>   >  「光を操る世界のアーティスト 50名」に日本から唯一ノミネートされたMASARU OZAKI氏による、「LightTreeProject 3 "Tsubomi"」の映像作品公開、ヴァン クリーフ&アーペル銀座本店にて展示予定
「光を操る世界のアーティスト 50名」に日本から唯一ノミネートされたMASARU OZAKI氏による、「LightTreeProject 3

「光を操る世界のアーティスト 50名」に日本から唯一ノミネートされたMASARU OZAKI氏による、「LightTreeProject 3 "Tsubomi"」の映像作品公開、ヴァン クリーフ&アーペル銀座本店にて展示予定

ユナイテッドスマイルズは、アーティストMASARU OZAKI氏による、「LightTreeProject 3 "Tsubomi"」の映像作品をLightTreeProjectスペシャルサイトにて公開した。「光を操る世界のアーティスト 50名」に日本から唯一ノミネートされたMASARU OZAKI氏は、上海万博でも作品を手がけ、海外からも注目を集めるアーティストの一人だ。

■「LightTreeProject」について

今回が3作品目となる「LightTreeProject」は、2011年に「THINK GREEN」をテーマにスタートしており、「日常の風景が光で包まれていく様がとてもキレイ」、「プロジェクションマッピングというより光のアート作品」、「映像を見ていると自然と優しい気持ちになる」と反響を得てきた。4年ぶり、第3弾となる今回は"Tsubomi"をテーマに、公開された映像作品に加え、2017年3月1日より、プロジェクト初となる造形作品をヴァン クリーフ&アーペル銀座本店アートコラボレーションディスプレイとして展示予定となっている。

■ヴァン クリーフ&アーペル銀座本店アートコラボレーションディスプレイ「Tsubomi」展示予定概要

展示期間:2017年3月1日(水)~4月18日(火)予定
展示時間:20:30(ブティックの閉店時間は 20:00)~26:00(深夜2時)
展示場:ヴァン クリーフ&アーペル銀座本店 1F ウィンドウ
アクセス:東京メトロ銀座駅、銀座一丁目駅、JR 有楽町駅
住所:東京都中央区銀座 3-5-6

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。