>   >  VRM形式の3Dアバターに対応したWebミーティングサービス「TEATOR(テアトル)」ベータ版を提供開始(リクルートテクノロジーズ)
VRM形式の3Dアバターに対応したWebミーティングサービス「TEATOR(テアトル)」ベータ版を提供開始(リクルートテクノロジーズ)

VRM形式の3Dアバターに対応したWebミーティングサービス「TEATOR(テアトル)」ベータ版を提供開始(リクルートテクノロジーズ)

株式会社リクルートテクノロジーズのR&D組織である「アドバンスドテクノロジーラボ」(以下、ATL)は、2019年9月27日(金)より、VRM形式の3Dアバターファイルを用いた会話を、デバイスに依存せず様々なブラウザで実現できるWebミーティングサービス「TEATOR(テアトル)」ベータ版の提供を開始した。
詳細はこちら

■自作の3Dアバターをインポート可能、Web面談やリモート会議などビジネス利用にも

ATLは「世の中の先進技術から新しい価値を創出する」ことをミッションとしており、世の中にまだ広がっていない新しい技術をリサーチして検証し、2年、3年後の未来にスタンダードとなっているようなソリューションを開発する、リクルートテクノロジーズのR&D組織。昨今、無料のWebミーティングサービスやバーチャル配信アプリなどが多様化しているが、インターネット上に自身の顔やプライベートを晒したくないと考えている人は一定数存在している。また、エンターテイメント業界を中心にアバターを用いたコミュニケーションが活発になっているが、ゲームなど一部界隈での盛り上がりに留まっているのが現状だ。そうした背景から、プライベートではもちろん、ビジネスにおいても面談やリモート会議など、一般の人が気軽に使えるサービスをつくることをATLのエンジニアが発案。同社エンジニアも開発に参画して作成したVRM準拠のOSSである「three-vrm」をベースに、トラッキングや通信コンポーネントを追加して「TEATOR」を開発した。「TEATOR」は、URLを共有するだけで誰でも簡単に3DアバターでのWebミーティングが可能なサービス。様々なブラウザに対応、自作3Dアバターのインポートも可能だ。

■URLを共有して3DアバターでWebミーティング、フェイストラッキングにも対応

TEATOR概要
・Mac、Windows、Android、iOSなどマルチプラットフォームに対応。発行されたURLを共有後すぐに使用可能
・自身の3Dアバターをインポートでき、なめらかなフェイストラッキングにも対応
・アバターを持っていない人でも通常のリアルタイム映像等でミーティングに参加可能
・資料などの共有も可能。リモートでの会議や採用面接など、ビジネス活用も視野に

サービス名:TEATOR(テアトル)
URL:https://teator.jp/
提供開始日:2019年9月27日(金)
サービス内容:VRM形式の3Dアバターファイルに対応したWebミーティングサービス
利用方法:
①Googleアカウントでログイン
②自身のVRMデータをインポート
③発行されたURLを対話相手に提供
④URLにアクセスし対話開始

新着のニュース一覧