>   >  『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』発売(ボーンデジタル)
『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』発売(ボーンデジタル)

『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』発売(ボーンデジタル)

ボーンデジタルは、『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』を発売する。
詳しくは こちら

■ 『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』について

同書は、Unreal Engine 4(UE4)の機能を単純に紹介するだけではなく、一本のサンプルゲーム開発に順序よく盛り付けていく構成となっており、機能と機能の組み合わせ方や、実践的な使い方をラーニングできる構成となっている。3Dゲーム開発の一般的なワークフローやプロセスも解説し、章構成も実際の開発プロセスに可能な限り近づけている。プログラムやスクリプトの勉強をしたことがない人でも読み進められる内容になっているほか、急いで自分の担当パートを覚える必要のあるアーティストやレベルデザイナといった専門職が、さしあたり必要な章だけ読めるように各章の冒頭に推奨職種を併記。独学の人だけでなく、分業体制のチーム開発やゲーム会社における最初のラーニング素材として使用できる。
【ダウンロードデータについて】
付属のダウンロードデータにはサンプルプロジェクトやサンプルデータのほか、書籍のハンズオン作業をすべて収録した動画があり、本書中に万が一進められなかった箇所が出た場合の助けになる。またConstructionScriptや、GUIの構築など、書籍側で取り扱えなかった要素を付録PDFとして収録している。
【著者について】
湊 和久氏
バンダイナムコスタジオ リードプログラマ。PCゲーム開発、アニメ制作を経て、2007年バンダイナムコゲームス(現スタジオ)入社。『ロストランドアドベンチャー』、『鉄拳タッグトーナメント2』など、業務用中・大型ゲーム機やコンソール移植等でプログラムに従事。『タイムクライシス5』でテクニカルディレクションを担当。『Unityではじめるゲームづくり』、『ゲームエンジンアーキテクチャ』など洋書の翻訳・監修も行なっている。

■ 目次(暫定)

●第1部 はじめに
第1章 はじめに
第2章 UE4のインストールと環境設定
第3章 UE4のインターフェイスと基本的な操作方法
第4章 ゲーム制作のフェーズとワークフロー
第5章 新作ゲーム「ペーパーニンジャ」大紹介
●第2部 プロトタイピング
第6章 グレーボクシング
第7章 独自のアセットをインポートする
第8章 メッシング
第9章 ブループリント入門以前
第10章 基本的なブループリントを作成する
第11章 アクタの動かし方
第12章 入力を取ってキャラを動かす
第13章 スケルタルメッシュをインポートし、キャラに組み込む
第14章 物理アセット
第15章 トリガーを使ったインタラクションの実現
第16章 タイムラインを使ってアクタやコンポーネントを動かす
第17章 カスタムイベントを使いこなす
第18章 生と死と
第19章 リワード、そしてリスク
第20章 物理エンジンの世界
第21章 実践! コリジョン講座
第22章 ナビゲーション、のち、配列
第23章 敵キャラクターのAIに挑戦する
●第3部 プリプロダクションとプロダクション
第24章 スケルタルメッシュアニメーション
第25章 マテリアルエディタ入門
第26章 もっと! マテリアル
第27章 パーティクルシステムを使う
第28章 ライティングと影
第29章 BGMと効果音

■ 詳細

『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』
発売日:2015年7月下旬
著者:湊 和久
定価:本体4,860円
発行・発売:ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-255-8
サイズ:B5変型判
総ページ数:592頁(カラー)
発行・発売:ボーンデジタル

■ 関連 URL

・『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト』
 http://www.borndigital.co.jp/book/5190.html
・株式会社ボーンデジタル
 http://www.borndigital.co.jp

新着のニュース一覧