>   >  「U-22プログラミング・コンテスト2017」詳細決定、小学生部門がスタート(コンピュータソフトウェア協会)
「U-22プログラミング・コンテスト2017」詳細決定、小学生部門がスタート(コンピュータソフトウェア協会)

「U-22プログラミング・コンテスト2017」詳細決定、小学生部門がスタート(コンピュータソフトウェア協会)

「U-22プログラミング・コンテスト」を主催するU-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、2017年度プログラミング・コンテストの応募要領を公開するとともに、2017年版公式Webサイトをオープンした。また、通常のU-22(22歳以下)の枠とは別に、12歳以下の児童を対象とした「小学生部門」の新設も発表された。
詳細はこちら

■「U-22プログラミング・コンテスト」概要

同コンテストは、1980年より経済産業省の主催により、優れた才能を持ったイノベイティブなIT人材の発掘と育成、単にプログラムのできる人材ではなく、アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組む人材の発掘を目的として開催されてきた。2014年からは同コンテストの主旨に賛同、協賛した企業から構成された「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催し、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が運営事務局となり、歴史あるプログラミング・コンテストを継承、更なる発展を目指している。

※そのほか、応募要領など詳細は公式サイトにて

■2017年開催スケジュール(予定)

<4月6日(木)>
応募要領発表/2017年版公式Webサイト開設
<7月3日(月)~8月24日(木)
応募受付期間(※小学生部門は8月17日(木)まで)
<8月~9月>
事前審査、一次審査
<10月1日(日)>
最終審査会・特別講演・各賞発表
※一般聴講可能、ニコニコ生放送配信予定
<10月2日(月)>
経済産業大臣賞・商務情報政策局長賞表彰式
(情報化月間記念式典:予定)

■「小学生部門」と「U-22」の違いについて

【小学生部門】
・プログラミングを学び始めた12歳以下の児童対象
・アイデアや制作動機等を中心に作品を評価
・審査は提出された応募用紙と動画で行う
【U-22】
・22歳以下であれば応募可能
・プロダクト・テクノロジー・アイデアを評価
・審査は提出された応募用紙、プログラム、動画で行う

新着のニュース一覧