>   >  「MOTION PLUS DESIGN'S MEETUP TOKYO 2017」開催
「MOTION PLUS DESIGN'S MEETUP TOKYO 2017」開催

「MOTION PLUS DESIGN'S MEETUP TOKYO 2017」開催

2017年4月7日(金)、恵比寿のアクトスクエアにて映像の祭典「Motion Plus Design Tokyo」が開催される。

■「Motion Plus Design Tokyo」について

「Motion Plus Design」とは、2015年より、パリのゲテ・リリック(La Gaité Lyrique)、ラ・マシン・デュ・ムーラ ン・ルージュ(La Machine du Moulin Rouge)、ル・テアトル・デュ・ジムナス (Le Theatre Du Gymnase)など、様々な場所で行われてきた映像の祭典。2016年9月24日にパリで行われたイベントは、来場者数750名を記録。この先鋭的なイベントが、東京に初上陸することになった。イベントでは、映像クリエイターの細金卓矢氏、橋本 麦氏、平岡政展氏、田島太雄氏によるトークに加え、アメリカよりフライング・ロータスの映像作品などを手がけるBEEPLE(ビープル)ことmike winkelmannを招聘。パネルディスカッションを行い、現在の映像シーンについて、第一線で活躍するアーティストたちによるリアルな意見交換を行う。クリエイターによるトークのあとは、クリエイターと来場者たちが交流するカクテルパーティーを開催。東京におけるモーションデザインのシーンを盛り上げる。

■MOTION PLUS DESIGNについて

Motion Plus Designはフランスのパリに本社を置くモーションデザイン会社。2011年、タイトルデザイナーのKook Ewoによって設立された。一般の人たちはもちろん、プロフェッショナル、そして学生まで幅広い層に様々なアーティストを紹介し、お互いを引き合わせる手伝いをすることでモーションデザインアートの素晴らしさを世界中に伝えることが同社の目標である。「モーションデザインとは何か」を紹介する映像がMotion Plus Designの初ヒットとなった。

■開催概要

日程:2017年4月7日(金)
会場:アクトスクエア 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-19-19 2F
時間:18:00開始
・今、最も注目を浴びている4名のモーションデザイナーを迎えて行うラウンドテーブル:橋本 麦氏、細金卓矢氏、平岡政展氏、田島太雄氏
・アメリカから来日「BEEPLE」との30分のパネルディスカッション
・カクテルパーティ
料金:一般2000円、学生1000円
チケット:http://www.motion-plus-design.com/tokyo
予想来場者数:300名

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。