>   >  あらゆるジャンルをフリースタイルにXR化するジャンル特化のXR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER」公開(Psychic VR Lab)
あらゆるジャンルをフリースタイルにXR化するジャンル特化のXR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER」公開(Psychic VR Lab)

あらゆるジャンルをフリースタイルにXR化するジャンル特化のXR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER」公開(Psychic VR Lab)

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、総勢11人のアーティストと実験的アプローチでXR作品をつくった「NEWVIEW CYPHER(ニュービュー・サイファー)」シーズン 1を9月7日、YouTubeにて公開した。
詳細はこちら

■合言葉は「Break The Border」表現の限界・境界を壊そう

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにXR表現し合うコミュニティ活動。「Break the Border」を合言葉に、平面、立体、XRといった表現形式の境界、表現手法の壁を超えて、新たなカルチャーの創造に挑む。アイデアの発想から作品制作、作品披露までを1ヶ月の短いサイクル=1シーズンで実施。2021年は3シーズンの開催を予定しており、7月に開催されたシーズン1では、ミュージック・ファッション・グラフィックの3つのジャンルからEguoら総勢11名の次世代アーティストが参加した。

■普段のアーティスト活動で制作したアートワークを活用し、いかに簡単にXR作品に昇華できるか

作品制作には、VR/AR制作・配信のプラットフォーム「STYLY」を使用。専門的な知識と技術が必要と思われがちなXR表現において、いかに、自分たちの表現を簡単に、即興的にXR作品として変換できるかを試しながら、各々の持ち味を生かした多種多様なXR実験作品が誕生した。

■シーズンで選出された9名のNo.1プレイヤーが集う最終決戦「オープンサイファー」も開催予定

シーズン中では、作品の制作を通じた表現行為を互いにプレゼンテーション。独自性の高いスタイルを評価・称賛し合う交流と研鑽を通じて、それぞれのNo.1を選出。今回のシーズン1では、ミュージックからはEguo、グラフィックからはTOMORO KINOSHITA、ファッションからは中村理彩子の3名がNo.1に選ばれた。年内3シーズンの活動を通じて、シーズンごとに3名、総勢9名のNo.1が選ばれ、No.1プレイヤーが集い、互いの作品をプレゼンテーションするイベント「オープンサイファー」へと進出する。2021年11月には新たなアーティストを迎えたシーズン2の配信を予定している。

NEWVIEW CYPHER 2021 -Music-

NEWVIEW CYPHER 2021 -Fashion-

NEWVIEW CYPHER 2021 -Graphic-

新着のニュース一覧