>   >  『夜に駆ける』を題材にしたARMVを公募、xR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER #MUSIC」映像部門の募集開始(Psychlc VR Lab)
『夜に駆ける』を題材にしたARMVを公募、xR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER #MUSIC」映像部門の募集開始(Psychlc VR Lab)

『夜に駆ける』を題材にしたARMVを公募、xR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER #MUSIC」映像部門の募集開始(Psychlc VR Lab)

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab株式会社パルコ株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、現在展開中のジャンル特化型xR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER #MUSIC」の映像部門の公募を開始した。公募開始に伴い、ARミュージックビデオ制作のインスピレーションとなるFilm Director YP氏の撮り下ろしARMVも公開した。

■概要

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにxR表現し合うコミュニティ活動。「NEWVIEW CYPHER #Music(ミュージック)」は、AR×MUSICの新しい可能性を「小説を音楽にするユニット」YOASOBIと共に探求していく活動を行なっている。これまでミュージックビデオは楽曲の世界観をよりユーザーに伝えるため、公式からオンリーワンの作品が公開されるのが一般的だった。このコミュニティ活動では、音楽の新たな表現や体験の可能性として、UGC(ユーザー生成コンテンツ)型の新たなARミュージックコンテンツ文化をつくり出すことを目指している。

2020年9月12日から2020年10月31日をAR作品部門の作品公募期間として、『夜に駆ける』の楽曲、MV、原作から想起されるユーザー自身の原体験、原風景を取り込んだAR作品を募集した。その結果、多彩なアーティストが制作したAR作品がエントリー。最終的にはアーティスト Maku氏の『GEM -YOASOBI-』がBest #MUSIC AR作品に選出された。映像部門では、AR作品部門で集まったARコンテンツをベースに撮影・編集した映像作品を募集する。オリジナリティ溢れる作品にはYOASOBI公式アカウントからコメントを貰える可能性もあり。

■応募要項

応募方法・資格
NEWVIEW CYPHER #MUSIC 映像部門の応募方法は下記の通り。
・Twitterに制作した動画を指定のハッシュタグ3つをつけて投稿
・一人何作品でも応募可
・動画撮影用のARコンテンツは、NEWVIEW CYPHER #MUSIC AR作品部門でエントリーされたARコンテンツを利用していること
https://gallery.styly.cc/search?q=%23CYPHER_Music_YOASOBI
・動画にSTYLYロゴが入っていること
・撮影した動画の編集は可
・複数のARコンテンツで撮影し1つの動画に編集は可
ハッシュタグ
#YOASOBI #NEWVIEWCYPHER #STYLY
応募期間
2021年2月22日(月)17:00(日本時間)~2021年3月29日(月)24:00(日本時間)
結果発表
2021年3月31日(水)

新着のニュース一覧