>   >  アドバンスド・データ・コントロールズ、映像制作やCG技術を追求するwiseと異業種連携「バーテックス株式会社」を設立
アドバンスド・データ・コントロールズ、映像制作やCG技術を追求するwiseと異業種連携「バーテックス株式会社」を設立

アドバンスド・データ・コントロールズ、映像制作やCG技術を追求するwiseと異業種連携「バーテックス株式会社」を設立

アドバンスド・データ・コントロールズ(以下ADaC)は、映画・ゲーム・VRといった表現領域を超えた幅広いエンターテイメント映像制作やCG技術を追求するwiseと連携し「バーテックス株式会社」(以下、VERTechs)を設立した。
詳細はこちら

■概要

近年、自動車の制御システム開発において、アプリケーションソフトウェアを開発する環境とそのアプリケーションを組込んだ制御システムの実行環境の違いと隔たりが開発効率化の問題点となっている。同時に先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転のためのAIをディープラーニングなどを用いて開発するのに、その教師画像データの網羅性や再現性に問題が顕在化し、開発されたAIの検証についても同様な問題が指摘されてきている。

このような問題を解決するため、VERTechsはカメラ実写映像にきわめて近いCG映像を、モデリングとPBR(物理レンダリング)、およびリアルタイムレンダリング技術(Unreal Engine 4、以下UE4)を用いて生成し、高精度地図データと組合わせることで、高精度なADAS・AI学習用バーチャル環境を提供する。

VERTechsが提供するバーチャル環境は、現実との違いを最小限にとどめ、かつ時間軸、天候状況の変化、そして太陽の位置など任意に環境を再現することにより、ディープラーニングのための教師データとして、その網羅性は高く、かつディープラーニングで構築したAIを検証するのにも利用できる。また、開発環境の不便さについて、VERTechsは車両モデル(CarSimなど)との同期シミュレーションを提供することにより、開発の見える化をコンピュータグラフィックとUE4によるバーチャル環境上に連動してその挙動を確認することができる。

これにより、より高度な安全・安心を支援する先進運転支援システム(ADAS)を実現し、その先にある自動運転に向けた安心・安全を担保する環境を提供することを可能にする。

アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役 会長である河原 隆氏のコメント
「長年の夢であった日本の優れた技術をもつ異業種・異文化の企業が連携することで可能となったVERTechsのソリューションは、自動車産業の皆様をはじめ、多くの可能性を秘めていると期待しています」。

Wise 代表取締役 兼 VERTechs 代表取締役 社長である尾小山良哉氏のコメント
「河原会長に声をかけていただいたことがきっかけとなり、今、新たな業界での一歩を踏み出そうとしています。これまでに無い全く新しい試みから生まれる化学反応にぜひご期待ください」。

■「バーテックス株式会社」について

VERTechsは、高い安全性と信頼性が求められる自動車や産業機器向けに最適なソフトウェア開発環境を追及・提供することに豊富な経験を持ち、自動車業界との太いパイプを持つアドバンスド・データ・コントロールズと、映画・CMで多用するコンピュータグラフィックス、およびゲームエンジンを用いたリアルタイムレンダリング技術で数多くの先鋭的な実績と卓越した技術力でリアルなバーチャル映像を創造し続けるwiseの出会いにより設立された会社。

VERTechsに関する詳しい情報はこちら

新着のニュース一覧