>   >  レイトレーシングを活用したグラフィックス技術を競うコンテスト「Imagination Originals」開催(イマジネーション・テクノロジーズ)
レイトレーシングを活用したグラフィックス技術を競うコンテスト「Imagination Originals」開催(イマジネーション・テクノロジーズ)

レイトレーシングを活用したグラフィックス技術を競うコンテスト「Imagination Originals」開催(イマジネーション・テクノロジーズ)

イマジネーション・テクノロジーズ(以下、イマジネーション)は、モバイルプラットフォーム上でレイトレーシングを効果的に活用した3Dアート・コンテスト「Imagination Originals」を開催している。応募作品はグラフィックス・ゲーム業界を代表するゲストにより審査され、1等賞には1,000英ポンドが贈呈される。コンテストは、ゲームデベロッパからCGアーティスト、学生など、誰でも応募できる。応募締め切りは英国時間1月21日(木)で、応募の詳細・参加登録は専用サイトにて。

■「Imagination Originals」について

「Making Mobile Ray Tracing Real」(モバイル機器をレイトレーシングでリアルに)が開催テーマの同コンテストは、レイトレーシング技術によって、洗練されたグラフィックスをいかにつくり上げるか、に焦点があてられており、エンジニアが開発技術のみを競うものではなく、デベロッパやデザイナーがその作品の芸術性を競う点が特徴。応募者は、モバイル機器のバッテリパワーの範囲内で厳密に作業しながら、Unreal Engine 4で指定されたレイトレーシング設定を使用して、レイトレーシングを活用する作品制作という課題に取り組む。

すべての応募作品は、芸術的な観点を重視して審査される。照明の当たり具合やモデルのクオリティー、テクスチャの忠実度などが最終的な点数に反映される。また作品の美しさは、機能性に裏付けられていることが重要であり、第二段階の審査では、スムーズに動作し、最適化されたゲームアートを得るために示された技術的な効率性とスキルに焦点が当てられる。

■開催の背景

イマジネーションが、モバイルプラットフォーム上でのレイトレーシングを可能にするIP開発で業界をリードしてきたことは周知の事実。モバイルゲーム開発は、2019年の年間収益が682億ドルを超えるビッグビジネスだ。グラフィックス的にも、このスペースでの開発は爆発的に伸びており、ハードウェアの能力とゲームグラフィックスは、今ではコンソールに匹敵するものになっている。しかし、コンソールの新しい波が到来した今、競争力を維持するためには、モバイルも次の大きなものを取り入れなければならない。モバイルハードウェア上でのレイトレーシングが現実のものになりつつある中、イマジネーションは、モバイルゲームとレイトレーシングの統合によって、どのようなものが生まれるのかを世界に示したいと考えた。

モバイルプラットフォーム上でレイトレーシングを動作させることは、ハードウェアエンジニアの課題。レベル2とレベル3のレイトレーシングソリューションについての現在の考え方は、大きくてパワーのあるコンソールとデスクトップ機では機能するが、モバイルでは、より洗練されたアプローチが必要だ。コヒーレンシーギャザリングを備えたレベル4のソリューションは、バウンディングボリューム階層のような合理化された改善の中で、モバイル機器でのレイトレーシングにとってより現実的。一方、モバイル上でレイトレーシングを効率的に実行することと、見た目を良くすること=洗練されたグラフィックスは全く別の課題であり、この解決はエンジニアではなく世界中の才能あるアーティストに委ねられている。これを念頭において、イマジネーションは、ゲーム業界のアーティストに、コンテストへの参加を呼び掛けている。

新着のニュース一覧