>   >  プログラマーやデザイナーなどのリモートワーカーを検索できるサービス「ReWork」をリリース(イリテク)
プログラマーやデザイナーなどのリモートワーカーを検索できるサービス「ReWork」をリリース(イリテク)

プログラマーやデザイナーなどのリモートワーカーを検索できるサービス「ReWork」をリリース(イリテク)

イリテクは、リモートワーカー検索サービス「ReWork」を開始した。
詳細はこちら

■「ReWork」について

「ReWork」はスキルを持ったリモートワーカーを探せるサービス
フリーランスや週末だけ働ける人、主婦など、スキルを持ったリモートワーカーと仕事を頼みたい依頼者を結びつけることを目的としたサービス。

高スキルな人材を中小企業で確保するのは難しい
高スキルな人材を中小企業で確保するのは以下の2点で難しい現状がある。
1)高スキルな社員にするのは高いコストがかかる
専門スキルをもった人材を雇用するのは高い採用コスト・人件コストが必要(例えば優れたプログラマーを雇おうとすれば年収は5~600万円必要)
2)高スキルな人材が集まらない
採用情報をだしても、なかなか応募がこないという声もよく聞く。正直なところ、高いスキルをもった人材は大手にいくか独立を選ぶ人が多い。このようなことから、必要とされているにも関わらず、中小企業にスキルの高い人材が集まらない原因となっている。

リモートワーカーなら高スキルな人材がすぐに見つかる
社員ではなくリモートワーカーと契約すれば、必要な時に必要な分だけ力を借りられるためコストを抑えることができる。その理由は拘束時間にある。社員のように朝から夕方まで毎日勤務するのではなく、たとえば月に40時間だけ働いてもらうというような契約を結べばコストも抑えられる。

高スキルな人材は低スキルな人材の何倍もの生産性をもっている。だからこそ、少ない時間でも費用にみあった結果をだすことが可能だ。

「ReWork」は無料で使用できる
「ReWork」の利用料は完全無料。手数料もとっていない。「ReWork」には「働き方をみなおす」という意味もこめられている。まだスタートして間もないサービスだが、今後、利用者のフィードバックをもらいながら機能をパワーアップさせていくという。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。