>   >  「VFX-JAPANアワード2017」最優秀賞決定
「VFX-JAPANアワード2017」最優秀賞決定

「VFX-JAPANアワード2017」最優秀賞決定

コンピュータグラフィックス(CG)と視覚効果(VFX)の業界団体である一般社団法人VFX-JAPANは3月10日(金)18時から開催された「VFX-JAPANアワード2017」表彰式において、7つの部門の優秀賞作品から最優秀賞1作品を発表した。
詳細はこちら

■「VFX-JAPANアワード2017」概要

部門は、「劇場公開実写映画部門」、「劇場公開アニメーション映画部門」、「テレビ番組部門」、「ゲーム映像部門」、「CM・プロモーションビデオ部門」、「ショートフィルム部門」、「先導的視覚効果部門」の7つ。2016年度の日本を代表するCG・VFXを活用した優れた映像作品計27作品が表彰された。

様々なジャンルの映像作品で活用されるCG・VFX技術に関する賞は、映画分野では米国アカデミー賞に「視覚効果(VFX)賞」が創設されているが、日本アカデミー賞には視覚効果賞が存在しない。同アワードは、一般的には理解されにくいCG・VFXの認知拡大と業界発展を目的に開催されるもので、デジタルコンテンツの中核となるCG・VFX技術を取り入れた映像作品を一挙に紹介する祭典として日本では唯一の存在となり、本年で第5回を迎えた。

■最優秀賞作品一覧

  • 劇場公開実写映画部門
  • 『シン・ゴジラ』
    TMA1 ディレクター 佐藤敦紀氏
  • 劇場公開アニメーション映画部門
  • 『君の名は。』
    3DCGチーフ 竹内良貴氏
  • テレビ番組部門
  • 『知られざる恐竜王国ニッポン』
    NHK(日本放送協会) 番組制作技術(CGVFX)VFXスーパーバイザー 松永孝治氏
  • ゲーム映像部門
  • 『FINAL FANTASY XV』
    スクウェア・エニックス 第2ビジネス・ディビジョン 加藤秀和氏
  • CM・プロモーションビデオ部門
  • ガメラ生誕50周年記念映像
    オムニバス・ジャパン コンテンツプロダクションセンター VFX/CG 城戸久倫氏
  • ショートフィルム部門
  • 『機動警察パトレイバーREBOOT』
    カラー デジタル部 CGI作画監督 松井祐亮氏
  • 先導的視覚効果部門
  • 『9次元からきた男』
    オムニバス・ジャパン コンテンツプロダクションセンター プロデューサー 徳重岳浩氏

新着のニュース一覧