>   >  「WHO'S NEXT?」2021年第一弾の優勝者が語る3DCG制作の秘訣と「DAIV 5N」の実力とは?
「WHO'S NEXT?」2021年第一弾の優勝者が語る<br />3DCG制作の秘訣と「DAIV 5N」の実力とは?

「WHO'S NEXT?」2021年第一弾の優勝者が語る
3DCG制作の秘訣と「DAIV 5N」の実力とは?

[PR]

2021年3月に優秀賞が発表されたCGWORLD主催の学生CGトライアル「WHO'S NEXT?」2021年第1弾。「WHO'S NEXT?」2021年第1弾)。ハイレベルな作品がしのぎを削るなか、多くの審査員から高評価を受けた『THE SPARK : BLACK WOLF』が1位を獲得した。今回は、その作者にCG制作の学習法や作品づくりのポイントなどを聞くとともに、賞品であるマウスコンピューターのクリエイター向けノートPC 「DAIV 5N」の性能を検証してもらった。

● DAIV 5N

TEXT_近藤寿成(スプール)
EDIT_池田大樹 / Hiroki Ikeda(CGWORLD)

動画チュートリアルを活用してCG三昧の日々で技術を習得した

難易度の高いフォトリアルなキャラクターを見事に描き切り、栄えある1位を獲得した『THE SPARK : BLACK WOLF』の作者である鄒 沛樺(スウ・ハイカ)さん。台湾出身の鄒さんは、高校時代にグラフィックデザインに興味を持ったことがCGを始めたきっかけだったという。そこから「アニメーションにも触れてみたい」という思いや担任の先生の勧めもあり、出身校の姉妹校である京都精華大学への進学を決め、2017年に来日した。

このような経緯から、京都精華大学では「マンガ学部アニメーション学科 アニメーションコース」を専攻した鄒さんだが、最初の授業でまさかの事実が発覚。これまでは「原画を描けば、あとはPCが自動で動画(=アニメーション)にしてくれる」と考えていたため、それが完全に思い違いだったことを知ったのだった。以前から画力にはあまり自信がなく「手書きではたぶん他の人に勝てない」と感じていた鄒さんは、この事実を踏まえてすぐに将来の方向性を再考。そして大学1年生の後半に、3DCGの道を志す決意を固めたそうだ。

そこから3DCGについて学び始め、実質3年足らずで『THE SPARK : BLACK WOLF』を完成させるレベルにまで到達した鄒さん。その短期間でZBrushやMarvelous Designer、MARI、Substance Painter、XGen、Maya、Photoshopといった幅広いツールを使いこなしている点も何気に驚きだが、その技術力を高めた秘訣は「有料の3Dチュートリアルです」と断言する。 もちろんYouTubeなどで無料のチュートリアルもかなり勉強にはなるが、有料の方が内容のまとまりがよく、説明も詳細な場合があり、勉強効率がかなり向上するのだそうだ。
一方で、「自分は天才気質ではない」と謙遜する鄒さんにとって、学生時代の地道な努力は大切な要素の1つ。一度作業に没頭するとのめり込んでしまう性格のようで、週末であれば6~8時間、平日も数時間はCG制作に励んだという。まさに「CG三昧の日々だった」と苦笑するが、それでも「上手くなりたかったのでとにかく頑張った」と当時を振り返る。

実際、鄒さんが2019年に制作したテイストの近い作品『THE SILENCER』と今回の受賞作品を比べてみると、その完成度の差は一目瞭然だ。全体の造形や肌の質感、生え際、目の周りの違和感などがしっかり改善されており、飛躍的に成長していることが見て取れる。ただし、なぜそれができるようになったのかは「上手く説明できない」とやや困惑気味の鄒さん。とはいえ、感覚的に「何かは理解した」という確かな手応えはあるようで、「練習を積み重ねれば上手くなるのは間違いない」と語ってくれた。



「あの空気感」を生み出す、肌や髪の制作のコツを一挙紹介

大学の卒業制作として生み出された『THE SPARK : BLACK WOLF』は、鄒さんのこだわりがふんだんに詰まっている。例えば、作品の時代設定はサイバーパンクな近未来だが、主人公の人間らしさを出すために「顔の部分は改造人間の要素を入れすぎず、血と傷で生身の人間であることをアピールした」という。さらに、SFテイストの映画やゲームでは「主人公キャラの大半が欧米人」であることを踏まえ、あえてアジア人をベースにカッコいい主人公キャラに挑戦してみたのだという。 技術的にこだわった点としては「頭の造形」「肌の質感」「髪の毛」を挙げる。奇しくも、審査員が高く評価した点と共通するのはなかなかに興味深い。

頭の造形については、欧米人と違って顔の凹凸がはっきりしていないアジア人は「構造を意識しないとプラスチック人間のようになってしまう」(鄒さん)ことから、微妙な表現には気を使ったとのこと。また、初心者が1から骨格を作るのはかなり大変であるため、鄒さんは実在する有名人のさまざまな写真やWebで購入できる3Dスキャンデータ(関連URL:https://www.3dscanstore.com/3d-head-models/male-head-3d-models/male-018-head-scan-cleaned)などを参考にしてモデリングを行ったそうだ。

1 視線誘導にこだわった画づくり

ほぼ全てのオブジェクトのシェイプから、背景のライトに至るまで、キャラクターの目に集中していくように制作されている。とはいえ、最初からそう設計して作ったわけではなく、制作過程でその方が魅力的な画になると気づいたのだという。

2 ディテールにこだわった皮膚表現

皮膚を作るにあたって、特に痣、赤い斑点、毛細血管のディテール、SSSのマテリアルの表現にこだわったという。フォーカスアップしても綺麗に見える作品を目指したため、購入したテクスチャをそのまま利用するのではなく、Organic BrushやBasic Brushで、毛細血管と痣など肌の表現を追加。痣もつけることで、自然な肌を追求している(下図参照)。

「MARIでペイントする時のポイントとしては、1レイヤーだけではなく、少なくとも2レイヤーでつくることが重要です。例えば、人の痣でも、濃い部分と薄い部分があるので、そういった人肌の色を意識してレイヤーを増やして作らないと、自然な見た目は実現できません。現実世界では写真を撮った後にBeauty modeのフィルターをかけて、肌の痣や赤い斑点などを隠しますが、CGを作る時は逆にそういった所を作り出すことで、自然さな雰囲気になりますね。」

マテリアルについてもかなりの時間をかけて調整したとのこと。特にSSS Density Scaleとスペキュラマップは結果の影響が大きく、二つのマップを使い反射を抑制したとのことだ。

3 XGenを用いて、生え際を含め違和感のないヘアーを実現

髪の毛はMayaのXGenを使って作成しているが、ここでのポイントは「コレクションの活用」、「Guideの配置」、「Clumpingの密度」、「髪色のバリエーション」である。例えば、実際の髪型は場所によって長さや流れが極端に違うケースもあるため、コレクションを分けて作ることが重要だ。もちろん、すべての髪を1つのコレクションで作り、領域マップで調整することも不可能ではないが、それでは「とても時間かかり、きれいに作るのが難しい」(鄒さん)。また、髪の毛の色は単色ではないので、鄒さんは「Rampマップを使って色のバリエーションを増やすことでリアリティを上げた」そうだ。

コレクションの活用

「一つの髪型の中でも、長さや流れが極端に違う所があるので、コレクションを分けて作ることが重要です。もちろん全ての髪を一つのコレクションとして作って、領域マップで調整するという方法でも良いのですが、とても時間がかかり綺麗にも作れないと思います。 今回の作品では、ツーブロックの髪型なので、私は三つのコレクションにしました。中央の長い所、サイドの短い所、そして生え際(画像下)にそれぞれの長さが全然違うので、分けて作ったほうが簡単で、繋ぎ目も調整しやすいです。」

なお、髪の生え際など、細部の所まで観察したい人にはリファレンスサイトとして「Robophot」がオススメだそう。高解像度でのリファレンスが何倍もアップして髪や皮膚を観ることができる。



ガイドの活用

XgenはGuideに沿って生やす仕組みになっているため、Guideを適当に配置するだけだと、綺麗な形にならない。下記は鄒さんが勉強のためにまとめたGuide使用時の注意点 だ。



Clumpingの密度コントロール

髪型を作る際には、基本的にはモディファイヤ Clumping 、Noise、Coil、Cutの4つを利用している。本作品もこの四つのモディファヤイのみを利用。その中でもClumpingは一番最初に掛けるモディファイヤなので中心的な役割を果たしている。

「Guideの配置ができたら、一気にたくさんのモディファイヤをかけるのではなく、Clumpingだけかけて、効果を見ながら、Guideの形とClumpingの数値を調整するのがコツです Clumping中の「束マップの生成」も重要で、これによって束の密度(束の数)が決まります。この仕組みを分かれば、髭やまつげなどの毛も簡単に作成できます。 一つの黄色い線に一つの束ができますよ。」

「その他、二つ目以上のClumpingを使う時に、「束マップの生成」の密度は前のより3倍以上に増やした方が綺麗な束ができます。例えば、三つのClumpingを作成して、一つ目の密度は1の場合、二つ目は3以上、三つ目は9以上。私の場合、最初はガイドに沿って生成したので、最初の一つ目は1、二つ目は5、三つ目は18でした。この密度の数値は決まりがないので、とりあえず、少なくでも3倍以上、というとを意識して、その後は効果を見ながら、調整すればいいと思います」。





このように、絶え間ない努力やさまざまなこだわりの甲斐もあり、見事にコンテストで1位を獲得した鄒さん。今回はその賞品として贈呈されたマウスコンピューターのノートPC「DAIV 5N」を使用し、『THE SPARK : BLACK WOLF』の制作を踏まえた性能テストを実施。作品制作時に使用したデスクトップPCと比較することで、その実力を探った。
デジタルヒューマンのような、ハイエンドCG制作に求められるスペックはいかほどか!? 次ページよりチェックしてもらいたい。

次ページ:
ハイエンドCG制作に求められるスペックは? GeForce RTX 3060搭載 DAIV 5Nを検証!!

Profileプロフィール

鄒 沛樺(スウ・ハイカ)さん

鄒 沛樺(スウ・ハイカ)さん

Twitter:@andrewtsou86521

マウスコンピューター

マウスコンピューター

BTOパソコンの生産・販売を主力業務に、「国内生産」、「24時間365日電話サポート」、「72時間で修理完了」を掲げて事業展開。クリエイター向けブランド「DAIV」などの用途別のブランド展開でも知られる。埼玉・東京・名古屋・大阪・仙台などで直営店も営業中。
www.mouse-jp.co.jp

スペシャルインタビュー