>   >  『エレンベルガーの動物解剖学』発売(ボーンデジタル)
『エレンベルガーの動物解剖学』発売(ボーンデジタル)

『エレンベルガーの動物解剖学』発売(ボーンデジタル)

100年を超えて愛される、動物解剖学の古典名著『エレンベルガーの動物解剖学』を復刻した、翻訳・加筆版が発売される。
詳細はこちら

■概要

美しく描かれた精緻な画像からは、躍動する動物の息づかいまで聞こえてくるよう。動物を描く人には、表からは見えない構造を理解するリファレンスとして使える。架空の動物を創造する人には、クリーチャーに実在感のある構造を与えるリファレンスとして役立つ。

特長1:精緻に描かれたオリジナル図版に加え、日本語版では新しく構造名を記した線画が加わった
特長2:筋肉や骨などの働きや、特徴を解説したテキストを収録。テキストはダウンロード可能。図版と見比べながら読み進めることができる
特長3:オリジナル図版の生き生きとした描写をじっくり楽しめる、高解像度の画像と大判の判型

同書は、ヴィルヘルム・エレンベルガー、ヘルマン・バウムによって1900年ごろから出版された書籍「Handbuch der Anatomie der Tiere fur Kunstler(芸術家のための動物解剖学)」を1冊にまとめた、翻訳・加筆版。以下5巻を再現し、オリジナルの線画が加わっている。
「第1巻ウマ」(出版年:1898-1900)
「第2巻ウシ」(出版年:1896-1901)
「第3巻ライオン」(出版年:1905)
「第4巻ヤギ・シカ・ノロジカ」(出版年:1909)
「第5巻グレートデーン」(出版年:1911)
エレンベルガーの解剖学書は、出版当時より影響力が大きく、美術解剖学、比較解剖学、家畜解剖学、獣医学など数多くの動物解剖学書に引用された。現在もなお、多くの人々に、学術書としても、美術書としても愛読されている。美しい図版は、ヘルマン・ディットリッヒ(Dittrich, Hermann. 1868-1946)による。画家の手による精緻な図版は、動物と動物の解剖体の両方を観察して制作された。ディットリッヒは、解剖写真そのものではなく、画面の中で生き生きとした状態に復元し、描き上げた。これが美術書としての価値を認められている理由だ。

『エレンベルガーの動物解剖学』
著者:ヴィルヘルム・エレンベルガー(Wilhelm Ellenberger)
定価:本体4,500円 + 税
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-461-3
総ページ数:320 ページ
サイズ:変形版(310×235mm)
発売日:2020年01月下旬

新着のニュース一覧