>   >  オンラインで、ハイクオリティなライブ配信を行う「VirtualPerformers」運営開始(アミネワークス)
オンラインで、ハイクオリティなライブ配信を行う「VirtualPerformers」運営開始(アミネワークス)

オンラインで、ハイクオリティなライブ配信を行う「VirtualPerformers」運営開始(アミネワークス)

ORENDA GROUPでCGコンテンツを企画・制作する株式会社アミネワークスは、2020年12月25日(金)に、株式会社ORENDAとの共同開発によって、同社が保有する先端的なモーションキャプチャ技術とゲームエンジンによるリアルタイムレンダリングを活用し、オンラインで、ハイクオリティなライブ配信を行う「VirtualPerformers」の運営を開始した。
詳細はこちら

■「VirtualPerformers」について

「VirtualPerformers」とは
シンガーとダンサー、2人のリアルなアーティストが、1人のバーチャルパフォーマーとして融合、それぞれの強みが化学反応を起こし、未知なるパフォーマンスを繰り広げる。バーチャルでのみ生み出される、新しいアーティスト活動を提供していく。

成長から完成にいたる過程を配信
オンラインライブに向けて2人のアーティストが組んだユニットが、バーチャルキャラクターならではの表現を確立するために、お互いを知り、ミッションをクリアしていく。2人の成長の過程、そして1人のバーチャルパフォーマーの完成を、YouTube、TikTokの動画とライブで配信。

実写とCGアニメキャラの実在的調和
ORENDA GROUPが保有するモーションキャプチャスタジオでは最先端機器を装備、アミネワークスが研究開発した収録システムにより、身体・指・表情のキャプチャ収録を同時に行う。リアルなアーティストのダイナミックで繊細なパフォーマンスをCGアニメキャラクターに落とし込むことに成功している。さらに、スタジオ内に備えた収録・配信システムによって、バーチャルパフォーマーズによるライブ配信、集客イベントが可能だ。

現実には不可能な環境とカメラワーク
リアルなアーティストとリアルタイムCGの融合が、いまだかつてない感動を与える効果を生み出す。ライブ会場は、ゲームエンジンで制作した高精細CGによるもので、実写との合成も含めた、あらゆる環境表現が可能となる。仮想空間に配置したバーチャルカメラを自由自在に駆使して、リアルな会場では不可能な、まったく新しい映像体験を届ける。

新着のニュース一覧