>   >  国内600店舗のインターネットカフェへ、2018年3月13日よりVR視聴アプリ「パノミル」導入開始(ピクセラ)
国内600店舗のインターネットカフェへ、2018年3月13日よりVR視聴アプリ「パノミル」導入開始(ピクセラ)

国内600店舗のインターネットカフェへ、2018年3月13日よりVR視聴アプリ「パノミル」導入開始(ピクセラ)

デジタル機器を通じて新しい生活を提案していく株式会社ピクセラは、VRライブ配信プラットフォーム戦略の実現に向けて、デジタルコンテンツの総合事業を展開する、株式会社テクノブラッドとの企業コラボを行い、2018年3月13日(火)より国内600店舗のインターネットカフェに設置されたVRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」へVR視聴アプリ「パノミル」を導入。誰でも「パノミル」向けパノラマ映像コンテンツだけでなく、ライブストリーミング配信コンテンツを利用できるようになった。
詳細はこちら

■VRライブ配信プラットフォーム戦略について

同社では、現在公開中のVR視聴アプリ「パノミル」を含めたVRライブ配信ソリューションをプラットフォーム化するにあたり、体験可能なユーザーを増やすため、数多くのデバイスに対する視聴環境の提供が重要であると考えられている。これまでに「パノミル」では対応機種拡大を行い、iOS、Android、GearVR、Daydream、oculus rift対応を実施してきた。今後は、自社PIXELA Smart Boxを含むAndroid TVや、VRユーザーを多数抱えているPSVRへの対応を計画している。今回の企業コラボによる展開では「ロケーションベースによるパノミル体験環境の提供」、「パノミルの認知度アップ」、「新規ユーザーの獲得」が目的とされており、体験可能なユーザーやロケーションを増やすことにより、パノミルを活用したVRライブ配信プラットフォームとして、VRライブ配信を検討している企業や団体へ、高品質なコンテンツを届けることを可能とするプラットフォームとして提案することが可能となる。今回は、導入される600店舗規模で配信のフィージビリティスタディを行い、今後のコンテンツおよびプラットフォーム利用に対する課金や配信規模拡大に備え、国内1,800店舗、韓国10,000店舗への導入を目指すという。

■VR視聴アプリ「パノミル」について

「パノミル」は、360度パノラマ動画を楽しめる新感覚のパノラマVRアプリ。スマホにアプリをインストールし、スマホ用のヘッドマウントゴーグルを装着するだけで、お手軽にパノラマ映像の世界を体験できる。360度全方向を取り囲む映像が、その世界に訪れたかのような臨場感を生み出す。
www.pixela.co.jp/products/arvr/panomiru/

■「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」とは

1.全国のインターネットカフェでVRができる
2.500以上のVRゲームや、360度動画を楽しむことができる
3.「VRゴーグル」を持っていなくても楽しむことができる
4.個室でじっくり好きなだけVRを満喫することができる
などが特徴のVR機器を所持していない人や、自宅ではVRを遊びにくい人、近所にVR体験施設がない人に特にオススメのサービス。

新着のニュース一覧