>   >  Autodesk、Microsoft Azureのクラウド レンダリングに対応開始
Autodesk、Microsoft Azureのクラウド レンダリングに対応開始

Autodesk、Microsoft Azureのクラウド レンダリングに対応開始

Autodeskは、Microsoft Azure Batch Rendering Platform上で、拡張性の高いクラウドベースの最新レンダリングサービスのプレビュー提供を開始した。今後、Maya3ds Max、そしてArnoldからAzure Batchに直接データを送り、オンデマンドでレンダリング機能を利用できるようになる。利用には従量課金と、拡張機能のカスタマイズによる価格が設定される予定。

■概要

レンダリングは複雑で、プロセスの変化も考慮しなければいけない。例えばITインフラやパイプライン、データ管理、チーム規模、タイムライン、予算などの要素を検討する必要がある。Azure Batch Rendering Platformの提供開始により、信頼性が高いクラウドレンダリングを、必要な容量だけ従量課金で利用できるようになり、コストを効率的に管理できるようになる一方で、複雑なITインフラとライセンス管理は不要になる。さらにAzureのSDKも利用できるので、カスタムパイプラインの中でもレンダリングのワークフローを自動化することができる。オープンソースで提供されているプラグインを利用すれば、Maya、3ds Maxと直接連携させることができる。

Microsoft Azure担当ディレクター Corey Sanders氏のコメント
「Maya、Max、ArnoldがMicrosoft Azure Batchと機能連携することで、クリエイティブ作業に集中でき、コンピューターの設定や運用、インフラ管理の負担から開放されます。そしてすべてのユーザーがボタン一つで広大なレンダリング機能を利用できるようになります」。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。