>   >  100%白組クオリティ!コンテンツホルダーをめざしてスタッフ増員を進める新規コンテンツ事業部
100%白組クオリティ!<br/>コンテンツホルダーをめざしてスタッフ増員を進める<br/>新規コンテンツ事業部

100%白組クオリティ!
コンテンツホルダーをめざしてスタッフ増員を進める
新規コンテンツ事業部

[PR]

白組初の地上波オリジナルTVアニメとして異彩を放った『えとたま』。QP:flapper氏がキャラ原案を務めたデフォルメキャラによる迫力のフルCGバトルシーンが業界内外で評判を呼んだ。
オリジナル作品としてコンセプトから一貫して白組クオリティで仕上げられた本作を手がけたのは同社の新規コンテンツ事業部だ。遊技機開発を白組で専門に手掛ける同事業部は、同時に自社IPの開発とメディアミックスを企画し、コンテンツホルダーをめざして開発体制を強化中だという。その狙いや戦略、求める人材像などについて伺った。

「えとたま」リトライ☆ランデヴー 特別PV
©Shirogumi Inc., All Rights Reserved.
©Shirogumi Inc. / TLC inc., All Rights Reserved.
©えとたま製作委員会

白組発のオリジナルTVアニメ!

オフィス オフィス
オフィス オフィス

©Shirogumi Inc., All Rights Reserved.
©Shirogumi Inc. / TLC inc., All Rights Reserved.
©えとたま製作委員会

新規コンテンツ事業部の最大の特徴は遊技機開発を行いながら、アニメ・漫画・フィギュア・アプリなどのメディアミックス展開を進めている点だ。約50名の部署にもかかわらず、8人の企画担当が存在し、原作や世界観設定、脚本制作などを進めている。他のCGスタジオではみられない光景だろう。

中でも2015年4月から放映された『えとたま』は、白組初の地上波オリジナルTVアニメとして大きな注目を集めた。同社は原作にも名を連ねており、3DCGパートにおいては、作画パートとかわらぬルックを実現。
本作品では放映の半年も前からインターネットラジオ展開を始め、BD・DVDを放映と同時に発売するなど、様々なチャレンジを試みたのも特徴だ。井出氏は「『えとたま』は白組IPとして展開していける作品。既に、漫画、ラノベ、フィギュアなど展開しているが、さらにメディアミックスを広げて行きたい」という。

  • 井出和哉氏
    (Producer)

同社が原作権を持ち、幹事企業として映像制作や商品展開も中心になって進めているため、必然的にスタッフ一人ひとりが主体的に作品づくりに携わる場面も多いという。
『えとたま』で背景のアートディレクターをつとめた白田真人氏は「イメージボード制作にあたり本作では干支のキャラクターごとに守護地設定があり、その土地にちなんだ背景をゼロから描き起こしていく必要がありました。ただ、社内に企画担当やCG監督がいるので、その場でディテールまで詰めていけたのは良かったですね」と語る。
社内企画のコンテンツということで、チームのモチベーションも非常に高く、納品ぎりぎりまで調整が繰り返されたそうだ。

『えとたま』特典背景シーンムービー抜粋ムービー
©Shirogumi Inc., All Rights Reserved.
©Shirogumi Inc. / TLC inc., All Rights Reserved.
©えとたま製作委員会

そんな新規コンテンツ事業部では業務拡大に伴いCGアーティストを全職種で募集している。中でも求められているのが手付けでモーション制作ができるアニメーターだ。業界全体でも不足気味で、『えとたま』のようなデフォルメキャラではモーションキャプチャーが適合しにくい事情もある。井出氏は「映画『GAMBA ガンバと仲間たち』をはじめ、白組では手付アニメーションにとてもこだわりをもって制作しています」と語った。もちろんモデラー、エフェクト、コンポジットなども歓迎だ。

オフィス

若手からベテランまで
技術力の高いスタッフが切磋琢磨する環境

入社当初はインターンや業務委託、契約社員からのスタートだが、正社員への登用も積極的だという。「スタッフにはプロジェクト単位ではなく、なるべく長期で務めてもらいたいと思っています。『えとたま』でもチームみんなで長年培ってきたノウハウが作品のクオリティアップや効率化につながっています」(井出氏)。
既婚者が多く、産休制度を活用する女性アーティストがいるのも同社ならでは。今年で42年目を迎える老舗だけあって、若手からベテランまで年齢層もさまざまだ。入社9年目を迎える白田氏もまた、働きやすさや居心地の良さを上げた。「技術レベルが高く、面倒見の良いアーティストが自然と集まってくる環境があり、自分のスキルアップにもつながりますね」という。

オフィス

また、入社4年目でキャラクターモデリングを担当した石田紗彩氏もスキルアップの機会について「業務終了後に、月に1回くらいのペースで有志で集まり、クロッキー会を実施することもありますね。クロッキー会の他にアニメーターやモデラーが得意分野や、知っていることで、今後役立てていけそうな情報を共有します。
先日はカメラの広角~望遠等、構図によるキャラの心情表現の勉強させていただきました。レンズの違いで、キャラ同士の距離感、緊張感などが変わって、迫力などにも大きく影響することに驚きました」と語るようにスキルアップのチャンスは常に多くあるようだ。
ユーザーの視聴環境やライフスタイルが大きく変化する中、井出氏は「今後も新たなIPを我々の手で開発し、ビジネスに発展させる挑戦、つまりコンテンツホルダーになるための挑戦をこれからも続けていきたいですね」と語る。
「いつかはオリジナルを」と願いながらも、ついつい目の前の受託案件に追われがちなCGプロダクションが多い中、非常に挑戦的な姿勢といえるだろう。もし、頭の中で思い描いているものを何とかして実現したいという情熱があり、とにかく映像作品を作るのが好きな方は、是非ここでその想いをかたちにしてみてはどうだろうか。

スタッフが語る『えとたま』エピソード01
~アートディレクターとして、各キャラクターの「守護地」の美術設定にかかわる~

  • 白田真人氏
    (Visual Effects Desiner)

これまでは前職含め背景モデラーとしてキャリアを築いてきましたが、『えとたま』ではアートディレクターとして初めて背景の美術設定全般にもかかわりました。各ステージとも実在の名所や風景のテイストを取り入れながら、キャラクターの性格を際立たせる必要がありました。イメージボードを描くのは初めてで、またステージそれぞれ色彩やタッチが異なったため、非常に骨が折れましたがやりがいはありましたね。
面接の時に背景美術をやりたいと言っていたのを覚えてもらっていたようで、嬉しかったです。

オフィス

オフィス オフィス

【上】 作中で竜の干支神「ドラたん」が守護する東山ステージのイメージボード。本ステージでは岐阜県白川郷の合掌造りの住宅が取り入れられているが、各ステージそれぞれで実在の名所や風景のテイストが盛り込まれているという。【左】3ds Maxで作成した背景モデル【右】完成カット

スタッフが語る『えとたま』エピソード02
~キャラクターモデラーとして、リグ・セットアップまで挑戦~

  • 石田紗彩氏
    (Visual Effects Desiner)

キャラクターモデラー志望で入社当初からさまざまなキャラクター制作をしています。 「えとたま」はセルパートでは等身が高く、CGパートでは変身し二頭身近くになるのですが、最終話ラストの40秒ほどのエピローグでは、セルパートと同じ頭身をこの尺だけの為にCGで描きました。この映像に必要なキャラクターモデルをほぼ一人で作成し、セットアップも担当させてもらいました。それだけに地上波で放映を見た時は感動しましたね。3DCGソフトを使ったアニメ、セルルックテイストのキャラ作りが得意、興味がある方が楽しめる環境だと思います。作画センスのある方や、どうすれば完成するか考えてゆける、伝えてゆける方が重宝されるのではと思いますよ。

『えとたま』の最終話の40秒にわたるエピローグで、モデリングだけでなくセットアップまではじめて担当。同社の優秀なアニメーターが作成したデータ構造を参考にしながらリグを学んだという ©Shirogumi Inc., All Rights Reseved.
©Shirogumi Inc. / TLC inc., All Rights Reserved.
©えとたま製作委員会

江原氏

「"チュウたん"の睫毛が最初、見えにくかったので調整しました。CG監督が意見をオープンに取り入れてくれる方で、すぐにアイディアを採用してもらえました。若手でも意見が出しやすく、積極的に採用される自由な雰囲気がありますね」(石田氏)
©Shirogumi Inc., All Rights Reserved.
©Shirogumi Inc. / TLC inc., All Rights Reserved.
©えとたま製作委員会

TEXT_小野憲史
PHOTO_蟹 由香

■求人情報
白組 新規コンテンツ事業部では現在下記職種を募集中です。

①アニメーター
手付けアニメーションの好きな方、得意な方歓迎

②モデラー(キャラ)
主にキャラまわり作業。リグ周り得意な方大歓迎。

③モデラー(背景)
主に背景まわり作業。3D作業に加え、イメージボード作成などアートワーク好きな方、得意な方歓迎。

④コンポジット
シーンの絵作りなど最終の見た目を担う作業です。エフェクト兼任できる方歓迎。

⑤エフェクト
プロジェクトに合わせて新しいプラグインも導入します。コンポジット兼任できる方歓迎。

※いずれの職種もテクニカル(スクリプト、ツール開発など)にも強い方大歓迎です。
■雇用形態
長期契約(業務委託、業務結果により正社員登用有)
長く働いていただける方歓迎です!
勤務時間10:00~19:00(業務多忙時は残業有)

詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

Profileプロフィール

白組 (新規コンテンツ事業部) /Shirogumi

白組 (新規コンテンツ事業部) /Shirogumi

井出和哉(Producer)
白田真人(Visual Effects Designer)
石田紗彩(Visual Effects Designer)

株式会社白組

株式会社白組

CMのアニメーション制作会社として1974年に設立。現在は映画・ゲーム・CM・アミューズメントなど、幅広い分野で非常に高いクオリティの映像作品を発表し続けている。
http://www.shirogumi.com/

スペシャルインタビュー