>   >  堤 大介監督作品『ONI』の脚本を『あの花』などの脚本家・岡田麿里が担当、トンコハウスオリジナル作品新ビジュアルも初公開
堤 大介監督作品『ONI』の脚本を『あの花』などの脚本家・岡田麿里が担当、トンコハウスオリジナル作品新ビジュアルも初公開

堤 大介監督作品『ONI』の脚本を『あの花』などの脚本家・岡田麿里が担当、トンコハウスオリジナル作品新ビジュアルも初公開

短編『ダム・キーパー』で2015年アカデミー賞にノミネートされたアメリカ・カリフォルニアと日本・金沢に拠点をおくアニメーションスタジオ「トンコハウス」は、岡田麿里氏を新作『ONI』の脚本家に抜擢した。『ONI』は堤 大介氏が日本の民話の世界観をモチーフにしたオリジナル作品。
詳細はこちら

■『ONI』について

堤 大介氏のコメント
・ルックについて

「このユニークなストーリーに相応しいビジュアルを探るため、手書きやコマ撮り、CGなど色々な手法を試し追求した結果このルックに辿り着きました。日本の伝統的な民芸にあるようなつくり手の温もりが伝わる手づくり感にこだわり、トンコハウスにとって重要な色と光の演出にこだわっています」。
・岡田麿里との取り組みについて
「まずは英語の作品を日本語の脚本でスタートするという前例のない座組みをサポートしてくれたネットフリックスに感謝します。岡田麿里さんは言語に関わらず以前から大好きな脚本家でした。すでに沢山素晴らしい作品を書いてきた人ですが、何より、キャラクターの闇と光を隠さず書ける人であるところが、僕にとって大切なクオリティでした。実際一緒にやってみて旧友のように意気投合し色んな意見をぶつけ合いながら素敵な脚本を書いていただきました」。

あらすじ
日本神話に登場する変わり者の神さまや妖怪たちの世界で、自由奔放に生きるおてんば娘、おなり。伝説で語り継がれる偉大な英雄に憧れ、次なる英雄になるため毎日稽古に励むが、自分の父、なりどんはヘンテコな神様で何も教えてくれない。古来から山の神々が恐れる「ONI」の脅威が迫り来る中、おなりは平和な山を守ることができるか?

新着のニュース一覧