるもう本当にギリギリの間際です(笑)。その期間は色々な意味で追い込まれていて、かなり苦しみました。フリーランスならではの苦しみですが、経験から言うと、独立する際の「付きもの」として、ある程度苦しむ覚悟があった方が良いかもしれません。

CGW:スタート直後は何かと苦しいものかもしれませんね。「3DCGクリエイターとしての実力」という点で、独立するための最低ラインはどの程度だとお考えですか?

鬼木:最低限、最初から最後まで自分の力でつくり上げて、納品できるレベルの実力は必要かもしれませんね。何しろ、手伝ってくれる人がいませんから(笑)。先輩のサポートなしで納品できない程度のスキルだと、まだまだ実力を養う段階なのかなと思います。

CGW:独立後のスキルアップで意識されたことはありますか?

鬼木:仕事をこなすだけでもスキルアップにつながっているという実感はありますが、私がこだわっているのは自主制作した作品の発表です。特に、仕事ではあまり使わないツールや技術を中心に、普段の仕事の補足のようなイメージで制作するようにしています。自主制作で技術的な幅を広げておけば、より幅広い案件に対応できますからね。

そういった点で「発表の場」はとても大切です。スキル的に「自分はできる」と思っていても、他人に伝わっていないと意味がありません。自主制作では、その時点のスキルレベルを詰め込むことができるので、自分の市場価値をリアルタイムで伝えやすいんですよ。私の場合、ポートフォリオ更新のためにも年間2~3作品は発表するようにしています。

CGW:なるほど。日々実力を磨いてアップデートしたものを公開することで、実力だけではなく成長の過程を見せることもできますね。SNSの情報が常にフレッシュな状態なので、準備万端な営業ツールになってくれるし。

鬼木:そうなんですよ。でも、受注案件をこなしながら自主制作を発表し続けるって想像以上に大変で、実際、ほとんど誰もやっていないんですよね。仕事の合間の空き時間や、休日を使って取り組まないといけませんから。ただ、誰もやっていないからこそ、そこに力を入れると突き抜けることができるんです。

キャリアは自主制作でコントロールできるのではないでしょうか。私の場合は、CG制作が好きだからと言うより戦略的に自主制作をしていると言ったほうが正確なんですが、CGが好きでどんどんオリジナル作品を発表しているクリエイターの方の作品を見ると、本当に敵わないなと思います(笑)。好きでやっているのであれば最高ですよね。

▲鬼木氏の自主制作作品

CGW:しっかりと実力を磨きつつ、SNS経由でオファーをもらいやすいよう環境をつくっているわけですね。ほかにも、意識的にお仕事につながるアクションを起こされていますか?

鬼木:SNSをつくりこんでただ待っているわけではなく、営業もしっかりと行なっています。私の場合、いわゆる「人脈」がほとんどないので、自分で売り込みに行く感じです。そのため、どんな会社がどんなことをやっているかは常にチェックしていますよ。CGWORLDの求人情報ページ「CGWORLD.jp JOBS」は本当にありがたい存在です(笑)。

CGW:お役に立てて何よりです(笑)。でも、転職するために見ているわけではないですよね?

鬼木:はい。求人情報をざっと見て「良いな」と思う企業があったら、ホームページの問い合わせフォームからメールを送っています。人材が足りていないから募集をかけているわけですし、派遣会社を通すよりクリエイター本人から直接アプライをかけたほうがシンプルで、お互いにメリットがありますからね。直接連絡を取って受注案件として応募する、営業ツールみたいな感じです。また、募集をかけている企業はクリエイターを探しているので、話を聞いてもらいやすいようにも思います。ということで、募集要項や中途採用の新着情報をチェックしておくのはオススメです。

CGW:CGWORLD.jp JOBSの意外な活用法ですね! 感心してしまいました(笑)!

▲CGWORLD.jpの求人情報ページ「JOBS」が営業ツールに!?



次ページ:
報酬の交渉はあえて「面の皮を厚く」

Profileプロフィール

鬼木拓実/Takumi Oniki

鬼木拓実/Takumi Oniki

フリーランス / 3DCGデザイナー

Twitter:@oniking0719
鬼木の3DCGフリーランスサバイバルブログ:www.onikitakumi.com

スペシャルインタビュー