>   >  VR×AIソリューションを開発するジョリーグッド、総額4億円の資金調達を実施。ディップ、エースタートから
VR×AIソリューションを開発するジョリーグッド、総額4億円の資金調達を実施。ディップ、エースタートから

VR×AIソリューションを開発するジョリーグッド、総額4億円の資金調達を実施。ディップ、エースタートから

テレビ局・制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro(グル・ブイアール・メディアプロ)」や360度VRコンテンツ解析とユーザー行動解析を行う人工知能「VRCHEL(ヴァーチェル)」などを開発運営する株式会社ジョリーグッドは、事業の強化を目的として、ディップ株式会社、株式会社エースタートを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額約4億円の資金調達を行なった。
詳細はこちら

■ジョリーグッドについて

ジョリーグッドは、テレビや広告業界で開発をリードしてきたプロデューサーと、VR/AR、人工知能開発のテクニカルエキスパートらが一丸となり、有用な先端テクノロジーをギークやマニアだけでなく「地域や企業が活用できる先端テクノロジープラットフォーム」として研究開発しているテクノロジーカンパニー。市場の急成長が予測されているVRとAIを掛け合わせた独自のソリューション力と活用アイデアで、様々な業界から引き合いを受けている。

■GuruVR Media Pro ~プロフェッショナルが選ぶVRソリューション~

GuruVR Media Proは、短期間で高品質なVR事業を始めることができる、テレビ局や制作会社向けのVRソリューション。同サービスは2016年6月から提供を開始し、北海道放送の「HBC VR」、東海テレビの「VR TOKAI」、テレビ西日本の「VR九州」、鹿児島テレビの「KTS VR」、毎日放送の「絶景散歩VR」、MTS&プランニングの「アクアマリンふくしまVR」、プロダクションナップの「VR長崎360°」、新潟放送の「VR NIIGATA」など、全国各地のVRサービスを地元マスメディア企業と共同で多数展開し、テレビ・プロダクション業界におけるVRソリューションとしてトップのシェアを誇っている。

■VRCHEL ~VR解析対応のAIエンジン~

VRCHELは、ジョリーグッドが独自開発した、VRコンテンツの属性解析とユーザー視聴行動のパターン解析を行う人工知能エンジン。実際の空間をVRコンテンツ化し、その空間の属性要素とVRアプリでのユーザー行動パターンを解析・照合することにより、VR空間の中で"リアルにも応用可能な行動パターン"を検出する。

■テレビ×VR×AI

VRCHELは、今月11月から東海テレビとジョリーグッドが展開している、"VRアプリ連動テレビ番組「絶景×絶景」の放送とVR配信"でその活用が始まっており、同事業は経済産業省の「先進コンテンツ技術による地域活性化促進事業」にも採択されている。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000020924.html

■フィットネス×観光VR×AI

VRCHELは、同じく11月にジョリーグッドが発表したフィットネス×観光VRソリューション「Guru Chari VR」(グルチャリ・ブイアール)でも、コンテンツの属性要素とユーザー視聴行動パターンに加え、エアロバイクの運動データを照合して"トレーニングに最適な空間を検出すること"に活用されている。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000020924.html

新着のニュース一覧