>   >  キャラクターバルーン・エアー着ぐるみのピア21がデジタル3D課の造形スタッフを募集
キャラクターバルーン・エアー着ぐるみのピア21がデジタル3D課の造形スタッフを募集

キャラクターバルーン・エアー着ぐるみのピア21がデジタル3D課の造形スタッフを募集

[PR]

1989年の設立以来、キャラクターバルーン・エアー着ぐるみ・大型エアー遊具など、バルーン製品の企画・製作を中心に展開してきた株式会社ピアニジュウイチ(以降、ピア21)。新しいことに挑戦し続ける社風を是とする同社は、同業他社に先駆けて3年前にデジタル3D課を設立。トリックビジョン®をはじめとする、独自色豊かな製品を精力的に開発してきた。その牽引役となったスタッフに、今後の展望や募集中の新戦力について語ってもらった。

バルーン業界の造形にはまだまだ開拓の余地がある

ピア21の現在の主力製品は、空気で膨らませるエアー着ぐるみだ。アニメやゲームのキャラクターから、ご当地キャラまで、年間500体以上を世に送り出している。一方で、最近はイベント展示用のキャラクターバルーンや大型エアー遊具、新製品のトリックビジョンに対する需要も高まっていると、デジタル3D課の熊﨑政利氏は語る。「バルーンの原型製作や展示シミュレーションに3DCGを導入して以降、当社の開発力はさらに向上しました。最近は海外からの注文も増えており、開発体制の拡充が急務となっています」。


  • 熊﨑政利氏
    (3DCGデザイナー)

以前はゲーム会社で背景モデリングを担当していた熊﨑氏は、3年前に同社に転職。同じゲーム会社でキャラクターモデリングを担当していた小山智史氏と共に、デジタル3D課を起ち上げたという。「熊﨑に誘われた直後はすごく悩んだのですが、粘土での原型製作がスタンダードだったバルーン業界で、新しくデジタル3D課を設立するという挑戦を聞いて"、それは面白そうだ。やってみたい!"と思ったのです」と小山氏はふり返る。


  • 小山智史氏
    (3DCGデザイナー)

異業種の仕事への期待と不安を胸に、関西から埼玉県飯能市へ移住した両氏は、その後の3年間でデジタル3D課の基盤を整備した。「現在は、われわれを含め7名のスタッフが3DCGでの原型製作を担当していますが、需要の増加には追い付けていません。この業界はまだまだ開拓の余地があるので、"新しいことに挑戦したい"と思っている方なら、大いにやりがいを感じると思います」(熊﨑氏)。
実際、小山氏が2年ほど前に開発したトリックビジョンは、市場の新たなニーズを掘り起こすことに成功。開発間もない製品ながら、今年だけで40件近くを受注しているという。「従来のアナログの手法に、われわれのデジタルの手法を組み合わせ、今後も新しい可能性を広げていきたいです」(小山氏)。

ゲームもバルーンも、本質は同じ


ゲームもバルーンも、"お客様に遊び・驚き・喜びを提供する"という本質の部分は共通していると小山氏は続ける。「当社には、ハード・ソフトの両方を開発できるプログラマーも在籍しているため、例えばお客様が自由に動かせるバルーンや、映像をバルーンに投影して見せるトリックビジョンなど、多様な演出を実現できます」。なかにはゲーム性をもった遊具もあるため、前職時代の経験が今の仕事でも活かされているそうだ。
加えて、開発した製品を自らの手で設営・展示して、お客様の生の反応を間近で感じられることも、大きな楽しみだと熊﨑氏は補足する。「1/1スケール、全長およそ15mのゲームのモンスターを設営したときには、"こんなものと戦っても、倒せるわけがない(苦笑)"と感じましたね。会場のお客様も、同じ感覚を味わったと思います」。


カプコンの『モンスターハンターフェスタ2015』での展示風景
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

そういうリアルな感覚を提供できることは、前職では味わえなかった喜びだという。「バルーンを前に興奮しているお客様の反応を見ていると、新しいアイデアが浮かんできたりもして、良い刺激になります」(小山氏)。同社には、熟練の粘土造形・型紙・縫製などのスタッフが常駐しており、アイデアからすぐに試作品を製作できることも強みだという。「われわれと共に、アナログとデジタルの新境地に挑戦してくださる方の応募をお待ちしています!」。


ピア21に隣接する「龍崖山公園」。その名の通り、絶景の見晴らしを展望できる公園で広い運動場もある。「会社の周囲には公園やキャンプ場が複数あり、都心まで1時間弱の距離にも関わらず、澄み切った空気のなかでアウトドアを楽しめます。当社スタッフがつくったキャンプ用のティピーテントは一見の価値があります」(熊﨑氏)

ピア21が提供するバルーン体験①
全長40mの超巨大サイズも可能なキャラクターバルーン


カプコンの『モンスターハンターフェスタ2015』での展示風景
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

過去には全長40mの超巨大サイズも開発したことがあるという、同社のキャラクターバルーン。建築物やプロダクトなど、キャラクター以外にも展開できる。加えて、他の素材と組み合わせる、バルーン生地の色味や質感を変える、生地にテクスチャデータを直接プリントする、生地表面をエアブラシで着色する、目を光らせるなど、多彩な表現が可能だ。「キャラクターの場合、お客様はとりわけ顔に注目します。そのため、顔だけはより高精細な表現が可能なスチロールで表現し、身体はバルーンで作る場合もあります」(熊﨑氏)。同社には、巨大なスチロールの切削機も完備されており、3DCGデータをもとに、自動的にスチロールの削り出しができるという。

ピア21が提供するバルーン体験②
コンテンツ世界に没入できるトリックビジョン®


トリックビジョンは、錯視効果によって飛び出したように見えるグラフィックや立体造形だ。「平面の画像とバルーンを組み合わせることで、インパクトのある展示やアトラクションを展開できます。装置や映像を組み合わせるなど、さらに多彩な演出も構想中です」(小山氏)。


カプコンの『モンスターハンターフェスタ2015』での展示風景
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


『モンスターハンターフェスタ2015』では、人気モンスターのラージャンがトリックビジョンで表現された。ここでは左腕がバルーンになっており、来場者はラージャンに掴まれた状態で、思い思いの写真を撮影できるようになっていた。「3DCGを使えば、錯視効果の検証や展示のシミュレーションを気軽に何度でも行えます。今後も、コンテンツごとの特徴をしっかりと把握し、様々なニーズに応えていきたいです」。

TEXT_尾形美幸(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充

会社情報


株式会社ピアニジュウイチ
所在地:〒357-0069 埼玉県飯能市茜台2-3-4
TEL:042-978-8871
URL:http://pier21.co.jp/

求人情報


株式会社ピアニジュウイチでは現在下記職種を募集中です。

・3DCGデザイナー

■雇用形態
正社員 ※3ヶ月の試用期間あり

■勤務地
埼玉県飯能市茜台2-3-4

■待遇
前職、スキル、経験を考慮の上、決定します。
賞与あり(年2回)/昇給あり/社会保険完備交通費支給(上限あり)

■休日休暇
隔週土曜日/日曜日/祝日/有給休暇/年末年始/夏季休暇
(会社カレンダーで規定)

詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

Profileプロフィール

ピアニジュウイチ/Pier21

ピアニジュウイチ/Pier21

【左】熊﨑政利氏(3DCGデザイナー)
【右】小山智史氏(3DCGデザイナー)

ピアニジュウイチ/Pier21

ピアニジュウイチ/Pier21

■企業HP:http://pier21.co.jp/
■求人情報:http://cgworld.jp/jobs/30352.html

スペシャルインタビュー