>   >  「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」第1弾プログラム情報などを発表
「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」第1弾プログラム情報などを発表

「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」第1弾プログラム情報などを発表

2018年11月2日(金)~11月5日(月)、新千歳空港(北海道)内で開催される「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」の第1弾プログラム情報などが発表された。

■招待プログラム第1弾発表、アニメーションスタジオ「コミックス・ウェーブ・フィルム」にフィーチャーしたプログラムや「テレビと実験」をテーマにした特集企画の開催が決定

映画祭のメインイベントの一つである、招待プログラムの第1弾情報が公開となった。同年映画祭では、『君の名は。』、『秒速5センチメートル』のコミックス・ウェーブ・フィルムと中国のアニメ業界をリードするHaolinersとのコラボレーション作品である最新作『詩季織々』(2018年8月4日より、ディノスシネマズ札幌劇場ほか公開)の上映と、総監督であるリ・ハオリン監督を招いてトークイベントを実施。また、コミックス・ウェーブ・フィルムからも関係者を招き、珠玉の作品を送り出すスタジオの制作活動について紹介する。そのほか、特集企画「TVと実験」と題し、1964年から18年間にわたり毎週放送されたクリヨウジ監督による11PM『ミニミニアニメーション』から、近年のTVアニメーションの中でも特に異彩を放つ『ポプテピピック』までを大特集。さらに『ウゴウゴルーガ』総合演出の福原伸治氏と『ポプテピピック』プロデューサー須藤孝太郎氏によるスペシャル座談会を開催。テレビアニメの多様性に迫る。プログラム詳細や追加情報などは、映画祭公式サイトで随時発表する。

■人気作家・久野遥子氏が担当する本年度メインビジュアルを公開、公式トレーラーは映像作家・橋本 麦氏が担当、近日公開予定

映画祭の5周年を彩るメインビジュアルを公開。本年のメインビジュアルは、アニメーター・漫画家・イラストレーターとしてマルチに活躍する久野遥子氏が担当。北の大地から発信された秘密の電波を受信した世界中の生き物たちが世界中のアニメーションを持って空港に集まっている。同ビジュアルは今後、映画祭公式サイトをはじめ広報物などで展開される。また、同映画祭期間上映前トレーラーをはじめとして新千歳空港内デジタルサイネージで放映する、公式トレーラー映像の制作は北海道出身の映像作家・橋本 麦氏が担当することが決定した。同トレーラーのショートバージョンは近日公開予定だ。

■国際審査員・ミュージックアニメーションコンペティション審査員を一部発表

映画祭メインイベントであるコンペティション部門を審査する国際審査員、ミュージックアニメーションコンペティションを審査する特別審査員の一部が発表された。国際審査員として、ファントーシュ映画祭ディレクター アネット・シンドラー氏(スイス)、アニメーション作家 エマ・ドゥ・スワーフ氏(ベルギー)、アニメーションブランドHaoliners代表 リ・ハオリン氏(中国)、アーティスト 谷口暁彦氏(日本)、アニメーション作家 冠木佐和子氏(日本)の就任が決定した。追加の国際審査員や、各審査担当部門については追って発表となる。また、ミュージックアニメーションコンペティションについて公開審査を行う特別審査員として、『ポプテピピック』を世に送り出したキングレコードプロデューサー 須藤孝太郎氏、本年映画祭メインビジュアルを担当するアニメーション作家・漫画家・久野遥子氏、同じく公式トレーラー担当の映像作家・橋本 麦氏に決定した。

■こども審査員・編集局ボランティア募集開始

映画祭会期中にコンペティションファミリープログラムのノミネート作品からキッズ賞を決定する「こども審査員」の募集を開始した。北海道内に住んでいる小学校4~6年生が対象で、応募締め切りは2018年9月14日(金)までとなっている。また、映画祭会期中に開催するトークプログラムを取材するボランティアスタッフも募集中。応募条件などの詳細は映画祭公式サイトから。

新着のニュース一覧