>   >  クラウドサービスのねこじゃらしと映像処理技術のモルフォが共同開発、映像処理クラウドサービス「Setaria.cloud」提供開始
クラウドサービスのねこじゃらしと映像処理技術のモルフォが共同開発、映像処理クラウドサービス「Setaria.cloud」提供開始

クラウドサービスのねこじゃらしと映像処理技術のモルフォが共同開発、映像処理クラウドサービス「Setaria.cloud」提供開始

クリエイティブ制作向けのクラウドサービスを提供する株式会社ねこじゃらしと、画像/映像処理技術およびディープラーニング技術の研究開発主導型企業である株式会社モルフォは、クラウド上での高度な映像処理と管理を可能にした、映像処理クラウドサービス「Setaria.cloud(セタリア・クラウド)」を、事業者向けに提供開始した。
詳細はこちら

■「Setaria.cloud」とは

「Setaria.cloud」は、モルフォの独自アルゴリズムによる映像処理を、ねこじゃらしの技術によりクラウド上で使用可能にした共同開発サービス。クラウドが持つ強力なコンピュータリソースを駆使して、ユーザーの作業環境に依存しない高速な映像処理を実現する。作業担当者がこれまで費やしていた手間や拘束時間を大幅に削減できるため、作業の属人化を減らし業務負担の軽減にも繋げることができる。「Setaria.cloud」は、超解像/フレームレート変換/ノイズ除去など複数の映像処理技術を搭載。様々なフォーマットへの変換にも対応しており、大容量データを扱う放送/ポストプロダクション/OTT(Over The Top)、事業者を主な対象としている。

■「Setaria.cloud」の3つの特長

1.プレビュー機能
本番処理をする前に5秒間ほど簡易プレビューが可能。また、変換処理をしながらリアルタイムで映像の処理結果をプレビューすることも可能だ
・レンダリング前の処理プレビュー確認
・処理完了前の比較再生
・映像のサムネイル画像表示
・映像処理パラメータの保存機能
2.映像処理
<搭載機能一覧>
・アップスケーリング:超解像技術を用いたアップスケーリング
例) Full HD→4K、SD→4K、4K→4K(超解像のみ)
・フレームレート変換
様々なフレームレートに対応可能。高性能な動き検出、動き予測技術を用いて、スムーズな映像に仕上げる
例) 30p→60p、50i→59.94i、59.94i→24p、50i→23.97p など
・ノイズ除去
解像感を落とさないハイクオリティなノイズ除去技術。ディティールを保持したまま微小ノイズを除去することが可能 ・ワイドダイナミックレンジ補正
最適なトーンマッピングを行うワイドダイナミックレンジ補正技術。映像内の暗部を自然に明るく補正し、視認性を向上させる
・スタビライズ
歪みも補正する電子手ぶれ補正技術
・ハイパーラプス
映像のブレを補正するタイムラプス生成技術
・スローモーション
動体補間による滑らかなスロー映像を生成。最大1/100倍速まで対応可能
3.API&サービス連携
「Setaria.cloud」は、全ての機能をAPIとして公開している。このAPIを利用することにより、高度な映像処理を既存のシステムやサービスに組み込む事が可能だ。また、「Setaria.cloud」にはAmazon S3のストレージが予め含まれていることに加えて、既に利用されているAmazon S3とも連携可能。今後は、Google Cloud Platform/Alibaba Cloud/Microsoft Azure/IBM Cloudなどパブリッククラウドとの連携や、API ゲートウェイを通じたAPI接続、バッチ処理等の搭載を予定している

■契約プラン(税抜価格)

<Basic>
月額使用料:3万円
処理時間上限/月:60分
容量ストレージ:100GB
ダウンロード上限/月:100GB
メンバー上限数:10
<Pro>
月額使用料:9万円
処理時間上限/月:300分
容量ストレージ:500GB
ダウンロード上限/月:500GB
メンバー上限数:制限なし
<Business>
月額使用料:24万円
処理時間上限/月:1,200分
容量ストレージ:1TB
ダウンロード上限/月:1TB
メンバー上限数:制限なし
※一契約法人ごとのプランになる
※使用できる機能等は各プランによって異なる部分がある

そのほか、詳しい情報はこちら

新着のニュース一覧