>   >  Oculus Rift向けの新作VRゲームを2本配信決定 クマを導くパズルゲーム&オンライン対戦可能なテニスゲームが登場(コロプラ)
Oculus Rift向けの新作VRゲームを2本配信決定<br> クマを導くパズルゲーム&オンライン対戦可能なテニスゲームが登場(コロプラ)

Oculus Rift向けの新作VRゲームを2本配信決定
クマを導くパズルゲーム&オンライン対戦可能なテニスゲームが登場(コロプラ)

コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区)は、Oculus Rift(※)向け新作VRゲーム『Fly to KUMA』『VR Tennis Online』の配信を決定した。配信は2016年春を予定しているのこと。

『Fly to KUMA』は、たくさんのクマたちをゴールまで導くパズルゲーム。クマたちは一定の法則に従いつつ前進。そのため、プレイヤーはクマたちが進むルート上にうまくブロックを配置することで、段差を登らせたり、障害物から守ったり、周囲をよく観察して正解のルートを考え、ゴールまでのルートを確保してあげなくてはならない。ステージは100種類以上あり、ステージが進むにつれて難易度も増していく。

『VR Tennis Online』は、白熱のテニスを楽しめるスポーツアクションゲーム。コントローラのボタンでショットを打ち分けられ、シンプルな操作で奥深い駆け引きを楽しめる。また、ゲームを進めることで必殺ショットを習得できる。空中を舞いながらコートに落下してくるショットや、消える魔球などさまざまなショットがあり、ボールの軌道を目で追って見極める必要がある。マンガの世界で見られるような必殺ショットをVRならではの臨場感で体験できる。また、必殺ショットは同時に最大2つセットできるため、どのショットを組み合わせるかがカギとなる。腕を磨き、世界中のユーザーと、白熱のオンライン対戦をするのも楽しみの一つだろう。

コロプラでは"Entertainment in Real Life"をミッションとして掲げ、人々の生活のほぼ全てである「日常」をより楽しく、より素晴らしくするエンターテインメントの提供を目指している。

※米国のOculus VRが開発した、バーチャルリアリティー体験ができるヘッドマウントディスプレイ。

■『Fly to KUMA』



ルート上にブロックをうまく配置して、クマたちをゴールまで導くパズルゲーム。ステージは100種類以上。周囲を見渡して、ゴールまでの道のりを考え出そう

■『VR Tennis Online』



白熱のテニスを楽しめるスポーツアクションゲーム。ゲームを進めることで必殺ショットを習得することができる。必殺ショットは同時に最大2つセットできるため、どのショットを組み合わせるかがカギとなる。世界中のユーザーと白熱のオンライン対戦を楽しんでみては

■株式会社コロプラ 会社概要

社名:株式会社コロプラ colopl.co.jp
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立:2008年10月1日
資本金:63億4,856万円
代表者:代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供、VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供、位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチ等、その他サービスの提供

新着のニュース一覧