>   >  第24回学生CGコンテスト受賞作品イベント「CGC Meeting」を2月16日・17日に日本科学未来館で開催(CG-ARTS)
第24回学生CGコンテスト受賞作品イベント「CGC Meeting」を2月16日・17日に日本科学未来館で開催(CG-ARTS)

第24回学生CGコンテスト受賞作品イベント「CGC Meeting」を2月16日・17日に日本科学未来館で開催(CG-ARTS)

CG-ARTSは、「第24回学生CGコンテスト(Campus Genius Contest)」の受賞作品と受賞者を紹介するイベント「CGC Meeting」を、2019年2月16日(土)・17日(日)の2日間、東京・お台場の日本科学未来館にて開催する。
詳細はこちら

■開催概要

同コンテストでは、新しいメディアやテクノロジーを用いた作品を幅広く募集し、24回目となる今回は439作品の応募があった。評価員によるノミネート選考会によってアート部門41作品、エンターテインメント部門43作品を選出し、さらにそこから審査員による最終審査会で、両部門合わせて21の受賞作品が決定した。受賞作品イベントでは作者によるプレゼンテーションや審査員・評価員とのディスカッションをはじめ、受賞作品を中心とした展示や体験コーナー、上映を行い、さまざまな新しい表現の交流が生まれる場を創出する。

開催日程:2019年2月16日(土)、17(日)10:00~17:00
開催場所:日本科学未来館 7F(東京・お台場)
所在地:東京都江東区青海2-3-6
入場料:無料
主催:CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)
特別協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
協力:有限会社神風動画、京楽ピクチャーズ.株式会社、KLab株式会社、太陽企画株式会社、日本科学未来館、一般社団法人 Media Ambition Tokyo、株式会社ワコム

■2月16日(土)トークイベントを開催
受賞作品を振り返りながら、審査していて感じたことなどについて、各部門の審査員と評価員が語り合うトークイベント。そして"質疑応答タイム"では審査員、評価員に質問ができる。
13:00~14:30 アート部門 トークイベント
出演者(予定)
審査員:
寺井弘典 クリエイティブディレクター/P.I.C.S./多摩美術大学特任教授/主査
久納鏡子 アーティスト
陣内利博 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 教授
評価員:
大山 慶 プロデューサー/株式会社カーフ 代表取締役
萩原俊矢 ウェブ・デザイナー
藤木 淳 アーティスト・表現研究
やんツー 美術家
14:50~16:20 エンターテインメント部門 トークイベント
出演者(予定)
審査員:
塩田周三 代表取締役/株式会社ポリゴン・ピクチュアズ/主査
荒牧伸志 監督/SOLA DIGITAL ARTS CCO
市村龍太郎 プロデューサー/株式会社スクウェア・エニックス
評価員:
井口晃慶 クリエイティブ部 グループマネージャー/KLab
齋藤和丈 シニアデザイナー/デジタル・フロンティア
須貝真也 CGIディレクター/サブリメイション
トークイベント申し込み:cgcmeeting.peatix.com

■2月16日(土)、17日(日)展示・上映
展示:
受賞作品を中心に体験できる作品をはじめ、アニメーションの原画や作品に登場するオブジェなどを展示。『マイリトルゴート』、『卒制彼氏三部作(恋のABC編、マンネリ編、わたしは彼を素材以上に男として愛せていたのか編)』、『ONCE AGAIN』、『パウンドケーキと 佐藤先生』、『ふわふわの死』、『あかばしは落ちた』、『Curating Frame』、『Finger book』、『TRUSTLESS LIFE』、『Archi-Tekton』、『宇宙人、ひとり。』、『Chromatophony』、『ここに来るひと』、『watage』、『明るい部屋での写真』。
上映:
受賞作品をゆっくり鑑賞できる上映コーナー。『マイリトルゴート』、『卒制彼氏三部作(恋のABC編、マンネリ編、わたしは彼を素材以上に男として愛せていたのか編)』、『ONCE AGAIN』、『ふわふわの死』、『パウンドケーキと佐藤先生』、『あかばしは落ちた』、『空洞-私の肉、recyculation』、『目を開けて息を吸って』、『アンクレットと蒼い海』、『ジョウロの交信』、『がんばれ!よんぺーくん』、『かえりみち』。
ゲームコーナー:
実際に触って遊べるゲームコーナー。作品の中に入りこんで楽しめるVRゲームも。『Glow World』、『リーダーオブプラネット』、『Virtual tRace』、『化神』、『Wander in Wonder』。

新着のニュース一覧