>   >  スタートバーンとワコム、アートブロックチェーンネットワークを活用したデジタルアート作品の権利保護と流通基盤構築へ向け協力
スタートバーンとワコム、アートブロックチェーンネットワークを活用したデジタルアート作品の権利保護と流通基盤構築へ向け協力

スタートバーンとワコム、アートブロックチェーンネットワークを活用したデジタルアート作品の権利保護と流通基盤構築へ向け協力

スタートバーン株式会社と、株式会社ワコムは、スタートバーンが推進するアートの評価・流通のためのインフラ「Art Blockchain Network(以下ABN)」とワコムの「デジタル署名認証技術」を連携したデジタルアート作品(コンテンツ)の権利保護および流通基盤構築へ向けて協力することに合意した。
詳細はこちら

■提携の背景

現在、世界中でアートの表現手法は多様化しており、タブレットやスマートフォン等のデジタルデバイスで創作活動をする人は年々増加している。しかしデジタル形式で制作された作品はデータの複製が容易なため、真正性と唯一性を担保した状態でアート市場に二次流通させることが難しく、これまでペンタブレットが普及する一方で、作品の流通市場の形成は進んでいなかった。アートの評価・流通のためのインフラ「ABN」の開発を推進するスタートバーンと、世界150の国と地域でペンタブレットを始めとするクリエイティブソリューション事業を展開し、世界トップシェアを誇るワコムは、この問題に共同で取り組み、デジタルアート作品の権利保護および流通基盤構築を通じて、デジタルクリエイターを支援し、日本国内はもとよりグローバルに展開することで、デジタルアートのさらなる興隆に貢献することを目指す。 ※ABNのWebサイトはこちら

■ABNとデジタル署名認証の組合せでデジタルアートの可能性を拡大

ワコムのデジタル署名認証技術を、ブロックチェーンの証明書で作品の流通・著作権管理が可能なABNと連携させることで、ペンタブレットなどで創作活動をするクリエイターが自分の作品の権利を明らかにし、二次流通市場で発生した還元金を収益源とすることが可能になる。また、こうしたアート作品が流通することで、その作品を扱うコレクターやギャラリー、オークションハウスなどが真正性と唯一性を担保したデジタル作品を現在流通するアートと同様に市場で取引することが可能となる。

詳しくはこちら

新着のニュース一覧