>   >  『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.1:企画&プロデュース
『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.1:企画&プロデュース

『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.1:企画&プロデュース

近年、CGプロダクションやデジタルアーティストが商業ベースのオリジナル企画にとりくむケースが増えてきた。そうしたなか福岡の雄、KOO-KIが、オリジナルの短編CGアニメーションシリーズ『SUSHI POLICE』を展開中だ。いわゆる受託制作とは似て非なる面をもつオリジナル作品の商業制作について、木綿達史監督をはじめとする中核スタッフたちにその取り組みと率直な思いを全3回にわたってインタビューしていく。

<1>アニメの門外漢ならではの作風とPR展開

2016年1月6日(水)からTOKYO MX開局20周年記念番組として放送が開始した、『SUSHI POLICE』。実際に起きた「スシポリス事件」(※1に着想を得た短編3DCGアニメーションシリーズだが、そのハイセンスな世界観やアニメーション表現は、企画の段階から海外展開を見込んでいたことが存分に伝わってくる。

※1:スシポリス事件 2006年、海外での間違った日本食の蔓延を危惧した⽇本政府が正しい⽇本食店を認証する制度「海外⽇本⾷レストラン認証制度」の 創設を発表したところ、「スシポリスがやって来る!」と揶揄して海外メディアが⼀⻫にバッシングを展開、日本政府は実施を見送った。(引用元:『SUSHI POLICE』公式サイト

『SUSHI POLICE』トレイラー
TOKYO MXにて毎週水曜日25:00から放送中!
Google Play™、Amazonプライムビデオほか各種ネット配信中(詳しくは公式サイトへ)
『SUSHI POLICE』第1話無料視聴キャンペーン実施中

監督:木綿達史/脚本:楠野一郎、安藤康太郎/企画:中沢敏明/プロデューサー:厨子健介、河原幸治/プロダクションマネージャー:中石賢悟/キャラクターデザイン:塗壁、イチノミヤモトヒロ、TOBI TOREBURUYA/美術:オカモト、河村翔太/音楽:稲岡 健、高木公知/編集:U2/制作:セディックインターナショナル、KOO-KI/製作:"SUSHI POLICE" Project Partners

© "SUSHI POLICE" Project Partners


また、第1話のTV放送の翌日(2016年1月7日(木))からは、Google Play™ やニコニコチャンネルなど18配信サービス(※さらに追加予定とのこと)にてネット配信がスタート、主題歌はOK Go × Perfumeコラボ楽曲『I Don't Understand You』、109シネマズにおける幕間上映や各種コラボグッズの展開といった、矢継ぎ早のプロモーション戦略も目を見張るものがある。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第1回:企画&プロデュース
  • 『SUSHI POLICE』の主題歌『I Don't Understand You』は、テクノポップユニットPerfumeとアメリカのロックバンドOK Goによるコラボ楽曲。Perfumeにとって、他アーティストとの初めてのコラボレーションとのこと


そんな本作の仕掛け人が、セディックインターナショナル(以下、セディック)とKOO-KI(空気)だ。セディックは、第81回アカデミー賞「外国語映画賞」を受賞した『おくりびと』(2008)や『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』(2010)、『十三人の刺客』(2010)などのヒット作で知られる独立系映画製作会社。一方のKOO-KIは幾度にもわたるカンヌ国際広告祭(現カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル)における受賞、最近では2020年 東京五輪招致PRフィルムを手がけたことから海外でも名高いクリエイティブ・スタジオである。つまり、一般的なアニメ作品ではまずみられない座組みだが、だからこそ上述したような既成概念にとらわれない展開が行えているわけだ。

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第1回:企画&プロデュース

© "SUSHI POLICE" Project Partners

▶次ページ:
<2>どこか憎めないアンチヒーローで、海外の人からみたステレオタイプな日本人像とは

Profileプロフィール

空気/KOO-KI

空気/KOO-KI

『SUSHI POLICE』中核スタッフ

(後列左から)告畑 綾コンポジター、河原幸治プロデューサー、木綿達史監督、中石賢悟プロダクションマネージャー兼コンポジター
(前列左から)山内香里デザイナー、阿部晋之介コンポジター、川越洋輝プロダクションアシスタント、小堤 愛プロダクションアシスタント

スペシャルインタビュー