>   >  ピクサーの現役テクニカルディレクターが教える『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』(ボーンデジタル)発売
ピクサーの現役テクニカルディレクターが教える『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』(ボーンデジタル)発売

ピクサーの現役テクニカルディレクターが教える『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』(ボーンデジタル)発売

ボーンデジタルは、Pixarの現役テクニカルディレクターが教えるライティング&レンダリングの教科書『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』を発売する。
詳しくは こちら



■ 『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』について

『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』は、3DCGアーティストのためのベストセラー「[digital] LIGHTING & RENDERING」(New Riders刊)を改訂した3rd Editionの邦訳版。
3DCG制作の中でも特に重要度の高い"ライティング" と "レンダリング" に焦点をあて、より完成度の高い作品に仕上げるための基礎知識を包括的に解説している。

第2版からの変更点
古典技法はもちろん、「リニアワークロー」「物理ベースのライティング」「4K」「Ptex」「トーンマッピング」など、近年注目されているトピックを大幅に追加し、ライティングを学ぶ上で充実した一冊となっている。

著者について

Jeremy Birn/ジェレミー・バーン は、2002年からPixar(ピクサー・アニメーション・スタジオ)でライティングテクニカルディレクターを務め、これまでに『モンスターズ・ユニバーシティ』『メリダとおそろしの森』『カーズ2』『トイ・ストーリー3』『カールじいさんの空飛ぶ家』『ウォーリー』『レミーのおいしいレストラン』『カーズ』『Mr. インクレディブル』など、数々の映画でライティングを手掛ける。これ以前には、Tippett Studio、CBS Television、Wild Brain、Palomar Picturesなどでビジュアルエフェクトやライティングを担当。
また、サンフランシスコにあるアカデミー・オブ・アート大学とカリフォルニア芸術大学で先進的なライティングおよびレンダリングを教えており、AutodeskのMayaのマスタークラスでも講師を務めている。


■目次:
第1章 ライティング設計の基礎
第2章 ライティングの基礎とさまざまな手法
第3章 シャドウとオクルージョン
第4章 環境と建築のライティング
第5章 生物、キャラクター、アニメーションのライティング
第6章 カメラと露出
第7章 構図とステージング
第8章 色の基本
第9章 シェーダとレンダリングのアルゴリズム
第10章 テクスチャのデザインと割り当て
第11章 合成用のレイヤ単位/パス単位のレンダリング
第12章 プロダクションパイプラインとプロフェッショナルプラクティス
Appendix クリエイティブ業界で働く

索引

●基本情報
著者:Jeremy Birn(ジェレミー・バーン)
予価:本体7,000円 + 税
翻訳:株式会社 Bスプラウト
編集:堀越 祐樹
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-230-5
総ページ数:472 ページ
サイズ:B5正寸(182 × 257 mm)



■ 関連 URL

・『[digital] ライティング& レンダリング 第3版』
 http://www.borndigital.co.jp/book/4995.html
・株式会社ボーンデジタル
 http://www.borndigital.co.jp

新着のニュース一覧