>   >  「SIGGRAPH ASIA アウトドアセッション@工学院 ~FOUNDRY WINTER TOUR 2018~」開催(FOUNDRY、日本工学院専門学校)
「SIGGRAPH ASIA アウトドアセッション@工学院 ~FOUNDRY WINTER TOUR 2018~」開催(FOUNDRY、日本工学院専門学校)

「SIGGRAPH ASIA アウトドアセッション@工学院 ~FOUNDRY WINTER TOUR 2018~」開催(FOUNDRY、日本工学院専門学校)

米国ロスアンゼルスのFramestore、そして日本を代表するCGプロダクションであるポリゴン・ピクチュアズからゲストスピーカーを迎え、SIGGRAPH Asia開催期間中の12月6日(木)に日本工学院専門学校において「Global Roadshow, SIGGRAPH ASIA アウトドアセッション@工学院」と題して「FOUNDRY Winter Tour 2018」が開催される。
詳細はこちら

■開催概要

セミナー名称:Global Roadshow, SIGGRAPH Asia アウトドアセッション@工学院 ~FOUNDRY Winter Tour 2018~
開催日:2018年12月6日(木)
時間:16:00~19:30(開場 15:30)
会場:日本工学院専門学校(蒲田)片柳記念ホール
東京都大田区西蒲田5-23-22
※SIGGRAPH Asiaの東京国際フォーラム会場とは異なる
参加費:無料 ※事前登録制 定員になり次第締切
参加対象:映像、映画制作やコンポジティングに興味のある人
プログラム概要:
第一部  FOUNDRY製品のご紹介(FOUNDRY社)
第二部 CM制作のスケジュールで映画クオリティーを実現!それを支えるNUKE、MARI、及びFramestoreのマルチサイト・パイプラインとは(Framestore社)
第三部 『GODZILLA 星を喰う者』CGメイキング(ポリゴン・ピクチュアズ社)

■登壇者とセッション内容

FOUNDRY クリエイティブ・スペシャリスト/山口貴弘氏
「映画、映像制作の現場では、制作工数が増加する一方で、要求されるクオリティは高く、さらに短納期のプロジェクトが増えてきている現状があります。益々重要となるパイプラインの効率化に貢献するMODO、MARI、KATANAをご紹介いたします」。
FOUNDRY クリエイティブ・スペシャリスト/藤田雅子氏
「世界中の映画、映像制作の現場で活躍するコンポジティング・ソフトウェアNUKEおよび、コラボレーション・タイムラインツールのHIEROのパワフルな主要機能をご紹介いたします。卓越した柔軟性とコラボレーティブなワークフローにより、短期間で高品質なクオリティを実現することができます」。
Framestore社 リード・パイプライン・テクニカルディレクター/David H.E. Lin氏
「日本のCG業界に8年以上従事し、パイプラインTDとして『パックワールド』、『KINGSGLAIVE: FINAL FANTASY XV』などに参加。2016年にアメリカに帰国し、Framestoreのロサンゼルススタジオに入社。同社のグローバル パイプラインの開発に専念する。Framestoreに在籍中『マイティソー・バトルロイアル』、『プーと大人になった僕』、『Destiny 2:新たな伝説が始まる』などの作品を手掛ける。仕事の傍らACM SIGGRAPHのボランティアとして日英翻訳を行うなど、海外からCG業界を支援する活動を続ける。このセッションでは、Framestoreが同社のマルチサイト・パイプライン内でNUKEファミリーのツール群とMARIを駆使し、撮影から仕上げまでの限られたスケジュールの中、クリオ広告賞に輝くゲームトレーラーを制作した舞台裏をご覧いただけます」。
ポリゴン・ピクチュアズ社 制作担当 執行役員/多家正樹氏
「フリーランスのCGアーティストを経て、2002年ポリゴン・ピクチュアズ入社。主な参加作品として、ゲームトレーラー映像『ストリートファイターIV』、『MARVEL VS CAPCOM』、『ストリートファイターX鉄拳』、劇場作品『ホッタラケの島』、『男たちの大和』、『BLAME!』など。『GODZILLA 星を喰う者』ではCGスーパーバイザーを担当。2018年4月より制作担当執行役員として、制作全体を統括。『GODZILLA 星を喰う者』でのPPIのlook developmentを中心に、セルルック案件特有の色彩設計、色指定とNUKEの連携の活用方法をありのままお伝えします」。

新着のニュース一覧