>   >  欧米で展開する映像編集会社「Nomad」がアジア圏初となる「Nomad TOKYO」開設
欧米で展開する映像編集会社「Nomad」がアジア圏初となる「Nomad TOKYO」開設

欧米で展開する映像編集会社「Nomad」がアジア圏初となる「Nomad TOKYO」開設

Nomad Editing Company, Inc.(以下、Nomad)は、アジア圏でのサービス向上、拡大を推進するため「Nomad Tokyo合同会社」(以下、Nomad TOKYO)を開設し、10月より営業を開始した。
詳細はこちら

■概要

Nomadの特徴、東京進出について
Nomadは、1996年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスでスタートした映像編集会社で、現在、サンタモニカ、ニューヨーク、ロンドン、そして新拠点である東京の4都市にオフィスがある。映像編集の経験豊富なエディターやVFXアーティストが在籍し、グローバルブランドのTV CMやWeb動画を多数手掛けている。Nomad TOKYOは、映像編集に特化した欧米で主流のスタイルで、クオリティの高いストーリーテリングスキルを生かした編集技術により、クライアントの要望を叶える映像を制作している。東京だけに限らず、4都市のオフィスが連携し、バイリンガルスタッフのもとでグローバルに対応する。外資系企業が続々と進出するアジア圏では、今後さらにグローバル映像編集のニーズが高まることが想定されるため、Nomad TOKYOはアジア拠点としての役割を担うことも視野に入れている。

Nomad President Glenn Martin氏コメント
「私たちと共に映像編集を行っているクリエイターたちの多くがロサンゼルス・東京間を行き来しており、東京への関心は何年も前からありました。この度、日本にこのような拠点を設立出来たことはとても喜ばしく、ここでの新たな仕事も楽しみです。東京オフィスは他の3拠点のエディターやVFXアーティストたちと連携し、グローバルチームとしても対応してまいります」。
Nomad TOKYO代表 藤澤佳範氏・緑川正人氏コメント
「わたしたちがつなぐのは、映像のフレームとフレームだけではありません。そこに「行間」までをも生み出し、編集の力で映像をクリエイティブジャンプさせていきます。可能にするのは、グローバルスタンダードな技術をもったVFXアーティストやエディター陣。それぞれのクリエイティビティを発揮し、新しい映像の地平を切りひらいていきます。さらに、サンタモニカ、ニューヨーク、ロンドンといった、グローバルな展開力と、強固な連携力で、世界中のNomadスタッフがチームメンバーとしてサポート。あらゆるプロジェクトをグローバルスケールへと拡張していきます。加えて、人と人をつなぐプロダクション機能もカバーします。世界中からプロフェッショナルを集結させ、これまでになかった新しいチームビルドも可能に。1フレーム1フレームのクオリティを追求する体制を整えます。つなぐ力で、映像を、映像カルチャーを、アップデートする。ひとりひとりがクリエイターとして、プライドと責任をもって貢献していきます。新しくスタートしたNomad TOKYOにご期待下さい」。

会社概要
Nomad TOKYO
社名:Nomad Tokyo合同会社(英文社名:Nomad Tokyo, LLC)
設立日:2018年4月18日
代表者:代表社員 Nomad Editing Company, Inc
代表社員 Nomad Editing Company, Ltd
代表社員 藤澤佳範
代表社員 緑川正人
所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦二丁目14番6号 COAST芝浦
TEL:03-6435-1073
資本金:500万円
URL:http://www.nomadedit.com/

新着のニュース一覧