>   >  VR映像技術のクロスコとUXデザインのアップアローズ、360°映像技術とUX技術で実現するVR活用ソリューション「VR×UX SUITE(ブイアール・ユーエックス・スイート)」の提供を開始
VR映像技術のクロスコとUXデザインのアップアローズ、360°映像技術とUX技術で実現するVR活用ソリューション「VR×UX SUITE(ブイアール・ユーエックス・スイート)」の提供を開始

VR映像技術のクロスコとUXデザインのアップアローズ、360°映像技術とUX技術で実現するVR活用ソリューション「VR×UX SUITE(ブイアール・ユーエックス・スイート)」の提供を開始

映像・動画によるビジネスソリューションを提供するクロスコと、UX/UIデザインによるソリューションを提供するアップアローズは、360°映像技術とUX技術で実現するVR活用ソリューション「VR×UX SUITE(ブイアール・ユーエックス・スイート)」の提供を開始した。
詳細はこちら

■「VR×UX SUITE」ソリューションについて

VRコンテンツにおいて重要なのが、その直観的体験を生み出すVR動画技術と擬似的体験を伝えるインタラクション技術。「VR×UX SUITE」は映像コンテンツ技術のクロスコとユーザーインタフェイス技術のアップアローズがそれぞれの得意分野を組み合わせて提供するソリューションで、VR活用に必要な技術と提供環境をユーザーの目的に合わせて提案、コーディネイトから制作・開発まで一貫して提供することが可能だ。

■VRプレゼンテーションパッケージ(基本パッケージ)

VR映像をユーザーのアクションによりコントロールして体験することのできるプレゼンテーション用のパッケージで、Oculus RiftなどのHMDとKinectやLeap Motionなどのセンサーデバイスを用いて体験する。360°映像空間を自由に動かして体験、VR空間中のViewPointに触れるアクションから関連した動画を開いて視聴することで、より詳しい情報を提供することのできる仕組み。設備、製品、物件など実際の空間や動作などを主観的に体験し、空間・立体的構造と動作を伝えることのできるプレゼンテーションを実現する。

■応用分野

・作業シミュレーション
作業現場の空間的な確認に加えて、操作方法などの詳細を視覚化した事前準備が可能。
・バーチャル見学
普段は立ち入れない工場等の施設、建築工事中の現場などを紹介・レポーティングすることが可能。

■パッケージ仕様

基本パッケージ(提供価格180万円~)
・動画:360°VR動画×3+作業説明動画×9
各360°VR動画に1分程度の作業手順動画が3本
・操作:KinectもしくはLeap Motion利用のジェスチャーによる操作
※Unityプログラム
空間の視点の操作と選択
・視聴環境:Oculus Riftと接続可能なPCを用意
クライアントの環境に合わせて構築

VR360°映像オプション
・VR360°動画撮影基本プラン(3カット撮影・編集 50万円)
※VR動画の撮影のみを行うことも可能
(VR映像3カット撮影と編集作業:250°レンズ×カメラ2台システム)
撮影技術/機材コーディネイト/スティッチング/カラーグレーディング/編集
・ドローン撮影オプション(1日10フライト撮影まで 40万円)
VR360°撮影カメラを搭載したドローンによる撮影

■UXデザインオプション

・視点共有オプション(10万円)
360°の映像のどこを見ているのかを他ユーザーにも表示ができて、切り替えることができる
※同時に接続する台数分Oculus Rift・PCが別途必要となる
・CGモデルデータ合成オプション(100万円~)
360°映像にCGモデルデータを合成、シミュレーションや作業手順を視覚化し、3Dモデル内でのインタラクションの操作を行えるようにする
※作業内容によって金額が変動する。詳しくは問い合わせを

新着のニュース一覧