>   >  3Dドキュメンタリー映画『大津波3.11未来への記憶』公開決定(ソニー"Livespire")
3Dドキュメンタリー映画『大津波3.11未来への記憶』公開決定(ソニー

3Dドキュメンタリー映画『大津波3.11未来への記憶』公開決定(ソニー"Livespire")

3Dドキュメンタリー映画『大津波3.11未来への記憶』が、2015年3月21日(土)より公開される。

■ 概要

震災直後から3年あまりにわたって、東北沿岸各地のうつろいが3Dカメラで記録された。がれきと化した町は、一度は荒涼たる無人の荒野となり、そして今、土地のかさ上げ工事が急ピッチで進んでいる。消えたふるさとにかつての面影はなく、風景を思い出すことさえ難しくなっている。それぞれの土地には、いくつもの物語が残された。津波でみぢかな人を亡くしながらも、数秒、数センチという不思議な偶然で奇跡のように生き残され、あのできごとを伝える使命を感じている人々。3年たった今、ようやくカメラの前で語り始めた、次の世代に語り継ぐ「未来へのメッセージ」。未曾有の惨禍の中で、いのちと希望を見つめて生きている、津波と人の物語。
『大津波3.11 未来への記憶』(3D 上映|本編約80分)
震災直後から3年余りの間、被災地を3Dカメラで定点観測的に継続取材したドキュメンタリー映画。"生き残された"と感じている人々への取材を通して、海とともに生きる島国日本の「家族」、「夫婦」、「世代」、「生と死」、「破壊と再生」、「過去と未来」、「自然と人間」等を問いかける。リモコンヘリを活用し、変わりゆく被災地を空からも3D撮影。復興の記録と、人々の記憶とを、次の世代に伝えていく。(製作著作:NHK メディアテクノロジー)。
2015年3月21日公開
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次上映

■ スタッフ

監督・脚本:河邑厚德
語り:役所広司
朗読:山根基世
監修:今村文彦
総合プロデューサー・撮影監督:智片通博
音楽:川田俊介
ストリングス:金子飛鳥
ピアノ:Febian Reza Pane
ボーカル:Yucca
音楽監督:尾上政幸
デザイン:粟辻美早 喜田夏記 金箱淳一 木村宗平
撮影:伊藤孝雄 金古光雄 小林正樹
3D技術:斉藤晶 井上寛敦 古川弘之 後夷正章
空撮:大高悦裕 大江一志
取材 岡田亨 原田美奈子 村山至 仲野全
編集:荊尾明子
広報:毛塚高栄
製作:児野昭彦
取材協力 東北大学災害科学国際研究所


■ 関連 URL

・『大津波3.11未来への記憶』
http://www.nhk-mt.co.jp/ootsunami
・ソニー"Livespire"
http://www.livespire.jp

新着のニュース一覧